ピクシブ百科事典

変若の御子

おちのみこ

フロム・ソフトウェア開発のアクションゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の登場人物。
目次[非表示]

お米は、大事

解説

CV.清水理沙
葦名の国、不死を求めた金剛山仙峯寺が作り出した異能者、変若の御子たちの最後の生き残り。
蟲憑きと呼ばれる僧侶たちが閉ざされた寺の中で不死を求めて怪しげな研究を繰り返している。変若の御子は、その研究の成果の一つだったが、まともに成長し、生きているのは、彼女ひとりとなってしまった。
今は、奥の院に一人で閉じこもっている。
好物は、

偽りの竜胤

変若の御子は、仙峯寺の僧侶たちが作り出した竜胤の御子を目指した失敗作である。具体的にどういう能力があり、何を目指したのかは不明。
かつて西から日本(ひのもと、現実の日本と異なるゲーム中の架空の地域)にやって来た神なる竜は、開祖・仙峯上人に不死の力、蟲(巨大なムカデらしい生き物で体内に寄生している)を与えた。以来、仙峯寺の僧侶たちは、不死を悟りに至る長い旅の助けとして求めて来た。
しかし変若の御子は、「あるべきでないものが、あるべきでない場所にある」ことが歪みを生み、自分たちのような人間まで作られていったことに疑問を感じていた。

帰郷

不死の力に否定的な彼女は、竜胤の御子、九郎も竜胤を疎んでいると知り、が目指す、不死断ち、竜胤を断つ方法を探す手掛かりを教え、また協力してくれる。
しかし狼や九郎の目的が二人の死以外に解決法が無いと知り、反対する。またもう一つの方法として、不死を作る源ととなった神、桜竜の故郷に帰ることを提案する。
この提案に協力すると竜の帰郷エンドとなる。

お米

在?看看米?


これが変若の御子の能力なのか、手のひらからお米が出る
話しかけるとお米を持たせてくれる。このお米はアイテムとして消費すると一定時間の間、HPが回復し、他のNPCに渡すことができる。ただし消費しないと次のお米を持たせてくれない。
また九郎がおはぎを作ってくれるイベントにも繋がる重要なポイントである。

関連タグ

SEKIRO 隻狼

関連記事

親記事

SEKIRO せきろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「変若の御子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1092876

コメント