ピクシブ百科事典

ラングリッサー

らんぐりっさー

メサイヤから発売されたSRPG、およびそのシリーズ。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 1991年にMD(メガドライブ)にて、メサイヤ(日本コンピュータシステム)から発売されたSLGラングリッサーⅠ
  2. 1の続編などの総称「ラングリッサーシリーズ」
  3. 1の作品中に登場する聖剣聖剣ラングリッサー


この記事では2のシリーズ全体について説明する。

概要

主にプレイヤー側は光輝(ひかり)の軍勢と成り、聖剣ラングリッサーを手にし、侵略国や闇の軍勢と戦う。『デア・ラングリッサー』以降は闇の軍勢や自立勢力で戦うことも可能になっている。

キャラクターデザインは主にうるし原智志が担当。登場する多くのキャラクターが美男美女ばかりで、それぞれのキャラクターの人気も高い。因みに女性陣は総じて露出度が高い格好が多い。しかも自分の同人イラスト集で脱が(ry
その絵柄からギャルゲーと勘違いされるが、話は割とシリアスで、普通に人が次々に死んでいくどころか、話によっては主人公がヒロインやかつての仲間達をほぼ皆殺しにするなど、かなりハードな部分もある。

1999年の『ミレニアム』を最後に長らく新作が発売されていなかった(実は2012年にブラウザゲームが存在したのだが、半年も経たずにサービス終了となり、公式からも存在を抹消されている)が、2015年に15年ぶりとなる新作『リインカーネーション -転生-』(以下『RE』)が発売(その出来はあまりにも酷いものだったが)。
さらに、2018年8月2日に『Ⅰ』~『Ⅴ』と『RE』のキャラが夢の共演を果たすソーシャルゲームが中国向けに配信され、日本でも2019年4月2日に『ラングリッサー モバイル』のタイトルでサービスを開始した。
2019年4月18日にはシステムを大きく刷新したリニューアル作品の『ラングリッサーⅠ&Ⅱ』が、KADOKAWA傘下のキャラアニから発売された。

シリーズタイトル

公式サイトに記載されているタイトルのみを記述。

『Ⅰ』~『Ⅴ』は連続した物語で、時系列は「Ⅲ→Ⅰ→Ⅱ→Ⅳ→Ⅴ」となっている。
『モバイル』は『Ⅴ』の150年後を舞台としている。一方で『RE』に関してはハッキリとした時系列は示されておらず、パラレルワールドの可能性もある。

作品名機種発売日
ラングリッサーMD1991年4月26日
ラングリッサー~光輝の末裔~PCE1993年8月6日
ラングリッサーⅡMD1994年8月26日
デアラングリッサーSFC1995年6月30日
デアラングリッサーFXPC-FX1996年4月26日
ラングリッサーⅢSS1996年10月18日
ラングリッサーⅣSS1997年8月1日
ラングリッサーⅤ ~The End of Legend~SS1998年6月18日
ラングリッサー ミレニアムDC1999年11月3日
ラングリッサー ミレニアム WS ~The Last Century~WS2000年3月9日
ラングリッサー リインカーネーション -転生-3DS2015年7月23日
ラングリッサー モバイルiOS/Android2019年4月2日
ラングリッサーⅠ&ⅡPS4/Switch2019年4月18日
※:2018年8月2日中国で先行配信。

関連タグ

メサイヤ SRPG うるし原智志

超兄貴 うみにん…主に隠し面に登場する。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラングリッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4790701

コメント