ピクシブ百科事典

葦名弦一郎

あしなげんいちろう

フロム・ソフトウェア開発のアクションゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の登場人物。
目次[非表示]

邪魔立てするか、御子の忍びよ

解説

CV.津田健次郎
SEKIROに登場するボスキャラ。
戦国末期の日本をモデルにした架空の国、葦名の国の国主・葦名一心の孫。ただし、正統な血筋ではない。
主人公・の仕える主、竜胤の御子、九郎を連れ去った張本人。

弦一郎


物語が始まった時点で葦名は、外敵・内府軍の攻撃を辛うじて退けるも陥落寸前というところまで追い詰められていた。また一代で国を興し、剣聖と誉れ高い葦名一心も病床にあり、反撃の手立てさえ残されていなかった。
何としても葦名を守りたいという強い思いから弦一郎は、異端の力を手にすることを決意する。それは、契約した者を何度でも生き返る不死にする竜胤の力を持つ、竜胤の御子の協力を得ることであった。

隻狼

御子の忍・狼は、九郎を救い出すために葦名城に潜入する。しかし弦一郎に覚られ、左腕を切り落とされた上、御子を奪い返されてしまう。隻腕となった狼は、代わりに忍義手を仕込み、隻狼と呼ばれるようになる。

苇原


この一回目の弦一郎戦は、負けても勝ってもゲームが進行する。最初から強力なボスに勝つまで挑戦させるフロムゲーには割と珍しいパターンである。

弦一郎は、九郎に自分を不死にする事を強要するが、竜胤が竜咳(りゅうがい)と呼ばれる病を広め、生死の理を歪める力であることを理由に拒否される。また葦名城本丸に再び侵入した隻狼と再戦することになる。これも全ては、竜胤を危険視する葦名一心の手引きであった。
九郎に拒絶され、隻狼にも敗れた弦一郎は、葦名城から姿を消す。

ボス戦

弦一郎殿


そうだ、その力だ
弦一郎は、第1段階、第2段階、第3段階と忍殺する毎に攻撃パターンが変化する。攻撃は、刀に加え、背負っている弓を使った三連射だが、こちらが矢を弾いている間に体幹ゲージが回復してしまう。

屑一郎


攻撃パターンの変化で顕著なのが第3段階に当たる巴流葦名弦一郎である。葦名の山奥にある源の宮から流れる変若水の滓(おちみずのおり)によって生き返った弦一郎は、異端の力を操り、隻狼に襲い掛かる。ここから雷をまとった斬撃が攻撃のバリュエーションに加わる。

マルチエンディング

SEKIROは、条件により複数のルートに分岐する。
弦一郎の登場する場面、ボス戦の回数もルートに従い変化する。

第三戦

葦名城を囲む内府の軍勢は、葦名一心が事切れたことを察知し、この機に乗じて攻撃を再開始する。
竜胤の問題を解決する方法を探る狼と九郎だったが、落城する葦名城から脱出する。しかし城から脱出する抜け穴の先には、再び弦一郎が待ち構えていた。
葦名の地に隠された不死を殺す刀、不死斬り”開門”を手に入れた弦一郎は、新たに不死斬りを攻撃に加えている。また秘策として全盛の一心を蘇らせるという離れ業まで披露する。
が、本人も独白したように結局彼には、何も為せず、最期まで葦名一心に頼るしかなかったのである。

行方不明

4つあるルートのうち、修羅ルートに入ると弦一郎も再登場しない。
が、とある場面で狼の義父、梟が弦一郎の持っていた不死斬り”開門”を手に「こちらの首尾も上々じゃ」と言って現れる為、梟に討たれたとも考えられる。

関連タグ

SEKIRO
隻狼

pixivに投稿された作品 pixivで「葦名弦一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29410

コメント