ピクシブ百科事典

ババルウ星人ババリュー

きれいなばばるうせいじん

『ウルトラマンオーブ』に登場したババルウ星人で、惑星侵略連合のメンバーの1人。
目次[非表示]

宇宙指令M774

データ

身長2m~56m
体重140kg~2万8000t
出身地ババルウ星


中村龍介人間態も担当)

概要

惑星侵略連合に属する宇宙人の1人で、メフィラス星人ノストラに高い変身能力を買われて招集された。
過去に登場したババルウ星人と同様、その変身能力は極めて高度なもので、一見すると本物と見分けがつかないほどだが、反面戦闘能力はあまり高くなく、ババルウスティックなどの武器を一切使用しなかったこともあってか、テレスドンケルビムには殆ど太刀打ちできていなかった(テレスドンは奮戦の末撃退に成功している)。
星人の姿でいる時は、時折顎に手を当てる癖がある。

また、テレスドンの出現を受けてテンパったり、攻撃を受けた際には大げさに痛がったりと、従来のババルウ星人と比べてコミカルで人間臭い挙動も特徴。

本編での活動

惑星侵略連合配下の宇宙人として、後述するにせウルトラマンオーブに化けて地球へと出現。
「ウルトラマンオーブに化けて街を破壊する様を人々に見せつけ、オーブと地球人の絆を壊す」という破壊作戦を命じられる。しかし実行に移そうとした矢先、突如現れた(ノストラも想定していなかった事態)テレスドンから自らの身を守るために必死に迎撃したところ、謀らずも逃げ遅れた少年たちを救うことになる。
テレスドンを地中に撤退させた後、正体を隠すために地球人の姿になるが、その姿をジェッタに目撃されてオーブの変身前の姿だと誤解されてしまい、名前を聞かれた際にとっさに「馬場龍次」という偽名を名乗り、何とかその場を切り抜ける。

その後、ビートル隊の基地近辺で偵察活動を行っていたところを渋川一徹に怪しまれて職質されるが、ジェッタやガイと出会ったことでやり過ごすことに成功し(ジェッタは高校の先輩だと一徹に偽証し、これ以降、彼からは「馬場先輩」と呼ばれ慕われることになる)、集まった大勢の子供達の前でヒーロー・ウルトラマンオーブのフリをする羽目になる。

ババリュウさん


地球侵略に来たつもりがすっかり子供達に「ババリューさん」と呼ばれ懐かれてしまい、正体や本来の目的を明かすことができずに困惑するババリューだったが、オーブに宛てたプレゼントを受け取ったり、更にヒーローに憧れるジェッタの思いを知ったことで徐々に気持ちが揺らいでいく。
そして人に喜ばれることの気持ちの良さを知った彼は、子供達に向けて笑顔を見せ、遊び相手になるなど性格も軟化していき、「このままオーブとして生きていく人生もありなんじゃないか」とすら思い始めるようになっていった。

だが彼による破壊作戦が遅々として始まらないことに業を煮やしたメフィラス星人ノストラの円盤が出現し、破壊作戦の開始とその手始めとして子供たちを踏み潰すように命令される。
しかし、これまでの地球人達との交流を経て、地球への深い愛着とヒーローとしての自覚が芽生え始めていたババリューは自らの意志でノストラに離反した


ノストラ「まず手始めに、その子供たちから踏み潰せ!」
ババリュー「それは…」
ノストラ「どうした? はやく踏み潰せ!!」
ババリュー「…できません」
ノストラ「なんだと!?」
ババリュー「そんなことできません。俺は今、ウルトラマンオーブなんです!」
ノストラ「お前はニセモノだっ!!ババルウ星人だろうっ!?」
ババリュー「確かに俺は、悪の星の下に生まれた暗黒星人だと思ってました。
      だけど、こいつらが教えてくれんたんです。
       運命は変えられる――俺だって、ヒーローになれるって!!


激怒したノストラはジャグラーケルビムを解放させ、ババリューの処刑を命じる。ババリューは子供達を守るために必死に戦うが、力の差は歴然であり、とうとう戦いの中で変身が解け、ババルウ星人としての姿を晒してしまう。
ババリューは、これまでオーブだと偽り騙していたことをジェッタや子供達に詫びる。

「そうだ…俺はウルトラマンじゃねぇ……。暗黒星人のババルウさ…。お前達を騙していたんだ…」
「すまねえ…所詮俺はニセモノなんだ」

しかし、子供達の反応は意外なものだった。

がんばれ! ババリューさん!
がんばってー!!

子供達はケルビムに痛めつけられるババリューを必死に応援する。
さらに、ジェッタもババリューに言葉を投げかける。

「そうだ……諦めるな! 馬場先輩!!
 あなたが誰であろうと関係ない……子どもたちに言ってくれたじゃないですか!!
 夢を追いかければ、いつかはヒーローになれる』って!
 あなたが…あなたが僕たちに夢を見せてくれたんじゃないですか!!

ババリューは、変わらずに自分を信じる彼らからの声援を受けて再びケルビムに立ち向かう。

「そうだ…おまえの言うとおりだ……ここで…諦めてたまるかぁぁぁーーーッ!!

