ピクシブ百科事典

いそがし

いそがし

いそがしとは、妖怪の一種である。
目次[非表示]

概要

妖怪の一種。

元々は江戸時代に描かれた画集『百鬼夜行絵巻』に収録された絵で、「いそがし」とだけ書かれたもの。

後、妖怪漫画家水木しげるは、これを「憑き物」として紹介、「そわそわしている人」はこの妖怪が取り憑いているからであるとして、1990年代に発表した「水木しげるの憑物百怪」で当時の日本人を「この妖怪が取り憑いている」と批判した。後述の6期鬼太郎では、それまではずれた位置に存在していた鼻の位置な変わった。
  • 水木の半生をドラマ化した『ゲゲゲの女房』では、この妖怪が水木プロで暴れる様が描かれた。


ゲゲゲの鬼太郎におけるいそがし

CV:山口勝平(5期)、利根健太朗(6期)

初登場は5期鬼太郎
師走の忙しい時期に人間の世界に現れ、忙しい人間から発せられる赤いオーラを吸って喜んでいた。長蛇の列に並んでたりのんびりしていたりとあまり忙しくしてない人間を見ると我慢できないらしく、そんな人間の頭に赤い輪を嵌めて顔面が崩壊するほど暴走させて倒れるまで働かせた。
一度は鬼太郎もその術中に嵌まったが、鬼太郎がマイペースだった上に取り憑かれた人間の仕事をすべて終わらせてしまったため効果がなくなり、結果鬼太郎に捕らえられる。

6期鬼太郎では、仕事に打ち込むあまり人が変わった父を案じた、IT会社社長郷原の娘から依頼を受けたねずみ男から、事件への関与を疑われる。しかし本人曰く、取り憑く隙もないほどに人間たちは働きづめで、「もう自分たちなど必要ないのかもしれない」とたそがれていた。ここ10年、ボロアパートで焼き魚を焼いて暇な生活を送っていたらしい。寿命が長い妖怪とはいえ、人を忙しくさせる事が生き甲斐の妖怪なのだから、10年取り憑く間が無いだけで相当な退屈を感じるようだ。(怠け者に取り憑けよ…は禁句である。もしかしたら働き者にしか取り憑けないとか、働き者に取り憑く事が生き甲斐などの理由があるのかもしれない。)
エピソードのクライマックスでは、河童に尻子玉を抜かれた鬼太郎に取り憑いてやる気を起こさせ(この時、鬼太郎は早送りされたような挙動をしている)、河童軍団を瞬く間に全滅させ、リーダーである太郎丸を追い詰めた。事件が解決した後は、「久しぶりに暴れて楽しかったのによ」と文句言いつつも鬼太郎から離れて大人しく帰るなど、前作と比べずいぶん善良な妖怪として描かれた。
ちなみに、このいそがしは5期で登場したいそがしに比べて口調が年寄り臭く、昔語りをする点からも、古くから人間に取り憑いては忙しくさせていた個体と推測される。
余談だがいそがしに取り憑かれた6期鬼太郎は顔面崩壊こそしなかったが、河童に尻子玉を抜かれたり、次郎丸に尻子玉を戻された際、凄まじいリアクションや顔芸を披露した


関連タグ

妖怪 妖怪のせいなのね:正にこれを体現した妖怪。

pixivに投稿された作品 pixivで「いそがし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11699

コメント