ピクシブ百科事典

地上破壊工作

ちじょうはかいこうさく

円谷プロ作品「ウルトラマン」の22話のサブタイトル。
目次[非表示]

概要

1966年12月11日放送。
実相寺昭雄監督によるウルトラマン第3回監督作品。

テレスドン & 地底人


地上征服を企む地底人の暗躍をえかいた回。

STORY

科学特捜隊パリ本部から、特別任務を帯びたアンヌ・モーハイムが日本支部に来日。
ムラマツハヤタに「国際宇宙開発軍のロケット操縦技術指導」のため、アンヌと共にパリヘ出張するよう命じた。
翌日。ハヤタとアンヌがパリヘ出発した後、東京の広範囲で謎の電波障害が発生する事件が多発していた。
アラシイデはテレビセンターで出会った福山博士協力の元、
科特隊本部地下の部屋で、強力な磁力光波を発するライター型の小型機械を見つける。
その機械の中には、地下4万mにあるゲルマタント鉱石が使われていた。
電波が回復した後、フジはビートルに連絡するが、全く返答がなかった。

一体、誰が妨害電波を置いたのか。そして、ハヤタが消息不明のまま事件は謎に包まれた。

宇宙ビートルでパトロールから戻る途中、イデはパリへ発ったはずのアンヌを見つけた。
アラシとイデが駆け寄ると、アンヌは車に乗って逃走。追跡途中、二人は落ちていたハヤタのバッジを拾う。
科特隊本部では、パリ本部からの連絡によるとハヤタとアンヌはまだパリに到着していないという。
アンヌが怪しいと睨んだ科特隊は、ハヤタの探索とアンヌの正体を探るため、三手に分かれて行動することになった。

一方、ハヤタは、光の無い空間で夢と現実の間をさまよっていた…。

その夜。テレビセンターで張り込み中のイデは、アンヌを発見する。
逃走しようとするアンヌを取り押さえたイデは、ハヤタの行方を問い詰めようとするが、
サングラスが落ちたアンヌの顔を見て驚愕した。アンヌの目がなかったのだ。
やはり、女はアンヌでは無かった。
それと同時に、地響きと共に地中から地底怪獣テレスドンが姿を現した。

テレスドン


アンヌの正体は、地上征服を企む地底人が送り出した工作員だった。
溶岩熱線を吐きながら、夜の都市を破壊するテレスドン。
イデの要請で出動したジェットビートルはナパーム弾でテレスドンを攻撃するが、ビクともしなかった。

その頃、地下4万mの地底空間では、地底人が拘束されたハヤタに
自分達が地上世界で破壊を尽くし、人間達を奴隷にする計画を話した。
さらにハヤタがウルトラマンであることも知っていた地底人は、仮眠マスクでハヤタを操り人形にし、
ウルトラマンも地上破壊の尖兵にしようと目論んだ。
催眠状態のハヤタは、地底人に変身するように指示される。ベーターカプセルが発するフラッシュビームで
光に弱い地底人達は全滅してしまった。そう簡単に悪の尖兵になるウルトラマンではなかった。

ウルトラマンは光の子である宇宙の彼方M78星雲のからの正義の使者ウルトラマンは
たとえハヤタの意識が失っていようと光の国のスーパーマンだったのである。」〈ナレーション

地上破壊工作


地底世界から脱出したウルトラマンは、すぐさまテレスドンに立ち向かった。
肉弾戦の末、ウルトラマンは投げ技の連続でテレスドンに反撃する。
何度も地面に叩きつけられた地底怪獣テレスドンは、そのまま力尽きた。

その後、科学特捜隊本部に無事ハヤタが戻ってきたことに喜ぶ隊員達。
そこへ、絶命したはずの地底人…いや、本物のアンヌ隊員もやって来た。
彼女も本部に来る途中、地底人に拉致されたが、ウルトラマンに救出されたのである。

地底人の恐怖が去った数日後。
ハヤタとアンヌは隊員達に見送られながら、ジェットビートルで改めてパリへ旅発つのであった。

おまけ

今回活躍したテレスドンは、帰ってきたウルトラマン第3話「恐怖の怪獣魔境」にも出てくる予定であったが、
初代37話ウルトラファイトの新規撮影で着ぐるみが痛んでしまったため、地底怪獣デットンとして登場した。

地底怪獣テレスドン



実相寺昭雄 ウルトラマン テレスドン 地底人(ウルトラ怪獣)

pixivに投稿された作品 pixivで「地上破壊工作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12337

コメント