しかし力及ばず、ついにババリューはケルビムの猛攻を前に倒れてしまう。
トドメを刺されそうになった瞬間、本物のウルトラマンオーブが登場。
助けられた後、「やっぱ、本物はすげぇや…」と言い残し、彼を追うジェッタと子供達の前から静かに姿を消していった。

その後、地球人に身を窶し、髪を黒く染め清掃員としてひっそりと生活しているところをガイに目撃されている(ババリューの方もガイに気づき、嬉しそうな表情で顎に手を当てる仕草を見せている)が、ババリューが地球で静かに生きていくことができるよう配慮してか、ガイはその場にいたジェッタにそのことは知らせず、結局、彼の消息を知るのはガイ1人のみとなった。

後の第22話「地図にないカフェ」にて登場した地球侵略目的の宇宙人御用達のカフェ『ブラックスター』で常連客だったことが店長の口から語られた。
店長によると、「昔は相当なワルだったが、今はすっかり人が変わった」とのこと。また、戦友と呼ぶほど彼のことを気に入っていたようである(これは、同じ『ウルトラマンレオ』の登場キャラクターだったことを踏まえての小ネタと思われる)。
なお、ちょうどこの頃、不穏な気配を察知した宇宙人たちが次々に地球を後にしていたことが語られているが、ババリューも地球を脱出していたかどうかは不明(仮に不穏な気配を察知したとしても、子供達に好かれ、地球への愛着を持ったババリューが、そう易易と地球と子供達を見捨てて宇宙へ脱出するなど考え難い)。

にせウルトラマンオーブ

ヒーローに憧れた暗黒星人



身長不明
体重不明

ババリューが変身したウルトラマンオーブの偽物。劇中ではスペシウムゼペリオンの姿で現れた。
変身の際のエフェクトは『ミラーマン』、効果音はウルトラマンレオのものが使われている。

外見は本物と瓜二つで、一見すると殆ど見分けがつかず、劇中でもケルビムの攻撃を受けて変身が解けるまでは誰からも正体を見破られなかった(ただし、ナオミだけは明らかに素人臭い戦い方から「オーブってあんな感じだっけ?」と不審がっていた)。

ただし似せているのはあくまで外見だけであり、ピンチに陥ってもカラータイマーが点滅しない、光線技を使用しない(使用しなかっただけなのか、それともまったく使用できなかったのかは不明)、変身時に周囲に飛散するリング状の光の色が異なり突き上げる手が左右逆になっているなどの描写はあった。

ウルトラマンと同様、一定の時間が経過したり大ダメージを受けるなどすると変身が解除されてしまう模様。

余談

  • ババルウ星人はこれまで卑劣な悪役として登場することが多かったため、半ば済し崩し的とはいえ地球人との交流を経て改心し、最終的に身を挺して地球人を守ろうとする姿まで見せたババリューの描写は、これまでのババルウ星人のイメージを良い意味で覆すことになった
    • 「地球人と友好関係を築き上げたババルウ星人」は、厳密には、これより以前にも『ウルトラゾーン』にて地球でマグマ星人と共に美容室を営んでいた個体が登場しているが、あちらはギャグ色の強い外伝作品としての側面が強いため、ここではカウントしない。
    • 偽者でありながら悪人ではなかったという点ではグレゴール人が化けたニセウルトラマンダイナおよびゲルワームが化けたニセウルトラマンコスモスに次いで3人目である。この回の「ガイのウルトラヒーロー大研究 」で「ウルトラマンコスモス」が紹介されたのは、強さと優しさを知るという今回の話のテーマとともに悪意を持たない偽者が登場したこともあるのかもしれない。
    • 上記の行動のインパクトからあまり注目されていないが、ババルウ星人が人間態を披露したのはシリーズを通して今回が初めてである
  • 人間態および声を担当した中村龍介氏は、ウルトラシリーズへの出演は「ウルトラマンネクサス」のクトゥーラに襲われた現場作業員の役以来2回目となる。また、『鎧武外伝』にて仮面ライダーブラックバロン(こちらも正義の戦士と類似した姿を持つ悪の戦士である)の変身者シュラを演じた経験があり、偽物・悪役という少々特殊な形ではあるがウルトラ戦士仮面ライダーの両方を演じた俳優の一人となった。
    • 中村龍介氏曰く、地元の友達が、自分の息子に「誕生日のプレゼント何が良い?」と聞いたら「ババリューさん」と答えたとのこと。
    • 当初、馬場竜治役にはお笑い芸人を起用する案もあったが、監督の冨田卓からの推薦によりシン役候補であった中村が起用された。
    • 中村は声のトーンに特徴があったことから、変身後の声も演じることになった。また、必死に戦うババリューの姿を見て泣いてしまい、放送後には子持ちの友達から「ウチの息子と喋ってくれ」というテレビ電話が多数かかってきた
  • この回の脚本を担当した中野貴雄は70年代ドラマによくあった「〇〇のブルース」にちなんだこのエピソードについて、「90年代からヒーローもののパロディばかり作ってきた自分が本物のウルトラマンを作っていいのだろうか」と苦悩した時期があり、ババリューの心情にその時の自分の思いが投影されていると語っている。また前作の「X」でも同様の話を考えていたが実現せず、リベンジの意味が込められているという。


関連項目

ウルトラシリーズ ウルトラマンオーブ 惑星侵略連合 ババルウ星人
メフィラス星人ノストラ ナックル星人ナグス メトロン星人タルデ ゼットン星人マドック

pixivに投稿された作品 pixivで「ババルウ星人ババリュー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17978

コメント