ピクシブ百科事典

27の真の紋章

にじゅうななのしんのもんしょう

幻想水滸伝に登場する紋章のうち、創世の物語に登場するもの。それぞれ世界に1つしか無く他の紋章とは比べ物にならない強大な力を秘め意思を有している。
目次[非表示]

創世の物語

最初に『やみ』があった。
『やみ』は長い、長い時のはざまに生きていた。
『やみ』はあまりに長い間さびしさの中で、苦しんだため、ついに『なみだ』をおとした。
『なみだ』から二人の兄弟が生まれた 『剣』と『たて』である
『剣』は、全てを切りさくことができると言い 『たて』は、いかなるものにも傷つけられないと答えた。
そして二人は戦うこととなった 戦いは7日7晩続いた。
『剣』は『たて』をきりさき、『たて』は『剣』をくだいた。
『剣』のかけらがふりそそぎ、空となった。
『たて』のかけらがふりそそぎ、大地となった。
戦いの火花が星となった。
そして、『剣』と『たて』をかざっていた27の宝石が 『27の真の紋章』となり、世界が動きはじめたのである。

概要

ゲーム『幻想水滸伝』に登場する紋章、その中でも“ふるいほん”に書かれた創世の物語に記されている紋章。
幻想水滸伝の物語の根底を為す存在で、これらの紋章は『剣』と『たて』の力を受け継ぎ、世界にあふれる様々な力の源となったとされる。また他に『剣』と『たて』の終わりなき闘争も受け継いでいると言われる。
継承者には強大な力と不老が与えられるが同時に紋章の呪いもその身に受ける。
通常の紋章と異なりそれぞれが意思を持っており、また過去の継承者時には未来の記憶を有しているとされる。
27個あるとされる真の紋章のうち、現在は以下の18個が判明している。

幻想水滸伝にて初登場した紋章

ソウルイーター(生と死を司る紋章

切り絵:ソウルイーター


継承者:テッド坊っちゃん(Ⅰ主人公)
名前のとおり「生」と「死」を司る紋章。宿主と親しい者の魂を喰らい、宿主の思惑とは関係なく戦乱を引き起こす呪いを持つ。

門の紋章

継承者
表:ウィンディ
裏:レックナート
異世界との門を開く紋章。表と裏の二相を持ち、それぞれ表が異世界からの召還を、裏が異世界からの送還を担当するとされる。
門の紋章の一族が代々守っていたが、ハルモニア神聖国の侵攻により一族が虐殺されたとき、生き残ったウィンディとレックナートがそれぞれ表と裏の門の紋章を継承した。
表の紋章はウィンディと共に行方知れずになっている。

竜の紋章

継承者:ヨシュア・レーベンハイトミリア
異世界の生物である竜を司る紋章。この世界の竜はこの紋章の力で生きることができている。
竜と共に生きる竜洞騎士団の団長が宿し守り続けている。

夜の紋章

継承者:無し
下記の太陽の紋章と一対をなす存在として生まれた。
しかし、太陽の紋章の輝きを疎ましく思い、剣(星辰剣)となってその絆を断ち切って去ってしまった。吸血鬼を倒す事が出来る唯一の手段ともされる。

覇王の紋章

継承者:無し
赤月帝国が所有していた紋章。竜王剣として所持。
初代皇帝クラナッハ・ルーグナーが、ハルモニア神聖国から独立して建国する際に手に入れたとされる。
いかなる魔力をも受け付けない力を持ち、それは他の真の紋章であっても例外ではない。
バルバロッサ・ルーグナーとともに行方知れずとなっている。

幻想水滸伝Ⅱにて初登場した紋章

始まりの紋章

切り絵:始まりの紋章


継承者:Ⅱ主人公(特定のENDのみ)
創世の物語で生まれた「剣」と「たて」の兄弟に由来する。
混沌と秩序の争いを裁く力を得ることができると言われている。
この紋章は下記の『輝く盾の紋章』と『黒き刃の紋章』の二相に分かれていて、
分かれている状態では不老の効果を得ることは出来ず、その力を振るうほど命が削られていくとされる。
この紋章は親友同士でないと宿せず、宿した者達は戦い合う宿命を負う。

