ピクシブ百科事典

怨嗟の鬼

えんさのおに

『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』に登場するボスキャラクター
目次[非表示]

戦は続き、屍は詰まれ、怨嗟ばかりが満ち満ちる

※この記事は『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』におけるネタバレを含んでいます。

概要

ストーリー終盤、内府軍襲来後の城下、葦名城大手門前広場に現れるボス。ただしゲームクリアとは直接関係のない、裏ボス的な立ち位置にいる。

燃えるような赤い毛に身を包んだ左腕の無い隻腕の鬼であり、炎を操る力を持つ。そして本来左腕があるべき場所には半透明の炎が吹き出て歪な形の腕を形成している。凄まじい力を持ち、歴戦の葦名衆をも上回る内府軍の兵をいとも容易く蹴散らしており、大手門前の道には巨大な爪痕や燃え盛る炎など怨嗟の鬼が振りまいたと思わしき破壊の痕跡が見て取れる。

なお前述の通り当ボスはクリアとは無関係のマップに配置されているため、事前知識無しでプレイしていると見逃してしまうことがある。あるいは存在を知っていても、城下への正規ルートが瓦礫によって閉ざされており回り道をしないと辿り着けないため、行き方が分からず諦めて抜け穴に向かってしまうプレイヤーも。

本城の鬼仏近くに座り込んでいる侍に話しかけると行き方のヒントを貰うことができる。また荒れ寺に行くと情報屋の藤岡から、仏師が城下に向かって行きそのまま行方不明になったことが聞け、ラスボス戦前にちょっとしたイベントがあることが分かる。

戦闘


・・・ああ、全部、燃えちまった・・・

・・・炎が、暴れ狂って・・・
・・・ひどく哭いてやがるんだ・・・

怨嗟の鬼


鬼形部と闘った大手門前広場で戦うこととなる。

左腕による炎を纏った攻撃はいずれも圧倒的な攻撃範囲を誇り、少し離れた程度では簡単に捉えられてしまう。またその巨体とは裏腹に、獅子猿をも超える速度で動き回るため、逃げても一瞬で距離を詰められる。

そしてストーリー最終盤のボス故に攻撃力が非常に高く、殆どの攻撃は2回食らうだけで体力を全て持っていかれてしまう。加えて左腕による攻撃を受けると炎上の蓄積値が溜まり、回避だけで精一杯のプレイヤーを更に焦らせることになる。極めつけは体力ゲージで、なんと3本もあり破戒僧と違って開幕忍殺で1つ削れるなどのギミックもないため、かなりの長期戦を強いられることになる。

基本的には弾きよりも回避を主体に立ち回ると良いとされる。左腕の攻撃は怨嗟の鬼の足元、特に側面~背後に攻撃判定がないため、思い切ってダッシュで近づいてしまうのが最も楽な対処法である。ただしステップで距離を離す、地団駄で足元を攻撃するなどして怨嗟の鬼も対応してくるので、それらを上手く見切り反撃に繋げる技量が要求される。

高くジャンプしてからの着地や、体力ゲージが残り2本になってから使う左腕を地面に叩き付けて炎を放射させる攻撃は、非常に範囲が広いが攻撃後の硬直中に鉤縄を引っ掛けられるため、上手く回避できれば逆にこちらが攻撃&接近するチャンスとなる。

なお怨霊タイプの敵ではないものの、怨霊特攻の義手忍具「泣き虫」が3回まで有効となっており、使用すると10秒ほど苦悶するモーションを取り隙だらけとなる。(強化素材「泣き虫の指輪」のテキストに有効である理由が示唆されている)。刀に怨霊特攻を付与する神ふぶきも有効で、両方を合わせれば一瞬のうちに体力ゲージを削り切ることも不可能ではない。行動パターンが激化し攻撃の対処がより一層難しくなる、体力ゲージが残り一本のときに使うのがベストか。

また全体を通して炎上を防ぎつつ攻撃をガードする忍具「朱雀の紅蓮傘」が重宝する。どうしても左腕に当たってしまうときは頼ってみよう。ただし形代を消費しすぎて、上述の「泣き虫」が使えなくなるという事態は避けたい。





これより下は正体のネタバレがあります。



















「怨嗟の炎か・・・」




















その正体は怨嗟の炎に飲まれてしまった仏師の成れの果てである。

戦いを制し、とどめ忍殺を決めようとすると「お前さん、頼む…」という仏師殿の声が聞こえる。

身を焼く怨嗟の炎から、仏師殿の魂を解放してあげよう。




「さらばだ、仏師殿・・・」

お前さん・・・ ありが・・・とうよ・・・





怨嗟の炎



ある男が、修羅になりそこない、
怨嗟の炎の積り先となった

因果ゆえ、なかなか死にきれぬ
だが鬼となり、ようやく逝けた



余談

ある手順をこなすことで怨嗟の鬼との遭遇時、1回目の忍殺を決めた後、とどめ忍殺を決めた後にそれぞれ狼の台詞が追加され、また撃破後に行ける大手門の建物内にいる老婆との会話も変化する。

ネット内にはボス同士を戦わせどれほど強いかを検証する動画があるが、その映像では怨嗟の鬼は葦名一心、巴流,葦名弦一郎、大忍び,梟の三体を同時に相手しても圧倒してしまうほどの強さを見せ付けていた。

作中で、押し寄せてきた内府軍を葦名軍もろとも踏み散らし、葦名の地を火の海に変えてしまったのも納得である。



関連タグ

SEKIRO

関連記事

親記事

SEKIRO せきろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「怨嗟の鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83843

コメント