ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 1991年にメガドライブにて、メサイヤ(日本コンピュータシステム)から発売されたSLGラングリッサーⅠ
  2. 1.の続編などの総称「ラングリッサーシリーズ」
  3. 1.の作品中に登場する聖剣聖剣ラングリッサー

この記事では2.のシリーズ全体について説明する。


概要

主にプレイヤー側は光輝(ひかり)の軍勢と成り、聖剣ラングリッサーを手にし、侵略国や闇の軍勢と戦う。『デア・ラングリッサー』以降は闇の軍勢や自立勢力で戦うことも可能になっている。


キャラクターデザインは主にうるし原智志が担当。登場する多くのキャラクターが美男美女ばかりで、それぞれのキャラクターの人気も高い。因みに女性陣は総じて露出度が高い格好が多い。しかも自分の同人イラスト集で脱が(ry。

その絵柄からギャルゲーと勘違いされるが、話は割とシリアスで、普通に人が次々に死んでいくどころか、話によっては主人公がヒロインやかつての仲間達をほぼ皆殺しにするなど、かなりハードな部分もある。


1999年の『ミレニアム』を最後に長らく新作が発売されていなかった(実は2012年にブラウザゲームが存在したのだが、半年も経たずにサービス終了となり、公式からも存在を抹消されている)が、2015年に15年ぶりとなる新作『ラングリッサー リインカーネーション -転生-』(以下『RE』)が発売(その出来はあまりにも酷いものだったが)。

さらに、2018年8月2日に『Ⅰ』~『Ⅴ』と『RE』のキャラが夢の共演を果たすソーシャルゲームが中国向けに配信され、日本でも2019年4月2日に『ラングリッサー モバイル』のタイトルでサービスを開始した。

2019年4月18日にはシステムを大きく刷新したリニューアル作品の『ラングリッサーⅠ&Ⅱ』が、KADOKAWA傘下のキャラアニから発売された。


シリーズタイトル

公式サイトに記載されているタイトルのみを記述。


時系列は「Ⅲ→Ⅰ→Ⅱ→Ⅳ→Ⅴ→モバイル」で、『Ⅳ』と『Ⅴ』は連続した物語、『モバイル』は『Ⅴ』の150年後が舞台となっている。

『RE』に関しては『モバイル』内での光の巫女のセリフから、少なくとも『Ⅱ』より後であることは確定している。


※:2018年8月2日中国で先行配信。


関連タグ

メサイヤ SRPG うるし原智志


超兄貴 うみにん…主に隠し面に登場する。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9241334

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました