ピクシブ百科事典

目次[非表示]

理想(おまえ)に、現実(じごく)を見せてやる――

概要

フリューより発売された、『Caligula』の続編。
ニンテンドースイッチプレイステーション4にて2021年6月24日に発売された。

舞台は過去の後悔に悩む人間たちを理想が叶う仮想世界”リドゥ”
過去の後悔から解き放たれた理想の世界から、現実への帰宅を目指すといった、前作の流れを汲んだストーリー。

あらすじ

後悔のない世界“リドゥ”
謎のバーチャドール・リグレット。
彼女の歌を聴いた人間は次々に別世界にとりこまれていく。
彼女が創った“リドゥ”は人々の後悔が創り出す仮想世界。
『あのとき、ああしていれば……』
誰もが密かに抱える人生をやり直したい想いを実現してくれる世界。
選ばなかった選択肢を選んでいた世界の自分――リドゥとはそんなifの人生を体感できる、後悔のないぬるま湯の世界である。
もう1人の歌姫と帰宅部
偽りの世界”リドゥ”の破壊を試みるもう1人のバーチャドール キィ。
彼女は現実に目覚めかけていた主人公をパートナーに選び、力を与える。
あるきっかけで現実の存在を知ってしまったメンバーを集め、現実に帰るべく『帰宅部』を結成。
世界の創造主を相手に、もっとも困難な帰宅が始まる。
帰宅部の現実の姿
ただし、リドゥでの彼らの姿は、一度、現実から目を背け過去の後悔をやり直した『IF』の姿でしかない。
彼らがひた隠しにする現実の姿はプレイヤーのみ踏み込めるタブー。
踏み込む際には自己責任で、“後悔なき選択”を―。
(公式サイト/STORYより)

キャラクター

バーチャドール

リグレット
CV:香里有佐
突如世間に現れた謎のバーチャドール。その神秘的な歌声で過去の後悔に悩む人間たちを理想が叶う仮想世界”リドゥ”へと誘う。
前作のμに近いポジ。

キィ
CV:峯田茉優
リグレットの考え方を否定し、“リドゥ”を破壊するべく主人公たち帰宅部に力を与えるもう1人のバーチャドール。
前作のアリアに近いポジ。

二代目帰宅部

前作の帰宅部同様、理想の世界”リドゥ”を壊し、あえてつらい現実に帰ろうとすることが目的。


オブリガードの楽士

今作における楽士。前作の楽士はオスティナートの楽士であり、よく似た名前なので注意。
リグレットに楽曲を提供することで、リドゥ内の人々を魅了し、リグレットへの信奉を集め、この世界をより強固なものにしようとする。


用語

(※がついているものは前作にも登場した用語)

  • リドゥ
本作の舞台となる仮想世界。
現実で後悔を抱え、創造主であるバーチャドール「リグレット」の歌を聴いた人間が取り込まれ、後悔をやり直した人生を送っている。
メビウスとは違い、取り込まれた人間は必ずしも高校生の姿になるわけではない。

  • バーチャドール
ボーカルソフト。今作ではリグレットとキィが該当する。

  • メタバーセス
ネット上の無意識仮想空間。バーチャドールは基本的にこの空間で自我を得ている。

  • カタルシスエフェクト
デジヘッドやマリオヘッドに対抗するため帰宅部に与えられた唯一の能力。その人物のトラウマや後悔が表に出た異形の戦闘形態となっている。

  • フロアージャック
今作で登場した新要素。ボルテージゲージを溜めることでキィが歌で場を乗っ取ることで帰宅部の能力が飛躍的に上がり、バトルを優位に進めることができる。歌は楽士を倒すと歌えるようになる。

  • デジヘッド
「リグレット」及び「オブリガードの楽士」の狂信者の通称。
基本的には前作のデジヘッドと同じだが、今作ではより異形さが増している。

  • マリオヘッド
リドゥに取り込まれた人間が、楽士によって操られている存在。
楽士の力を直接注ぎ込まれているためデジヘッドより強い。
デジヘッドとの見分け方は胴体に刺さったネオン管。

スタッフ

プロデューサー/企画/シナリオ:山中拓也
キャラクターデザイン:おぐち
キャラクターコンポーザー:kemu(堀江晶太)AyaseポリスピカデリーかいりきベアぬゆりNeruツミキcosMo(暴走P)sasakure.UK
サウンド:増子津可燦
世界観協力:里見直
開発:株式会社ヒストリア

余談


関連タグ

フリュー Caligula
Caligula100users入り
後悔 現代病理 カリギュラ効果

外部リンク

公式サイト
山中プロデューサー Twitter



俺達は重大な選択を迫られるかもしれない

関連記事

親記事

Caligula かりぎゅら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Caligula2」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Caligula2」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 846872

コメント