ピクシブ百科事典

真珠貝防衛指令

しんじゅかいぼうえいしれい

円谷プロ作品「ウルトラマン」第15話のサブタイトル。
目次[非表示]

概要

1966年10月16日放送。
実相寺昭雄監督によるウルトラマン第1回監督作品。
科学特捜隊の紅一点 フジアキコ隊員主役回。


STORY

科学特捜隊の月給日。一ヶ月分のサラリーをもらったフジ隊員は、お供のイデ隊員銀座ショッピングへ出掛けた。
だが、とても手が出せないほど真珠が値上がりしていたのだ。
宝石店の店主に聞くと、今年に入って海流と気候は例年と同じなのに、
養殖真珠が全滅に近い打撃を受けたからだという。
これを聞いたフジ隊員は原因究明のため、イデ隊員と科特隊本部に戻るのであった。

今年に入って、英虞湾・五ヶ所湾で養殖真珠に欠かせない真珠貝がほとんど死亡する事件が発生していた。
無事な真珠貝を日本海へ運ぶトラックをを混ぜたような巨大怪獣が襲った。
怪獣は、横転したトラックから投げ出された真珠貝を長い舌で吸い取っていく。
すべては、潮吹き怪獣ガマクジラの仕業であった。

ガマクジラ


この一報を受けた科特隊は出動態勢に入る中、フジ隊員の目は執念と怒りで血走っていた。

現場へ急行したジェットビートルはすぐさまガマクジラを攻撃するが、頭から噴出す熱線水流を浴びて
墜落しそうになるが、なんとか着陸に成功した。
その夜。岩場にくつろぐガマクジラを監視する中、ガマクジラの体内から真珠を消化する不気味な音が響いた。

汐吹き怪獣ガマクジラ


それを聞いたフジ隊員は思わずガマクジラに、「真珠の光を奪わないで!」と叫ぶ。その顔は怒りのあまりの形相になっていた。

翌朝。ガマクジラはさらなる真珠を求めるため、大都会へ進撃しょうとしていた。それを阻止するため、
科特隊はジェットビートルに搭載した四色の風船爆弾と電子網の空中放電でガマクジラを攻撃するが、
大暴れした勢いで、ハヤタの乗る小型ビートルが墜落炎上してしまう。
電子網から抜け出したガマクジラは、近くの海岸で遊ぶ女性達を襲い、彼女達が付けていた真珠のアクセサリーを狙い始めた。
真珠の光を欲しがるなんて」とフジ隊員の言葉をヒントにアラシ隊員は、ムラマツ隊長に真珠爆弾作戦を提案する。
ジェットビートルはガマクジラに向けて真珠爆弾を投下。爆発で悶絶するガマクジラだったが、
頭から受けた攻撃と同じ元素を吐き出し、自分の体質を強化してしまった。

腕を負傷しながらも無事だったハヤタは、合流したフジに本部から小型ジェット噴射機を送らせるように指示した。
ジェットビートルは、ガマクジラの尻尾に小型ジェット弾を打ち込む。それを見たハヤタはウルトラマンに変身し、
宙を舞うガマクジラを追って、空へ飛んだ。
空中で慌てふためくガマクジラに、ウルトラマンは頭突きで特攻。激突された潮吹き怪獣ガマクジラは爆死した。

ガマクジラが死んだ後、真珠は前よりも増して採れるようになり、フジ隊員の給料でも十分に買えるようになった。
真珠をたくさん着飾る満足顔のフジ隊員を見てイデ隊員は、
いい加減にしてくださいよフジ隊員馬子にも衣装ちゅうけどこれまるでブタに真珠ですね
そんなに真珠をたくさんつけちゃってまるで自分の方がガマクジラみたい。」と失言。
銀座でショピングを楽しむフジ隊員とは裏腹に、山ほどの荷物を持って歩くイデ隊員であった・・。

余談

  • 今回の話から、ウルトラマンはAタイプからBタイプへチェンジする。
ウルトラマン(Bタイプ) 【ニコニコ動画用イラスト】


  • Aタイプのウルトラマンとガマクジラ戦闘シーンが撮影されたが、カットされた(理由は不明)。
  • フジ隊員役の桜井浩子氏はとある本のインタビューによると、真珠と宝石は興味なく、実相寺監督のことを「ジッソーさん」の愛称で呼んでいた。
  • 後に実相寺作品の常連となった役者寺田農氏は、この回でトラック運転手の助手という端役で出演していた。独特の演出や演技指導などについては、最初はあまり良い印象は持っていなかったという。

関連タグ

実相寺昭雄 ウルトラマン フジ・アキコ ガマクジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「真珠貝防衛指令」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3321

コメント