ピクシブ百科事典

SOULS

そうるす

SOULSとは、単語としては主にソウルの複数形として使われるが、此処ではフロムソフトウェアのゲームソフトであるデモンズソウルとダークソウルシリーズの総称として紹介する。
目次[非表示]

概要

ゲームソフトを開発・販売する企業であるフロムソフトウェアは、様々なゲームを開発しているが、その中でも特に高難度で死にゲーと呼ばれるタイプのゲームを多数開発していることで有名な企業である。
その中でも、デモンズソウルはその高難度のゲーム性と細部まで作り込まれた世界観から、ソウルライクと呼ばれるゲームジャンルを生み出したほどである。
その後、デモンズソウルの次に発売されたダークソウルはシリーズ化するほどの人気を確立する。
このダークソウルはデモンズソウルとは直接的につながっている世界観ではないものの、共通する要素から精神的な続編と位置付けられており、ダークソウルシリーズとデモンズソウルを合わせて、SOULSと称している。
人によっては、BloodborneSEKIROも加えることもある。

SOULSと呼ばれるゲームソフト

特にSOULSと呼ばれるゲームソフトとして、デモンズソウルとダークソウルシリーズの合計四本が挙げられる。
特にこの四本は、経験値とお金の要素を兼ねた『ソウル』という概念があるレベルアップ要員である火防女が存在する中世ヨーロッパ的な世界観を舞台とした王道のダークファンタジーという要素が共通している。





SOULSに含まれるゲームソフト

上記のデモンズソウル・ダークソウルシリーズとはややいくつかの相違点が存在するも、ダークファンタジーであるという点と、幾つかの共通点から同じ括りとして扱われるゲーム。

SOULSとはゲームコンセプトとゲームシステムが大きく違うものの、火防女に当たる存在である人形がいることと、経験値とお金の二つを兼ねた概念である血の遺志と啓蒙が存在する事から、同系統の系譜に当たるゲームとされる。

Bloodborne以上にアクション性に重きを置いている為、SOULSと呼ばれるゲームとはゲームシステムそのものが大きく違う。
しかし、Bloodborneとは世界観につながりがあるかのような描写がある為、SOULSの系列に加えられることがある。
また、このゲームはフロムソフトウェア制作したゲームの中でも最高難易度を誇るゲームである

共通点

主な共通点として挙げられるのは、主に以下の要素である。

  • 高難易度のゲーム作品である
  • 難解なストーリー性
  • フロム脳が必要となるほど作りこまれた世界観

また、たびたび指摘されるのが三浦建太郎による漫画作品ベルセルクからの強烈なインスパイアを受けているという点である。
特に、陰鬱とした世界観不気味な姿をしたクリーチャーのデザイン身の丈ほどもある大剣などが良くあげられる。
また、SEKIROにおいては主人公の名前が狼と言い、左腕に高精度の絡繰りを仕込んだ義手を装着して戦うという姿が描かれたが、ベルセルクの主人公ガッツはそのモチーフとしてが使われ、左腕に高精度の絡繰りを仕込んだ義手をつけているという共通点がある。

関連タグ

デモンズソウル
ダークソウルダークソウル2ダークソウル3
Bloodborne

関連記事

親記事

フロムソフトウェア ふろむそふとうぇあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「SOULS」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「SOULS」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412365

コメント