ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

大忍び梟

ふくろう

フロム・ソフトウェア開発のアクションゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の登場人物。
目次 [非表示]

忍びの掟は忘れまいな

親の次に大事なもの、お前の心に刻むがよい

概要編集

CV.土師孝也

主人公のの義父と同時に忍の師。

物語開始の20余年ほど前、まだ子供だった狼を戦場跡で戯れに拾って以降、忍びの技の粋を狼に仕込んでいった。

大太刀を背負い鳥蓑を羽織った大柄な体に、長い白髪を足元近くまで編み、全体的に梟を思わせる姿をしている。


葦名より北に離れた、薄井という名の森を修行場とし、そこで出会ったまぼろしお蝶とは若い頃からの付き合いで、後に狼に忍び技の師としてあてがっている。

厳格な印象だが、狼が腹を空かせた際はおはぎを拵えたり、酒に弱くすぐ真っ赤になるほど、人間味のある一面も窺える。


ゲーム本編開始の時系列では既に故人となっている。

三年前、賊の襲撃を受けた平田屋敷にて瀕死の状態で現れる。燃え盛る屋敷の中庭で深手を負いうずくまっており、たどり着いた狼に平田屋敷の隠し仏殿の鍵と抜け道を教えるとともに忍びの第二の掟「主は命を賭して守り、奪われたら必ず取り戻せ」これを約束させ息絶える。

以降、親を失った狼は忍の掟に従い九郎を守ることを決意する。


*以下、ゲーム内容のネタバレを含む*


物語での関わり編集

平田屋敷の一件から三年が経ち、物語中盤で葦名城に内府の忍軍が襲来。狼は九郎を助けに天守閣に向かうと、そこには既に九郎と話す人物がいた。


その人物は3年前に死んだはずのであった。

梟はひそかに竜胤の力を欲しており、会話の中でそれを悟った九郎は梟にこの場を去れと命じるが、狼が現れた事を悟った梟は、久しく見る景色を堪能したいと言いその場に残る。


梟の死は謀だとし。狼に竜胤を手中にするという自らの身に余る野望を打ち明け、第一の掟「親は絶対」により、狼へ九郎を捨てるよう言い渡す。

掟に背く選択編集

忍が情に流されるなど、なんとなさけないことか…


狼の言葉に落胆するが狼は「掟は己で定める」と一蹴、彼もその場から去っていく。すると梟は音もなく刀を抜き…

隻狼VS梟

大忍び梟編集

ふむ…少しは成長しておるようだな、やろうか、狼よ…


不意の一撃を防ぎ、かつての師との戦いが始まる。


2段階目編集

ま、待ってくれぇい!


忍殺を決めると辛抱たまらんと言わんばかりにその場で土下座、情に訴えようとする梟に近付くと。


ばかめっ!


不意を見せれば即ち死につながる。

狼はとどめ忍殺・影落としで師との決着をつける。撃破により常桜の香木を入手。「源の香」の最後の材料が揃うことになる。

もう一つの記憶編集

死闘の末に葦名城の天守で果てた梟だが、九郎の人返りのため狼はその亡骸からこぼれ落ちた守り鈴「義父の守り鈴」を荒れ寺の仏に供え、再び過去の平田屋敷に赴く事になる。

義父編集

戦場で拾った飢えた狼が…よもや、ここまでになるとはな


記憶をたどった先にある最奥の隠し仏殿で、全盛期の義父との命を賭した真の戦いが始まる。その強さは葦名城天守で戦った時とは比にならない。

無題

2段階目編集

我が梟、見せてやろう


薄井の森に棲む梟を使い、本領を発揮し始める。

死闘の果て義父を撃破することにより人返りに必要な「常桜の花」を入手できる。


倅に敗れるか、存外に心地よいものだ…

掟に従う選択編集

梟に忠誠を誓う狼の前にエマが現れ、梟は狼に始末を任せてその場を去る。

エマ及び一心を斬った狼の元に戻ってきた梟の手には黒の不死斬り(詳細は葦名弦一郎を参照)が握られていた。

真の名は薄井右近左衛門。全ては己の名を日の本に轟かせるための謀だった。


だが修羅へと変じた狼に背後からの影落とし、彼の野望はあえなく潰えたのだった。

戦闘編集

大太刀の広い間合いと忍の体術から繰り出される素早い剣撃や忍具は強力無比。弾き合いによる体幹崩しを狙いつつ、ステップ回避で相手の攻撃をすり抜て背後に回り込み、体力を削るといった具合に両者を併用して戦っていくと良い。

