ピクシブ百科事典

闇の皇子ボーゼル

やみのおうじぼーぜる

闇の皇子ボーゼルは、『ラングリッサー・シリーズ』に登場する、魔族の王的存在。
目次[非表示]

概要

CV:(Ⅰ~Ⅳ)塩沢兼人/(リメイク版Ⅰ&Ⅱ)井上和彦/(モバイル森川智之/(Ⅲ)伊藤栄次

魔族を総べる魔王的な存在で、混沌の王カオスを復活させる為に人間同士の戦争を裏で操ったりして暗躍している。目的の為なら手段も選ばず、人の弱みを付け込んで利用したりして、光輝の末裔(特にアルテミュラージークハルト)の子孫を苦しめる。
一方、自らの役に立つと見なせば忌み嫌う人間(光輝の末裔)であろうと配下に加え、功績に応じた地位を与えるだけの度量も持ち合わせている。

ちなみに「ボーゼル」とは、魔剣「アルハザード」に認められた者の称号を意味し、個人の名前ではない。

ボーゼルの歴史

ボーゼル(本名不明)

Iより遥か昔の時代を描いたIIIでは、壮年風の面持ちの別人がボーゼルとして君臨していた。今作以前にも存在しているが、ファンの間ではこのボーゼルを「先々代」と呼んでいる人もいる。
魔族の国家「ヴェルゼリア」を統治し、ラグ・グロブ、フェラキア達「三魔将」を従え、人間界の征服を目論む。
遊びで数多の国を滅ぼし、卑劣な手段を多数用いるものの、部下を心から信頼し、与えた任務が失敗してもかなり寛容な対応をしている辺り後のボーゼルと違う一面をもつ。
人間同士を争わせて、疲弊させた後に侵略を開始するものの、ディハルトたちとの戦闘にて滅ぼされてしまう。

アルテミュラー

ディハルトたちと協力し、ボーゼルを撃破し、人質となっていたファーナの妹「アンナ」の奪還に成功したが、その直後ガイエルが裏切り、彼を暗殺しようと背後から奇襲し、彼を庇ったファーナが死亡してしまう。
これに激昂した彼は、ボーゼルの遺した魔剣アルハザードを手にして取り込まれ、新たなボーゼル(PS2版では“アルテ・ボーゼル”)と化した。
そして怒りのままに魔族の軍勢を従えてリグリア帝国に帰還。実の父を殺して皇帝の座に収まったパウルと、パウルに従った憎きガイエルを粛清し帝位につく。
部下だった兵士や守ると誓ったはずであった国民の死を一切省みず、反抗する者には容赦せず、圧倒的な力に溺れる彼に以前の面影は無かった・・・
その後アルハザードの力でファーナを蘇らせ、改めてラーカス王国改めえエルスリード王国へ侵攻を開始し、これにディハルトたちは果敢に対抗する。

ゲームの進め方によっては救いきれずに撃破されるも、正史ではエマーリンク、ファーナの説得とラングリッサーにより人の心を取り戻し、アルハザードの呪縛から解放されている。

リグリア帝国第一皇子・パウル

ラングリッサーシリーズに長く登場することとなるボーゼル。その元となったのはリグリア帝国の第一皇子・パウルという人間だった。

パウル皇子


彼は誰からも支持されなかったが故に性格が歪んでおり、自分が皇帝になるためには卑劣な手を使う。そのためならたとえ実父だろうが気に入らない者がいれば暗殺したり、その死すらも喜ぶ陰険狭小な人柄である。
そんなある日、アルテミュラーが次期皇帝の座に付く事が有力視されると、彼を良しとしないガイエルと結託してアルテミュラーを失脚させようとたくらみ、とうとう暗殺を決行する。
しかし結果はファーナの命懸けの行動により失敗。先述のように魔族と共に帝国に侵略したアルテミュラーによってガイエルは一瞬で殺され、自身も彼のブラストを受けて高いところから転落。死亡したと思われたが…。

新ボーゼル誕生

パウルはそれでも自業自得であることを嫌い、自分の非を絶対に認めようとしなかった。
自らの死期を悟り、アルテミュラーやこの世のすべてを怨みながら生死を彷徨っていたところ、何処からか声がした。
混沌の王カオス…停滞を破壊し、混沌の世に戻そうとする神である。彼からアルテミュラーに対する復讐の話を持ちかけられたパウルは、その誘いを受けると同時に人間であることを捨てて、闇の皇子ボーゼルとなった。
そして同じく自分の非を認めないまま死んだ為、カオスの手で人間を捨て新たな魔将軍となったガイエルを部下に迎え、カオス復活の儀式として一人の女性を生贄に捧げることにした。
それを知って、ディハルト達と共闘したアルテミュラーは自分が招いた結果だと自覚してか「恨みがあるなら私だけに晴らせ!」と説得するが、ボーゼルとなったパウルは、カオス復活の暁にアルテミュラーには惨たらしい死を与えると言い返す。
その言葉を受け、アルテミュラーの部下・エマーリンクは「何処まで曲がった男だ…!」と怒りを露にしていた。
結果的にはディハルトアルテミュラーの軍勢に敗れてカオス復活に失敗したボーゼルは、聖剣ラングリッサーを必ず奪うと宣言して倒れた。

