ピクシブ百科事典

幻想水滸伝4

げんそうすいこでんふぉー

幻想水滸伝シリーズの第4作目。
目次[非表示]

幻想水滸伝シリーズの第4作目。時系列的には、シリーズで一番古い時代である。
コナミより2004年8月19日に発売されたプレイステーション2用RPG。
キャッチコピーは「108人の待つ海へ。それは、冒険か。出会いか」。

真の紋章の一つ「罰の紋章」を手に入れてしまった主人公の周りに個性豊かな107人の仲間たちが集結し、群島諸国のためにクールーク皇国に立ち向かっていく。

2005年9月に幻想水滸伝4の外伝作「ラプソディア」が発売された。4の世界観を補完した内容になっており、4の数年前から始まり、後半は4が終わったあとの話になっている。なお、4のデータを引き継ぐことで4主人公スノウが仲間になる。
2011年1月に『パチスロ「幻想水滸伝」』として本作が採用され、稼動した。CGは新規に作り直されており、本作のポリゴンモデルとは印象がかなり異なっている。

物語

舞台は太陽暦307年、群島諸国。

主人公は、孤児でありながら地方領主の小間使いとして雇われていた少年。
彼がガイエン公国の東端に浮かぶ「ラズリル」島の「ガイエン海上騎士団」にて、海の治安を守る騎士になるべく奮闘するところからストーリーは始まる。
兄のような存在のスノウやほかの仲間たちと、さまざまな訓練を通じて交流していく。
しかし、非情な海賊ブランドが彼らの前に立ちはだかる。「罰の紋章」を左手に携えて…。

関連イラスト

ご用件は簡潔に
108人の待つ海へ。


108星
砂の城



関連タグ

幻水4 幻想水滸伝IV:表記ゆれ

登場人物

主人公 (CV:大原崇または戸川絵美) 
ある事件をきっかけに宿主の命を削る呪いを持つ「罰の紋章」を宿しまう。
小説版では「ラズロ」と名付けられている。また、発売前に公式サイトで掲載された4コマ漫画では、シリーズ4作目であることと、当時人気のあったペ・ヨンジュンのニックネームとかけて「ヨン様」と呼ばれていた。そのためファンからの愛称は「4様」と呼ばれることが多い。

スノウ・フィンガーフート (CV:谷山紀章)ラズリル領主の息子で主人公の幼馴染。
キカ (CV:木内レイコ)群島諸国南方の海を取り仕切る女海賊頭領。
リノ (CV:志村知幸)オベル王国国王。
エレノア (CV:鳳芳野)シルバーバーグ家の出身の軍師。

テッド(幻想水滸伝) (CV:赤石広樹)
ジーン(CV: 甲斐田裕子)
ビッキー (CV:大倉彩)
108星
レックナート(CV:宮武政子)
他多数

シリーズ作品

外部リンク

公式サイト
幻想水滸伝IV - Wikipedia
ゲームカタログ@Wiki 幻想水滸伝IV
アニヲタWiki(仮) - 幻想水滸伝4

pixivに投稿された作品 pixivで「幻想水滸伝4」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 236464

コメント