武器編集

  • 大太刀

梟が背負っている黒鞘の太刀。

赤鮫黒革平巻の柄、木瓜型車輪透し鍔に刀身は尖り互の目刃紋造り。

国盗り戦時代から帯刀しており、狼の顔に傷を付けた刀でもある。

  • 手裏剣

狼の物より少々大きな手裏剣、複数枚を同時に投げる事が出来る。

  • 爆竹

大きな炸裂音と光を発生させて敵をひるませる忍具。狼の爆竹よりも遅れて炸裂し、防御不可能かつダメージがある。

  • 禁薬焙烙玉

煙玉を軽く放り投げ、回復を封じる特殊な状態異常効果のある煙を浴びせる。いわゆるダークソウルシリーズにおける「ロイドの護符」や「不死狩りの護符」のようなエスト封じ行動。なお煙を浴びせられた後の狼は、瓢箪の薬水を飲んでも回復しなくなる、のではなく、なぜか薬水を飲むこと自体ができなくなる(瓢箪を使うと道具を何も装備していないときのモーションをとる)のがちょっとした謎である。

  • 煙玉

視界を遮る煙を周囲に発生させて敵の目をくらませる。怯みはあるがダメージはない。

  • 毒霧

中毒効果と残留性の高い毒で、効果範囲にいるとたちまち中毒状態に陥る。

  • 薄井の梟

梟が全盛期の頃に手なずけていた不思議な梟。薄井の森に棲むが、捕まえたとしても羽を残して消えるそう。

編集

  • 忍び技

梟が極めた隠密の身のこなしや戦いの技。その剣捌きや技は狼も使える物も多くある。

相手の体幹を攻め崩す事に重きを置く戦法で、防戦を避けながら繰り出す弾かれても止みづらい剣撃が特徴的。

  • 通常攻撃

袈裟斬り→右斬り上げ→袈裟斬り/回転水平二連斬りという基本的な連続攻撃。

回転水平二連斬りまでの派生は、狼の4段目までの通常攻撃と同じもの。

弾くと執拗に斬り返して来ようとし、3撃目の袈裟斬りを弾くと左斬り上げ→左薙ぎと、最大5連斬りまで増える。

  • 突進斬り

ダッシュ攻撃の要領で相手に正面から突進しながら刀を振り上げる、ここから連撃や通常攻撃に派生する。

動きは霧がらす使用時の狼の正面連ね斬りと同じ。

  • 手裏剣追い斬り

手裏剣を投げ入れながら、前方に大きく踏み込み斬撃を放つ忍びの体術。

距離によって威力が減衰し、至近距離ならば一撃で葬られる事もある。追い斬りの部分は前ステップで回避可能かつ背後に回り込めば反確となる。

  • 手裏剣→前中兜割り

手裏剣を2発なげた後跳び上がり、空中で前転しながら落下と共に相手を叩き斬る技。

縦斬りは横方向に追尾し、防御せずかわすと後隙を狙いやすい。

  • 踏みつけ忍殺

踏み倒して動けなくした状態で、敵の喉元を突き刺す忍殺技。

こちらの体幹が崩れた場合や倒れていると使用するが、確定死ではない上にすぐにその場を離れればかわす事が出来る。

しかしこちらの体幹がギリギリの状態で相打ちになると、忍殺が確定してしまい一撃死するので注意。


狼も忍殺時に一部近い動きが入っている。

  • 見切り忍殺・影落とし

相手の背後から胴を一突きにする技。

見切りの際はこちらの突属性攻撃を足で捉えて刃を踏みつつ、そのまま背中に斬撃を入れながら後ろに回り込み、背後から刀を突き入れる大技。

この技は見切りが決まった瞬間、体幹に関係無く忍殺されてしまい、体力十分でも瀕死のダメージを負うことになる。

平田屋敷で狼が竜胤の呪いを受けるきっかけとなった技で何かと因縁が深い。狼も体得しておりとどめ忍殺などで使用できる。

  • 禁薬焙烙玉

大忍び梟戦のみ使用する。

当たるとしばらくの間、薬類の使用を封じられてしまう上、禁薬状態のみ行う攻撃が増えてしまう。

  • 煙幕

大忍び梟戦2段階目で使用する。

攻撃を受けた際や弾かれた際に足元に煙幕を張る技。

強制的にロックオンを外されてしまう。

初戦の2段階目冒頭では命乞いから煙幕による不意打ちを狙ってくるが、壁際だと攻撃がかわせない場合がある。

  • 体幹回復

大忍び梟戦2段階目で使用する。

身体をどっしり構え体幹を回復する技。類稀な強者の中で使用するのは梟ただ一人だけ。

毒霧を放った後、近付けない状態で使用する。

  • 踏みつけ

こちらを踏みつけて後方に大きく跳び退く体術。

大忍び梟戦では踏みつけ後、扇状に手裏剣を5つ投げる空中忍具技を使用し、2段階目では毒霧を使用するので禁薬状態だと解毒ができない。

義父戦では2段階目まで手裏剣は投げない。


狼もほぼ同じ動きができるが手裏剣は1つしか投げられない。踏みつけ自体に体力ダメージはないが、体幹がかなり削られる。手裏剣部分はガード(弾く)かタイミングを合わせて回避。

