ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

変身ヒーローヒロインが変身によって常人を超えた強大な力を得るのであれば、敵方がそれを阻止しようと考えるのは当然の策である。
その具体的な方法としては、

変身ポーズの途中を攻撃し、中断させる。
・変身システムの作動を阻害する。
変身アイテムを奪う、あるいは破壊する(トップ絵はウルトラアイを奪ったマゼラン星人マヤ)。

といったことが挙げられる。
これが効果を発揮すれば、ヒーロー/ヒロインは変身不能の状態に陥り、ピンチに見舞われることになる(最終的には、ピンチから救われる展開になる)。
戦いを有利に運ぶために敵側が仕掛けることがほとんどだが、稀には危険な戦いに巻き込まないために仲間の側が変身を邪魔することもある。例として、『魔法少女まどか☆マギカ』で、鹿目まどかが魔法少女に変身しようとした美樹さやかソウルジェムを奪って投げ捨てたケースが挙げられる。

「変身システムの作動を阻害する」パターンは、ウルトラシリーズで見られる「異空間にいる影響で作動しない」というパターンがわかりやすい。なお同シリーズでは「変身アイテムを奪う」パターンがある種の王道的展開となっている。

変身妨害対策

うち最初の「変身ポーズ中に攻撃する」は、しばしば「何故やらないのか?」と視聴者から突っ込まれる点で、普通のある人気漫画のキャラからも「やると分かっている明らかなパワーアップをなぜ黙って見てなきゃならない」と名言まで残してしまう程で、実際に変身を中断させている。まあ、こちらは変身ヒーロー/ヒロインではなく普通のバトル漫画であるため、もちろん、相手ある概念による攻撃同士が衝突しただけで天変地異を起こしてしまう程の元から非常に高い戦闘力を有している。変身も修行中に編み出し、トリッキー過ぎた方法をとるのではなく、本人の力で行っており、通常時では倒せない敵でないと使用することも全くない(仮にこれを実力者ではなく、常人に食べさせたら、超人的な身体能力が強化されるなどの強力な変身アイテムとは全く異なるため、人並みの実力では単純にカナズチになるというデメリットが追加されて終わるのがオチである)。また、他の人気バトル漫画にも「隙だらけだったからな。問題あるか?」と言い、魔女への変身を中断させた人物が存在するが、こちらもバトル漫画であるため、妨害された者の元からの戦闘力は一応それなりにある。そのため、いずれの漫画もこの記事にはあまり関連しない。そもそも、基本的にバトル漫画に登場する実力者は、偶然得た他の強大な力で強くなって戦うことを好まない上に、仮に戦闘のほとんど役に立たないような力の弱いアイテムだろうが本人の力が強いため、さらに強力な武器になるか、ただの飾りになってしまうかのどちらかになるだろう

実際には、『仮面ライダーV3』を例にとってみれば、変身ポーズの最中にマシンガンを撃ち込んだマシンガンスネークだとか、直接対決時にポーズ中を執拗に攻撃してなかなか変身させなかったドクトルGなど、既遂者は少なからず存在する。にもかかわらず、「変身中は攻撃しない」のはお約束のように語られることも多い。

一部の文献には「戦闘の達人なので、敵に妨害されないで変身を完遂する機を見てとるのに長けている」などと説明されているものもある。また、「変身が極めて短時間で完了するので、敵が妨害する隙が無い」とか、「変身の最中に発生するエネルギーが敵を跳ね飛ばす」などで、敵が変身妨害できない理由を合理的に設けている作品も見られる。
(特に後者はその変身妨害対策すら打ち砕かれたことがあったため、視聴者の度肝を抜いた)
ちなみに、ヒロインものでは前者、近年のヒーローは後者の変身妨害対策が多い傾向にある。

尤も、近年のスーパーヒーロータイム作品では、俳優の生身アクションを撮りたいという身も蓋も無い理由から、敵戦闘員格闘技で倒しながら変身させるパターンが増えている。

注意点

このタグが付けられたイラストは、どういうわけかR-18指定のものが異常に多い。これは変身ヒロイン魔法少女の変身を邪魔することで、その途中で見られるある姿を堪能しようという意図のもとで描かれたものが少なくないからであろう。検索には注意が必要である。

関連項目

変身 変身失敗 変身不能

他の関連項目

約束を破った人物(バトル漫画)
シャーロット・カタクリ:少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物。上記の通り、ルフィのギア4への変身を妨害し、名言まで残した。
人造人間17号:少年漫画『ドラゴンボール』に登場する人物。上記の通り、「超(スーパー)」では魔女への変身を妨害し、妨害された者達は邪魔されたことで激怒した。

関連記事

親記事

変身 へんしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「変身妨害」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201406

コメント