輝く盾の紋章

継承者:ゲンカクⅡ主人公
2つに分かれた始まりの紋章のうち混沌に属する盾の力を持つ紋章。
主に癒しの魔法を覚える。

黒き刃の紋章

継承者:ハーンジョウイ
2つに分かれた始まりの紋章のうち秩序に属する剣の力を持つ紋章。
攻撃技を覚える。

月の紋章

切り絵:月の紋章


継承者:シエラ→ネクロード→シエラ
夜に属する種族(吸血鬼)に慈しみを与えるとされる紋章。
紋章の宿主の血を分け与えることで眷族として生きる事になり、不死になる。
代わりに月の紋章の加護が無いと生きられなくなり、人の血を吸うことで生きることになる。

獣の紋章

継承者:なし
ハルモニア神聖国からハイランド国に送られブライト王家が所有する紋章。
人に継承されずに、土地に封じられていた。
生き物に宿る荒々しい感情を司るとされる。
紋章を目覚めさせる為には血を必要とし、目覚めさせるのに使った種の血を求める魔獣が紋章の力として現れると言われる。

幻想水滸伝Ⅲにて初登場した紋章

真なる火の紋章

切り絵:真なる火の紋章


継承者:炎の英雄 → ヒューゴクリスゲド(漫画版ではヒューゴ
グラスランドをハルモニアから救った炎の英雄が宿していた紋章。
火の紋章の最上位。
ゲームではプレイヤーの選択により継承者が変わる。

真なる水の紋章

継承者:ワイアット(ジンバ) → クリスヒューゴ(漫画版ではクリス
水の紋章の最上位。
ゲームでは基本クリスが、クリスが炎の英雄を継承していた場合にはヒューゴが継承する。

真なる雷の紋章

継承者:ゲド( → ヒューゴ)
雷の紋章の最上位。
ゲームではゲドが宿し続けているが、ゲドを炎の英雄に選んだ場合のみヒューゴに移る。

真なる土の紋章

継承者:ササライ
土の紋章の最上位。
ハルモニアの神官将ササライが継承している。

真なる風の紋章

切り絵:真なる風の紋章


継承者:ルック → 行方不明
風の紋章の最上位。
ルックが継承していたが死亡したためその後の行方はわからない。

幻想水滸伝Ⅲで登場した上記の5つの紋章を合わせて“真なる五行の紋章”とも呼ぶ。
世界を構成する純粋な力そのものを司っており、五行は互いに相克し相生じ、世界のバランスをとっているとされる。
だが純粋な力ゆえ自らの力を発揮し他の力を制しようとし継承者の意思とは別にその力を使わせようとさせる。

幻想水滸伝Ⅳにて初登場した紋章

罰の紋章

罰の紋章


継承者: オベル王国王妃 → ラクジーの父(リキエの夫) → グレアム → グレアムの息子 → スティール → ブランド → グレン → Ⅳ主人公
「償い」と「許し」を司る紋章。
所有者の命を喰らい力にし、所有者の命が尽きると「無作為」に周りの者に憑くという性質を持っており、
その性質から継承者を選び不老の力を与える他の真の紋章と比べ継承者が多い。
「償い」の時は使う度に命を削られるが「許し」を受けると命が削られる事が無くなる。

幻想水滸伝Ⅴにて初登場した紋章

太陽の紋章

女王と、紋章


継承者:初代ファレナ女王 → ファレナ王家 → アルシュタート → ファレナ王家
ファレナ王家が所有している紋章。
夜の紋章と対になる紋章だが夜の紋章によりその絆を断ち切られた。
断ち切られた絆から黎明の紋章と黄昏の紋章が生まれ夜の紋章のかわりをしているとされる。

登場してないが設定のみ存在している紋章

円の紋章

継承者:ヒクサク
ハルモニアの支配者ヒクサクが宿しているとされる紋章。
秩序と停滞をもたらすと言われる。

変化の紋章

継承者:シンダル族
シンダル族が宿しているとされる紋章。
この紋章の呪いによりシンダル族は定住できなくなったとされる。

八房の紋章

継承者:ユーバー
ユーバーが宿しているとされること以外何もわかっていない。

関連タグ

幻想水滸伝 紋章(幻想水滸伝)

pixivに投稿された作品 pixivで「27の真の紋章」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4283

コメント