  • 爆竹

前方に黒い粉を撒いた後、大きな炸裂音と光を発生させてダメージも与える忍具技。

大忍び梟戦では、攻撃を弾かれた場合に後方にステップしながら出す回避特化の技で、下手に追いかけると爆竹の餌食になる。

義父戦では能動的に使い、攻撃や直後の技の目隠しに使用する。

  • 連ね斬り(爆竹)

体当たりから繋がる剣撃を放ちながら爆竹を撒き、炸裂と同時に強力な斬撃を放つ忍びの体術。

大忍び梟戦では攻撃し続けると、攻撃を弾いてこの技を放ってくる事がある。

義父戦では連続攻撃中にこの技を絡めるので、使用頻度が高い。


爆竹の防御不可能力と斬撃の複合攻撃は威力十分、当たれば一撃死は免れない。狼も他の忍具での連ね斬りは習得しているが爆竹ではできない。

  • ステップ手裏剣

義父戦のみ使用する。

複雑に左右へステップし、唐突に手裏剣を1つ投げる。

  • 真向叩き斬り

義父戦のみ使用する。

刀を大上段に構えて相手を叩き斬る技。

隙は多いが構えた状態からはこちらの動きを見て技を変えることもでき、横にかわすと構えを中断して回転薙ぎに、後方に逃げると前方飛び回転斬りに変化する。

  • 下段

義父戦のみ使用する。

連続攻撃中に突然放ち、放った後は前方に転がるのでその場で踏みつけられない。

弾かれた際も出すが、こちらは前転しない

  • 奥義・大忍び刺し→秘伝・大忍び落とし

義父戦のみ使用する。

刀を構えて一直線に鋭い突きを繰り出す。敵に刺さるとそれを踏み台に高く飛び上がり、降下と共に2回の回転斬りを放つ大技。

特に大忍び落としは回避が難しく、まさに必殺技と言える技。

  • 連ね斬り(薄井の梟)

義父戦2段階目で使用する。

その場から姿を消し、周囲を飛び回る梟から現れたと同時に斬撃を与える技。

  • 緋の梟→奥義・大忍び刺し→秘伝・大忍び落とし

義父戦2段階目で使用する。

梟が義父の手元に移動し、梟が燃え盛る炎となって相手に飛んでゆき、直後追いかけるように大忍び刺しを放つ。

飛んでゆく梟は下段属性。

心中の義父編集

発売から一年が経つ2020年10月29日。SEKIROの無料アップデートが実施され、過去のボスと記憶の中で再戦・連戦できる要素が新たに増え、連戦・修羅編にて忍び技を極めた義父が登場する。

編集

  • 旋風斬り

回転しながら勢いをつけて周囲を斬りつける流派技。

2度の斬撃は義父の攻撃の中ではテンポが遅く、微妙に弾きづらい。


狼が最初に会得する流派技で使用可能。しかしリーチも威力も段違い。

  • 霧がらす

その場に黒い羽を残しながら瞬時に移動して攻撃する忍具技。薄井の梟と効果は似ているが、こちらは狼の物に近い。

基本は攻撃に対する反撃として無作為に使用し、ダメージを無効化しながら側面に回り込んで回転水平二連斬りを放つ。連続使用も可能。

遠距離攻撃の反撃にも使用し、頭上から出現して兜割りを見舞う他、遠距離からの急襲など能動的にも使用できる。

2段階目に入ると霧がらすを駆使した連撃を放つようになり、二連斬り→旋風斬り→落下連ね斬りや、斬り抜け→手裏剣→叩き斬りという形で3つの技を霧がらすを使って様々な方向から繰り出してくる。

どちらも3撃目を弾くと別の技に変化する。


この技は薄井の森に棲む猛禽の羽を媒体とし瞬時に移動する物で、狼は義手にくくった羽の束で発動させるが、梟は鳥簑によって発動していると思われる。

  • 緋の梟奥義・大忍び刺し→秘伝・大忍び落とし

燃え盛る梟が下段だけでなく縦向きでも飛ぶようになり。ジャンプでかわせない場合がある。

余談編集

彼が度々言う忍びの掟であるが、回生使用前のタイミングで言い聞かせてくる。


”ひとぉつ…!”


”親は絶対”

”逆らうことは許されぬ”


”…守れておらぬぞ”




”ふたぁぁつ…!”


”主は絶対”

”命を賭して守り、奪われたら必ず取り戻せ”


”…このままでは、また奪われよう”




”みいぃっつ…!”


”恐怖は絶対”

”一時の敗北はよい。だが手段を選ばず、必ず復讐せよ”


”…できるかの、儂に復讐を”

関連タグ編集

SEKIRO 隻狼


かつて、竜泉を酌み交わした者たち

葦名一心 鬼庭刑部雅孝 まぼろしお蝶

仏師

道玄

関連記事

親記事

SEKIRO せきろ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225829

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました