ピクシブ百科事典

エマ(SEKIRO)

えま

フロム・ソフトウェアのゲーム『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

忍びよ 目覚めてください 貴方の、主のために

概要

CV.伊藤静
葦名の国に仕える妙齢の美女。稀代の薬師であり、かつ技巧師でもあった道玄を師匠としていたようで、彼女もまた優れた薬師。
物語の始め、が捕らわれていた枯れ井戸に花菖蒲の文を投げ落としたのも彼女である。
物腰柔らかで親切な女性であるが、薬師としての実力は本物で、やがて死に至る病である竜咳の治療法を発見している。狼は覚えていないようだが、過去に狼を治療したことがあるらしい。あまりにも彼が無口で、どこがどう痛むのかすら教えようとしなかった為、閉口したとのこと。
幼少期に戦で全てを失い、泣くことも怒ることもできずに呆然としていたところを仏師に拾われ、葦名の国に厄介になったという狼と似通った過去を持ち、その時の恩義からか仏師の事を猩々と呼び、度々荒れ寺に通ったり相談をしたりなど深く信頼している。
作中では九郎と狼の事を気にかけており、2人には幸せになって欲しいと願うものの、彼らの目的を果たすにはどちらかが死ななければならないという事実に直面し、苦悩することとなる。

葦名一心から剣の手解きを受けている。本人は嗜み程度と語っているが、狼が「とても嗜みではあるまい」と思わず尋ねる程の剣気を放っているらしい。本人曰く「人を斬ろうとは露ほども思わないが、鬼など出れば斬りたい」とのことだが果たして……

















この先は『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に関する重大なネタバレを取り扱っています。ご注意ください。

































私はかつて、修羅を見ました



貴方の中にも、同じものがいる




それを、斬らねばなりません





エマ


修羅ルートを選んだ場合、修羅に堕ちんとする狼の前に『柔剣 エマ』として現れ、獲物の匕首を彼に向ける。薬師であるにも関わらず狼が認める程の剣の腕を手に入れていたのは、修羅に堕ちた者を斬る為だったのだ。

柔剣の名の通り、流れるような動きからの連撃や体術など、柔よく剛を制すを体現するかのような戦闘スタイルで闘う。
全体的に攻撃の出が早いので先手を取りづらい上に攻撃力がかなり高い。更に一部の攻撃時にはスーパーアーマー状態となるため、攻め時を間違えると文字通り瞬殺されかねない。
一心に手解きを受けていただけありその剣技は本物で、特に奥義・葦名十文字は狼が用いるそれより美しい十文字を描き、その余りの鋭利さ故に弾いてもHPと体幹を大きく削られてしまう。
同じく奥義・浮き舟渡りも完璧には扱えないものの、刀と鞘の二刀流で行うことで完全な浮き船渡りに近づけており(それでも四連撃とオリジナルよりは三連撃少ないが)、最後の一撃を弾けないとエマが画面外へ移動、死角から葦名十文字を放ってくる。
また、大きな脅威となるのが危険攻撃の投げ。
かなりの距離を踏み込んでくる上に凄まじいまでの吸引力を持ち、受けると床に叩きつけられて大ダメージを負ってしまう。さらにエマは投げで床に倒れた狼に追撃を行ってくるため、素早く体勢を立て直さなければそのまま追撃を受けて死亡が確定してしまう。

立ち位置としては後に控える一心の前座であり、体力ゲージも一本しかないものの、そこいらの中ボスとは比較にならない程の強さを持つ。
純粋な剣技しか使ってこない為搦手も通用せず、プレイヤーとしての技量の高さが問われる強敵となっている。

余談

一心や仏師と同じく彼女にもを振る舞うことが出来るのだが、外見とは裏腹な飲みっぷり、辛いと評判の猿酒すら辛いと言いつつ飲む様子から、プレイヤーの一部からは酒豪ではないかと実しやかに囁かれており、体力のストロングゼロを手に持つコラ画像が作られたことも。

ゲーム内で実際に登場する人物の中では唯一名前がカナ表記であることや顔付きから、純日本人ではなくハーフではないかという予想が立てられている。

字面からか勘違いされやすいが、「妙齢」とは女性の年若い年頃を指す言葉であり、間違っても年増をさす言葉ではない

関連タグ

SEKIRO 隻狼 葦名一心

関連記事

親記事

SEKIRO せきろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エマ(SEKIRO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13699

コメント