ピクシブ百科事典

葦名弦一郎

あしなげんいちろう

フロム・ソフトウェア開発のアクションゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の登場人物。
目次[非表示]

邪魔立てするか、御子の忍びよ

概要

CV.津田健次郎
戦国末期の日本をモデルにした架空の国、葦名の国の国主・葦名一心の孫。
主人公・の腕を斬り、その主である竜胤の御子、九郎を連れ去った張本人。

葦名の跡取りであるが、元は市井の生まれであり、母が死んだのちに一心が引き取る形で葦名城にやって来た。鬼庭刑部雅孝は幼い頃の彼の傅役(教育係)。
巴という女剣士を剣の師と仰いでおり、故に一心の「葦名流」ではなく異端の「巴流」の技を使う。加えて弓の名手でもあり、葦名城内でも噂されている。
一方で、故国・葦名の国に関して「葦名は俺の全て」と断言するほどの強い執着を持っており、葦名を守るためなら手段を一切選ばない危険な一面もある。

ゲーム本編開始の時点で、葦名の国はすでに外敵・内府軍の攻撃を辛うじて退けるも陥落寸前というところまで追い詰められていた。国主・葦名一心も病床にあり、多くの将兵が死した葦名に反撃する力は残されていなかった。もはや尋常な術では葦名は守れないと考えた弦一郎は九郎に協力を要請する。その血に宿る不死の力を利用するために。

年頃は20代~30代前半ごろと推定され、主人公やエマと同世代。
劇中では主人公と複数回刃を交えることになり、終盤には主人公と対になる武器を手にする、正統派ライバルキャラクター。

*以下、ゲーム内容のネタバレを含む*

戦闘

剣撃に弓を織り交ぜた戦法を得意とするバランスタイプで、攻撃の隙が少なく、こちらが隙を作らせないと強力な攻撃を次々に放ってくるので、様子を伺うよりもとにかく攻め続けることが攻略のカギとなる。

无题


第一戦


葦名弦一郎、参る…

プロローグにて、ゲームの操作を覚えるチュートリアルステージ「葦名本城 水手曲輪」のボスとして登場。
チュートリアルなのに信じられないほど強く、さらに負けるとリトライできないため、ほとんどのプレイヤーが為すすべもなくやられてしまうだろう。
しかしただの負けイベントかと思えばそうではなく、プレイヤーの腕前次第でちゃんと勝つことができる調整になっているのがフロムらしい。
主人公のステータスが強化され、プレイヤーも操作に慣れた「二周目」以降であれば十分に勝機があるため狙ってみよう(勝ってもアイテムが貰えたりストーリー展開が大きく変わったりする訳ではないが、珍しいムービーが見られる)。

第二戦


忍よ、再び見えようとはな…

ゲーム中盤、葦名城天守閣にて弦一郎は、九郎に不死の契りを強要するが、竜胤が竜咳(りゅうがい)と呼ばれる病を広め、生死の理を歪めてしまうことを理由に拒否される。
そこに、竜胤を危険視する葦名一心の手引きで九郎を迎えに現れた狼と対峙する。

弦一郎殿


第1段階

弓による遠距離攻撃は主にこちらとの間合いを詰める、または離す際の始動として使用する。
また、離れて回復しようとすると、弓を強く引いた強力な矢を放って回復を狩ろうする、中でも跳びながらの弓4連は発生が早く、矢は剣撃とは違って弾いても相手の体幹を削る事はできないので的確な弾きが必要となる。
危攻撃は裏拳から腹パンを見舞う掴み、跳び兜割りからの突き(まれに下段)、左から右へ薙ぎ払う下段と三種類ある、突きは反撃に突如放ってくることもあるので注意。
他にも、舞うような7連撃浮き舟渡りは弾きで凌ぐのが難しく、体幹ギリギリの状態で出されると1つのミスが命取りとなる。

第2段階


まだだ…。御子の、忍びぃ…!

基本は変わらないがジャンプ斬りからの派生に下段を混ぜてくるため注意。中盤でやっとゲームに慣れてきたプレイヤーに基本を叩き込む、勝利するためには的確に攻撃を弾き、突きと下段を見極めながらの攻めが重要になる。

隻狼 葦名弦一郎


第3段階


巴の雷、見せてやろう

巴流 葦名弦一郎は葦名の山奥にある源の宮から流れる変若水の澱(おちみずのおり)によって生き返る。
攻撃パターンが変化してより苛烈になるほか、巴の雷という雷をまとった攻撃が攻撃のバリエーションに加わる。
…のだが、この雷攻撃は特定の手順で跳ね返せるため、上手く跳ね返した雷を当てれば大きな攻撃チャンスになる。
また鎧を脱いだせいで防御力が低下しており、せっかく命を捨てて形態変化したのに、むしろ弱体化していると評判である。
とはいえ、第1・2段階で消耗している時にはミスが許されない。初めて戦う際はここで阻まれることも多いだろう。

第三戦


俺が、葦名を生かす!

