ピクシブ百科事典

遊星から来た兄弟

ゆうせいからきたきょうだい

遊星から来た兄弟とは、 円谷プロ作品「ウルトラマン」 第18話のサブタイトルである
目次[非表示]

概要

1966年11月13日放送

人気宇宙人の一体
ザラブ星人
悪のウルトラマン初登場の回である。

あらすじ 


ある日の夜、東京中に謎の霧が発生した。
それを浴びた人々は次々と苦しみ始め、
事態を重くみた科学特捜隊は出動。

森田博士が調べた結果、
その霧は放射能が含んでいることが判明。
そこへ地球人を「兄弟」と呼ぶ宇宙人が現れた。
彼はザラブ星人と名乗り、
地球と友好関係を結ぶためにやって来たという。
軌道を間違えた土星ロケットを救助した
ザラブ星人はムラマツキャップの頼みで
東京を包んだ放射能の霧を簡単に消してしまう。

科特隊はザラブ星人を保護したが、
星人はイデを操り、科特隊と宇宙局の会話の盗聴。
フジに変身し、留守番のアラシを眠らせ、
本部の通信を傍受したりと暗躍し始める。

本部の電子頭脳が壊れたため、
自作の電子頭脳を用意したザラブ星人を
不審に思ったハヤタは、ジェットビートルで、
宇宙ヘ飛んだザラブ星人を追跡した。
後を追うと、そこには衛星軌道上の土星ロケットがあった
ハヤタはロケットの窓から覗くと、
星人が調査員を操る姿を目撃した。
全て自作自演だと知ったハヤタは本部に報告しようとするのだが、
ザラブ星人に動きを読まれてしまい、
監禁されてしまう。

ザラブ星人の真の目的は、
地球を二度襲った宇宙忍者同様、地球侵略だった。

一方、科特隊本部では、衝撃の通報が入った
なんと我々の味方である
ウルトラマンが街を破壊しているというのだ。

宇宙局に潜入したザラブ星人は、
ウルトラマンは実は、地球を狙う侵略者で
科学特捜隊も仲間だと吹聴し、
地球人を失望させようとした。


その頃、とあるビルに
監禁されているハヤタは、
本部からこっそり抜け出した
ホシノ君の活躍により救出された。
ホシノ君はハヤタに
忘れ物のベーターカプセルを渡した。

ハヤタはホシノ君を逃がすが、
再び現れ、町を破壊する
ウルトラマンに捕らわれてしまう
ハヤタはベーターカプセルで
ウルトラマンに変身。

捕らわれたホシノ君を助け、
ウルトラマンとウルトラマンの戦いが始まった。
スペシウム光線に直撃した
ウルトラマンは変身が解けた。
その正体はザラブ星人が
変身したニセウルトラマンだった。

目的と正体がバレたザラブ星人は
ウルトラマンと挑むが
本物には敵わなかった。
再びスペシウム光線を浴びて爆死した。  

疑いが晴れ、勝利したウルトラマンは空高く飛んだ。

ウルトラマンはいつも我々を守る
正義の味方なのだ!

余談

青野武氏が
 ザラブ星人の声とスーツアクターを担当した。

・脚本上の役名では、
 今回登場の森田博士ではなく、岩本博士だった。

・催眠術にかけられたイデを診察する博士役は
 森山 周一郎氏

・ホシノ君の涙で、ハヤタを拘束したロープが
 切れるシーンは今回の監督を勤めた
 野長瀬三摩地氏が発案した。

円谷プロ ウルトラマン ザラブ星人 にせウルトラマン

関連記事

親記事

ウルトラマン うるとらまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「遊星から来た兄弟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2344

コメント