ピクシブ百科事典

対応機種はニンテンドーDS。2010年7月29日発売。

販売元であったデータイーストの倒産、その後版権の問題など紆余曲折を経ているため、正式なナンバリングタイトルとしては1993年に発売された『メタルマックス2』以来、実に17年ぶりとなる。

概要

シリーズの名物マッドサイエンティストDr.ミンチ」の研究室で主人公の死体が蘇らされるところから話が始まる。
蘇った主人公は一切の記憶を失っており、自らの記憶を求めさ迷い歩く。

記憶喪失の主人公はレベル1でありながら凄まじい能力を持ち、発売前の宣伝にはゲーム史上最強のレベル1という煽り文句がつけられていた。
(実際のところは単に頑丈なだけなのに、大げさにも程がある)

システム的には同じくニンテンドーDSで発売された『メタルサーガ ~鋼の季節~』の影響が大きく見られる。

大多数のゲーム好きからは「あの隠れた名作の正式続編がついに!」と歓迎された一方で、前作の移植作を知るユーザーからは「本当に大丈夫なのか?」心配された作品だが、現代向けに仕様変更したおかげか中々の売上を叩き出した。

しかしヘビーユーザー揃いのシリーズファンからは
 ・強制的なおつかいイベントが多すぎて、自由度が妙に低い。
 ・エンカウント調整が甘いうえに、一部のザコ敵が異常に強すぎる。
 ・主人公の習得スキルが微妙なせいで、パーティ構成が制限される。(特にハンターは敬遠されがち)
 ・拠点にできる町が少なくて不便。
 ・中盤以降のマップは妙に密度が薄くて、アクセスも極端に不便すぎ。
 ・終盤ダンジョンは構造がやたら難解で、移動すら難儀する事も。(しかもハマり箇所まである)
 ・戦車改造は不可逆かつ、アタリハズレの差が酷い。またデチューン(軽量化)は一切できない。
 ・軽車両系および重量級武器の異様な冷遇。
 ・今回の乗船は生身限定なせいで、どうしても不便が伴う。
 ・せっかくの通信機能だが、制限がキツすぎて使えない。(基本的に市販品のみ)
 ・仕様上ドロップマラソンが苦行すぎる。
 ・強引すぎるご都合展開がやたら連発してウンザリする。
 ・ラスボスの自己主張がウザすぎる。
 ・自分本位すぎて見殺したくなるヒロイン。
などのような苦情が相次いだため、これが次回作で活かされ結実することとなった。
(実際のところ、周回プレイ前提の仕様なのに上述の問題点があるため、1周目クリアには60時間ほどかかるようになっている。通信機能使用で2周目以降のRTAでも4時間を切れるか怪しいところ)

光るところはあるものの全体的に荒削りで、バグ・不具合の類も多数確認されている。
これからプレイするのであれば、前もって攻略wikiなどで確認しておこう。

関連タグ

メタルマックス メタルサーガ 戦車 バイク

主人公 ドラムカン
ハンター メカニック ソルジャー ナース レスラー アーチスト ポチ

コーラ Dr.ミンチ
パンチラキック
ジャガンナート

関連記事

親記事

メタルマックス めたるまっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メタルマックス3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1229232

コメント