葦名城を囲む内府の軍勢は、葦名一心が事切れたことを察知し、この機に乗じて城に攻め寄せる。
城内にて竜胤の問題を解決する方法を探る九郎だったが、内府の火攻めに落城する葦名城から脱出する。しかし城から脱出する抜け穴の先には、葦名の地に隠された不死を殺す刀、黒の不死斬り”開門”を手にした弦一郎がまたもや待ち構え、ある条件を満たす為、九郎を斬りつける。

攻撃パターンは第二戦の第2段階とほぼ同じであるが、雷の代わりに新たに中距離広範囲技の秘伝・不死斬りを攻撃に加えている。この技は攻撃力が高く2連撃をもろに喰らうと死は免れない、こちらが使える物と同じくガードしても弾いてもダメージを負うため、構えに入ったら大きく逃げるか強力な技で発生前に潰さなければならない。

これで葦名の夜は、明ける…

狼に敗北すると、弦一郎は自ら斬首する。すると傷口から禍々しい靄と共に全盛期の剣聖 葦名一心が黄泉帰る。
そう、黒の不死斬りの銘は「開門」、ある条件とは自らの命と御子の血を供物に黄泉への門を開くことだったのだ。
本人も独白したように結局彼には何も為せず、最期まで葦名一心に頼るしかなかったのである。

行方不明

SEKIROは、条件により複数のルートに分岐する。
弦一郎の登場する場面、ボス戦の回数もルートに従い変化するが4つあるルートのうち、修羅ルートに入ると弦一郎は再登場しない。
が、とある場面で狼の義父、梟が弦一郎の持っていた不死斬り”開門”を手に「こちらの首尾も上々じゃ」と言って現れる為、梟に討たれたとも考えられる。

※上記シーンの際、カメラワーク上は画面上に映ってはいないが、ゲーム内で弦一郎の行方が判明している。閲覧注意※
外部リンク


プレイヤーからの評価

フロム作品には非常に珍しい、正統派イケメンライバルキャラである。……が、それゆえに訓練されたフロムプレイヤーからはネタにされる宿命にあり、「弦ちゃん」として親しまれている。

【8/9C96】突発本【西2け20b】


ネタにされる理由として

  • 大ボスだが攻撃にクセが少なく、慣れてしまうと比較的弱い
  • 3戦するのに攻撃モーションが変わらないため、後半になるとどのプレイヤーも慣れてくる
  • 巴流奥義であり切り札でもある雷攻撃が、雷返しによりプレイヤーにとって有利な攻撃になる
  • そもそも雷返しの方法が本拠地である城内の掛け軸にされている(甚助に勝てなかった説)
  • 1戦目で敗北すると不意打ちしてドヤる 「忍びよ、卑怯とは言うまいな」
  • 2戦目以降、常に半裸
  • 年上の武将から心配されっぱなし
  • 「踏みにじらせは、せぬぞ…!」(体や刀を踏み付けられながら)
  • 回復潰し行動が遅すぎるため簡単にハメられてしまう
  • 中から一心が出てくる。葦名弦一郎を生贄に捧げ、葦名一心を墓地から特殊召喚する!
  • 葦名の為にあらゆる手段を模索するが、結果的にそれが原因で壊滅する
  • CVが同社の過去作品でやはりネタキャラとして親しまれたキャラと同じ
クセの強い登場人物が多いなか、あくまで一途に、ひたむきに、己の故郷を守るため戦い続けるその姿、しかし何もかも裏目に出て凋落し、ストーリーの本筋からも外されてしまう不遇さ、たとえ敗北者となろうとも戦いを止めないその姿、なにもかも世を拗ねたフロムプレイヤーの心を打たずにはいられない。しまいには鬼畜難易度で知られるSEKIROで唯一、強化パッチを望まれるほどである。

とはいえ、これはSEKIROに慣れまくった熟練プレイヤーからの評価。初心者にとっては中盤の壁として立ちはだかる強敵であり、慣れてきても醍醐味である激しい剣劇をテンポよく爽快に楽しめる良ボスである。

関連タグ

SEKIRO
隻狼

関連記事

親記事

SEKIRO せきろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「葦名弦一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 942984

コメント