ピクシブ百科事典

シゼル

しぜる

主に女性キャラクターの名前。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. テイルズオブエターニア』に登場するキャラクター。本項にて説明
  2. BALDRSKY』に登場するキャラクター。

『テイルズ オブ エターニア』のシゼル

残念原画:メルディの母ちゃんだぜ


種族:セレスティア人
年齢不詳 身長171cm 体重59kg
声:伊倉一恵

トランソム・バリルの妻で、現在はセレスティアの実質的な総領主の女性。
ガレノスの下でアシスタントをしている時に、「光の橋」を使ってインフェリアから落下し大怪我を負ったバリルと出会い、意気投合した。
後に結婚し、娘のメルディを産む。

本作のラスボス
本編ではセレスティアのバリル城で初登場と同時に戦闘になり、その後はオルバース界面のシゼル城に籠城し、ラストバトルと合わせて2回戦闘になる。
戦闘ではさまざまな属性の晶霊術を使うが、特に闇の極光術「エターナル・ファイナリティ」の演出や発動時の「開け! 虚空の扉! 我が闇の洗礼を受けよ!」の台詞は印象的。
セイファートの第三の試練において、若い頃のシゼルを操作するイベントがある。
戦闘する場面もあり、幼いメルディを守りながら仕向けられた兵士たちを相手に戦わなければならない(メルディが死んでしまうとやり直しになる)。
テイルズオブヴェスペリア』では闘技場のゲストキャラクターとして登場し、上記の「エターナル・ファイナリティ」を秘奥義として使用してくる。

関連タグ

テイルズオブエターニア TOE エターニア テイルズオブシリーズ メルディ

以下ネタバレ



























ゲーム中、実の娘であるメルディを自身の目的のための道具やモルモットのように扱っているが、それもそのはず…
実際にゲーム中に登場する彼女の人格はシゼルそのものではなく、非物質世界『バテンカイトス』を総べるにして本作の黒幕であるネレイドのものである。

実は夫のバリルが彼の力を恐れるビリアルの策謀により命を落とした際、深い絶望と悲しみに陥った彼女は元々あった闇の極光術の素質を開花させ闇の極光術を発動した結果、(スピンオフの小説の設定によれば)人間の悪意を糧に封印を破ったネレイドの一部に体を乗っ取られてしまったのだ。
結果的にビリアル一派を皆殺しにはできたが、その代償として自身の人格は精神の奥深くで眠りにつくことになってしまい、ネレイドに肉体と精神を完全に支配される。
やがてネレイドはシゼルの体を通じ、世界を再び『バテンカイトス』へ帰すためグランドフォールを起こそうと画策するようになり、同じ闇の極光術の素質を持つメルディをも利用しようと様々な人体実験を施すこととなる(この事はメルディに多大なトラウマを植え付けている)。

本来はメルディの事を想う心優しき人物。
彼女本来の人格も完全に眠りについている訳ではなく、ネレイドに明け渡した肉体を通じて自分の行いを感じ取っており、その行為に恥を抱いていた(最終決戦で一度リッドたちに敗北を喫した際、一時的にネレイドの力が弱まった時に表に出現しかけている)。
最終決戦後にネレイドが引きはがされ、なおも続くグランドフォールを止める為にリッドとメルディが極光術のフリンジを行った際には、自らがメルディの代わりとなり自らの命を犠牲にグランドフォールを食い止めた。
その時に見せた彼女の姿は、本当の意味で娘と再会できた母親そのものだった…

pixivに投稿された作品 pixivで「シゼル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17573

コメント