ピクシブ百科事典

侵略者を撃て

しんりゃくしゃをうて

円谷プロ作品ウルトラマン第2話のサブタイトル。制作第1話。 ウルトラ戦士とバルタン星人 因縁の戦いはここから始まった。
目次[非表示]

概要

1966年7月24日放送。
監督 飯島敏宏
脚本 千束北男
特技監督 的場徹
ウルトラ怪獣(宇宙人)でトップクラスの知名度を誇る宇宙忍者バルタン星人が初登場。

STORY

今回の話は、なぜか右目にアザができているイデ隊員がその経緯を語ることから始まる。
それは、38時間前 真夜中の出来事である・・・。

平和な夜だった気温も快適湿度も快適さすが夜ふかしな東京もすやすやと眠っている夜だった
だがここに不幸な男が一人いた。」〈ナレーション〉

夜の科学特捜隊本部。

大きなイビキをかいて眠るアラシ隊員のせいで、眠れずにひたすら羊の数を数えるイデ隊員
そんな時、緊急警報が鳴り響いたため、アラシとイデは作戦室へ急行。

ムラマツ隊長の話によると、
防衛基地から東京上空に強烈な電波を発する物体が飛来し、突然途絶えたとの連絡があったという。
防衛基地で調査しているハヤタの報告とパリ本部からの連携で、科学センターの御殿山が怪電波消滅地点と判明。
早速、アラシが調査へ出動しょうとするが、スリッパ履きぱなしだったため、そのことをムラマツに指摘される。

早朝の
科学センターに到着したアラシは、科特隊専用車にこっそり乗っていたホシノ君に本部への通信係を任せて
内部に入ると、硬直しているセンター職員を目撃する。
ホシノ君に本部へ連絡するよう指示したアラシは警戒しながら、センター奥の階段を上がると
突如、奇怪な宇宙人が出現。両手のハサミから赤色凍結光線でアラシも固まってしまった。
センター内部に、分身能力で暗躍する宇宙人の不気味な笑い声が響く。

フォッフォッフォフォッフォッフォフォッ・・・」

到着したハヤタと防衛隊員もセンター内部へ入るが、再び奇怪な宇宙人が襲い掛かる。
ハヤタはスーパーガンで銃撃するが、宇宙人は姿を消してしまう。

その後、防衛会議が召集され、宇宙人対策について会議する科特隊と防衛軍。
防衛軍の幹部は、最新核兵器「はげたか」使用と対し、ムラマツは宇宙人との対話を提案。
最初は非難と反対の声が多かったが、他にいい案がなかったため、結局採用となった。

夜。宇宙人の交渉役としてイデが選ばれ、ハヤタと共に科学センターへ向かう一方、
万が一に備えて、最新兵器はげたかの発射準備が進められた。
科学センターに到着したイデとハヤタは、何度も確認を取りながら内部へ潜入。
ハヤタと分かれたイデは、スパイダーを手に恐る恐る奥へ進むと、奇怪な宇宙人が現れた。
緊張するイデは宇宙語キエテコシキレキレテ(僕・君・友達)を話そうとするが、高速移動分身で翻弄され、
パニックになり訳の分からない宇宙語を連発。宇宙人は怯えるイデを科学センターの屋上へ誘導させた。

屋上に連れてこられたイデの前に、アラシが出てきた。しかし、何か様子がおかしい。
イデの宇宙語が全然わからなかったため、宇宙人がアラシの頭脳を借りて会話するという。
そこへ、ハヤタが駆けつけ、イデの代わりに宇宙人と交渉を開始した。

奇怪な宇宙人の正体は、宇宙忍者バルタン星人だった。

バルタン星人の故郷バルタン星は、ある発狂した科学者の核実験が原因で爆発してしまった。
宇宙旅行中だった残党は帰る場所を失い、仕方なく生存できる天体を求めたのだが、
宇宙船が故障しまい、その修理のため近くにあったM240惑星(地球)に立ち寄ったという。
透明宇宙船の中には、代表以外20億3千万人のバルタンがバクテリアの大きさになって眠っていた。

ハヤタは火星へ移住を勧めるが、バルタン星人にとって有害なスペシウムがあるため拒否される。

結果、交渉決裂。アラシを解放したバルタン星人は赤い閃光と共に巨大化し、地球侵略を開始した。

侵略者を撃て!


アラシとイデを逃がしたハヤタだったが、バルタン星人の攻撃によって吹き飛ばされ、
その衝撃でベーターカプセルを科学センターの窓際に落としてしまう。

バルタン星人に防衛軍の最新兵器はげたかが直撃し、一度は倒れたと思っていたが、再生脱皮能力で復活。
腕のハサミから白色破壊光弾を発射して、ビル街と工業地帯を次々破壊した。

ハヤタは、覚悟を決めて科学センター屋上から飛び降りた。
落下途中に窓際にあったベーターカプセルを拾い、ウルトラマンに変身。

すぐさまウルトラマンは空を飛び、バルタン星人と激しい空中戦を繰り広げる。

地上に降りたウルトラマンは飛行中のバルタン星人に向け、腕を十字に組んで光線を発射。

ウルトラマン


火星物質「スペシウム」の光線を浴びたバルタン星人は墜落炎上。
科特隊本部のモニターを見ていたフジ隊員により、ウルトラマンの必殺技「スペシウム光線」が命名される。

ウルトラ眼光


ウルトラマンは目の透視光線でバルタン星人の宇宙船を発見し、宇宙空間へ運んで爆破。
宇宙忍者バルタン星人の地球侵略はここに潰えたのであった。

最後に、イデが視聴者に右目のアザの理由を話す。

事件解決後。
今度は逆に、大きなイビキをかいて眠るイデ隊員のせいで、眠れずにひたすら羊の数を数えるアラシ隊員。
イデはベットの上から転落してしまい顔面を強打、右目がアザになった。「!」と爆笑するイデとアラシで幕を閉じる。

たが、そう簡単にあきらめるバルタン星人ではなかった・・。

おまけ

1979年7月21日に劇場公開された「ウルトラマン怪獣大決戦」では、
本編の空中戦の途中に、東京・聖徳記念絵画館前での地上戦が新規撮影された。

Cタイプさん



円谷プロ ウルトラマン 侵略者を撃て バルタン星人 スペシウム光線

pixivに投稿された作品 pixivで「侵略者を撃て」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37001

コメント