ピクシブ百科事典

リアナ

りあな

リアナとは、主に何らかの作品のキャラクター名として付けられるタグ。
目次[非表示]
  1. ラングリッサーⅡ、及び、デア・ラングリッサーヒロイン
  2. スーパーロボット大戦Dの登場人物、クリアーナ・リムスカヤの人格。


"ラングリッサーⅡ"、及び、"デア・ラングリッサー"のリアナ

リアナ


登場作品

ラングリッサーⅡ デア・ラングリッサー

人物像

性別:女 年齢:20歳

辺境の領地、"サルラス"近くの"光の大神殿"で巫女を務める女性。
"光輝の末裔"という一族の血を引いており、
聖剣ラングリッサー魔剣アルハザードを解放、
または、封印する為に必要と成る"光の巫女"でも在る。
尚、幼い頃に生き別れた、ラーナと言う双子の姉が居る。

ある日、自分の住む村に、"レイガルド帝国"の"青竜 騎士団"が現れ、
帝国軍に拉致されそうに成るが、村に偶然に滞在していた旅の若者、
エルウィンと幼馴染のヘインに因って助けられる。
其の後、幾度かの帝国の襲撃に遭い、帝国との戦乱に巻き込まれていく。

戦乱の中、エルウィンに恋心を抱く様に成るが、
デア・ラングリッサーでは、プレイヤーの進むルートに因っては結ばれず、
最悪の場合は手に掛ける事も在る。

帝国ルート

レオンの口車に乗り帝国に与したエルウィンを、光輝軍の一員として追撃する。
最後の戦いではエルウィンへの想いを断ち切れずジェシカの手で記憶を消してもらい
戦い挑むが、未練が強過ぎて記憶を取り戻してしまう。
誘拐から助けてくれた男が「私を捨ててまで」誘拐犯と手を組むと言う
あまりにも理不尽な運命にも関わらず、(事故死させた場合)光の巫女である
自分を拉致しに来たエルウィンの身を案じたまま息絶える。人間の鑑。

闇ルート

ボーゼルの術で闇の一員として、姉妹仲良く暮らす。やったねリアナちゃん!

独立軍ルート

帝国についてみたけどやっぱり帝国を捨て魔族も捨てたエルウィンは、
ボーゼルの呪縛を逃れたリアナとラーナを自らの軍勢に誘うがフラれてしまう。
光輝軍は女神ルシリスのもと天界でエルウィンを迎え撃つ。
帝国ルートとセリフを共用しているため会話が若干変。「私を捨ててまで…」
ってこっちのルートじゃ1度ヨリ戻そうっつったの断ったじゃねぇかよ(困惑)

エルウィン(プレイヤー)に見逃してもらい生き残った場合、
「もう会うことはないでしょう」と上から目線で言い放って去る。
が、すぐ(?)再会して経営する孤児院を援助してもらっている。即堕ちかな?
容赦なく殺していた場合、エンディングでエルウィンの心残りとなる。
ある夜亡霊として現れ、彼を許し幸せなキスをして成仏。
妄想説もあるがこれが一番ラブラブなエンドというのもある意味凄い。

孤独の王ルート

皇帝、魔族の長、光の女神を全て粉砕し、カオス神直々の
やべーやつ認定を受けたエルウィン。
彼を倒し世界に平和を取り戻すべく立ち上がったレオン、エグベルト、帝国の落武者。
そこへ恋人レオンの助太刀に現れた姉に便乗して参戦。が、
エルウィンの狂気っぷりにドン引きする事しかできず凶刃に倒れてしまう。
ヒロインとしての扱いは、ヘインに「(死なせて)ごめんよ」と言われる程度。あんまりだ。

其の他の情報

主に回復を行う僧侶系の成長クラスだが、魔術師系や、
作品に因っては、"ソード マスター"等の前衛クラスにも成る事が可能。
また、彼女も"光輝の末裔"の為、ラングリッサーを装備する事も出来る。

余談として、ゲーム中では度々、少女と表記されるが、年齢は20歳で在る。

また、二次創作では“悪墜ちした姿”と“光輝軍として成長した姿”の二手に分かれていることがある。

悪堕ちリアナ
リアナ 


【左絵:悪堕ちしたリアナ/右絵:光輝軍として成長したリアナ】

そしてシリーズとしては恒例の「へそ出し巫女」で、服装はへそ出しタイプのセパレートなミニスカートを着用(ちなみに二次創作では、前述の“悪墜ちした姿”と“光輝軍として成長した姿”と共通してダークプリンセス時のラーナと同じ形態等、所謂レオタード系の服を着ることがある)。

声優・CV

國府田 マリ子

関連 タグ

ラングリッサー 光輝の末裔
ラングリッサーⅡ デア・ラングリッサー

エルウィン ヘイン ダーク プリンセス ラーナ

ヒロイン 僧侶 巫女

國府田 マリ子

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 小説 ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「リアナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528188

コメント