その後の暗躍

混沌の王カオスや魔剣アルハザードが存在している限り、ボーゼルは例え何度も倒されようがいくらでも復活できる。(年数でいうなれば約200年周期)
そして復活のたびに魔族による人間界制圧・ラングリッサー破壊を実現する為に様々な策略を巡らせる。

ラングリッサー

ラングリッサーⅢ』の後の時代である『ラングリッサーⅠ』では、自身を崇拝する狂信者であるニコリスナーギャがダルシス帝国の皇帝ディゴスを洗脳し、ラングリッサーを奪わせることで復活するが、レディン達バルディア軍によって敗れる。

ラングリッサーⅡ

アルハザードの真の力を復活させる為にラーナを洗脳してダークプリンセスにし、ラーナの双子の妹リアナを捕え邪魔な光輝の末裔を排除する為にベルンハルト率いるレイガルド帝国と手を結んだ。
さらに『デア・ラングリッサー』では、人間と魔族の間に生まれたソニアに目を付け、人間を捨てた魔族にしようと憎悪を植え付けては光輝の末裔を苦しめる。
光輝ルートでは展開によってはアルハザードの封印を解く前に光の末裔に倒され、アルハザードの封印を解いた場合でもベルンハルトにアルハザードを奪われ倒された。
帝国ルートでは帝国と光の末裔の戦いに乗じて封印を解いたアルハザードを手にヴェルゼリアに帰還するが、追ってきた帝国軍に倒された。

ラングリッサーⅣ

エルサリア大陸の遥か西にある「イェレス大陸」。
光輝の末裔と縁のないこの大陸に「賢者の水晶(ラングリッサーとアルハザードが融合した結晶体)」があると知った彼は、自らを“魔術師フェアラート”と名乗り、ギザロフが持つ水晶を狙って戦乱の裏で暗躍。
Aルートではギザロフと対立するカコンシス王国を利用してギザロフと戦わせ、敗れたギザロフが逃げる際に置き忘れた賢者の水晶を手に入れ本拠地に帰還。アルハザードの封印を解きカオスを復活させた。
しかし、カコンシス王国に身を寄せていたランディウスに倒された。
Cルートではギザロフ軍を解雇された自称・天才魔軍師アイヴァーをそそのかし、ギザロフがジェシカと戦っている隙に賢者の水晶を奪わせた。
しかし、落ちこぼれ魔族リスティルナールを味方に付けたランディウスに敗れ、召還したカオスも封印された。

ラングリッサーモバイル

ラングリッサー・アルハザードが共に消失した世界で再び復活を果たし、新たに「ガンビーノ」と名乗り暗躍を開始する。
一方で、日本でのサービス開始間もなく、ボーゼルがまさかのプレイアブルキャラとして実装されてファンの皆を驚かせている。

ちなみに、ⅡとⅣでは主人公とその仲間をヴェルゼリア軍に勧誘して配下に加え、自らの野望を成就させるルートがある。

クラス

一部例外はあるが、彼のクラスは召喚術士「ダークマスター」で固定されている。
強力な魔法を扱う上、敵対する際はアルハザードを装備していることが多く、高い攻撃力を持っているので直接戦闘においても油断ならない。

もう一人のボーゼル

同社の過去作「エルスリードシリーズ」(『エルスリード』『ガイアの紋章』『ガイフレーム』)にもエルスリード王国の隣国ヴェルセリア王国の国王で闇の王として登場している。
当然ライバルはエルスリード王国国王にして光の王のジークハルト。
なおSRPGと言う言葉さえ存在さえしなかった時代の作品なのでそれ以上の設定は存在しない。
ついでにボーゼルもジークハルトもユニットとしては登場せず、全面クリアしたところで「ボーゼル(ジークハルト)が討たれた」と言う描写も無い。そもそもイベントシーン自体が存在しない。
唯一ストーリー性のある『ガイフレーム』は『ガイア』より4000年も未来の話でロボットに乗って戦う世界なのだが、科学と魔法が共存する世界と言う事で、最後に復活してラスボスをやっている。

古いファンから関連性を指摘されていたが、『ラングリッサーIII』で上記の設定が明かされたことで別人(良くてパラレルワールド)と言う事が確定した(ついでに『ガイフレーム』に付属した4000年年表にはラングリッサーを思わせる事件は載っていない。まぁラングリッサーを作る事さえ考えていなかった時代なので仕方が無いが)。

余談


関連 タグ

ゲーム SLG SRPG ラスボス
メサイヤ ラングリッサー エルスリード

関連記事

親記事

ラングリッサー らんぐりっさー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「闇の皇子ボーゼル」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1190

コメント