2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ダークバルタン

だーくばるたん

ダークバルタンとは、『ウルトラマンマックス』に登場するバルタン星人の名称である。
目次[非表示]

「君たちがいつも宇宙に呼びかけている言葉を私にもどうだ?ようこそ!地球へ」
「残念ながら…バルタンの科学ではクローン技術など初歩の初歩、お茶の子さいさいなのだー!」

データ

  • 身長:ミクロ~51m(巨大化時357m)
  • 体重:0.1g~3万9千t(巨大化時27万9千t)
  • 別名:超科学星人
  • 出身地:バルタン星
  • 演/声:尾崎右宗

概要

第33話「ようこそ!地球へ 前編 バルタン星の科学」
第34話「ようこそ!地球へ 後編 さらばバルタン星人」に登場。
核戦争によって荒廃した母星に変わる新しい惑星を手に入れるためならば侵略も辞さないという超過激派バルタン星人
外見は初代バルタン星人に似ているが、ダークの名の通り少々黒ずんでいる。また、初代とは異なり、本作のバルタン星人は元々は地球人と極めてよく似た姿をしていたが、度重なる核戦争によって今の姿に進化したと言われている。

新たな母星候補に地球を選び、「地球を汚しつくしたら次は月や火星を我が物にしようとする宇宙の侵略者」こと地球人類から地球と宇宙を守るという言葉を大義名分に、地球攻撃を開始した。
バルタン星の超科学を利用した様々な能力を持っており、街ひとつをも呑み込む重力操作攻撃「グラビティフォール」、鋏から発射する怪光線「ヒートブラスター」や相手を拘束するリング状の光線、357mにまで超巨大化し踏み潰す「ギガンティックプレス」、光線技を跳ね返すスペルゲン反射鏡、鋏に敵の攻撃を蓄積して撃ち返す能力、果てはクローン技術を応用した分身や自己再生能力まであり、特に自己再生能力は腕を切られた瞬間からゲル状の物体がつなぎとめて再生、体をバラバラにされるほどの攻撃を受けてもすぐに再生してしまい、下手をするとその破片から別のダークバルタンが生まれるという、ほぼ不死身レベルのものになっており、かの完全生命体とは別の意味でキリがない
本人曰く、「バルタンの科学はウルトラの星の科学を超える」とのこと。バルタン星の科学には相当なまでの自信を持っているようで、やたらと自分の能力を自慢する。

ウルトラマンマックスに対しては超巨大化して「無理してここまで巨大化すれば君のエネルギーは1分とは持つまい!」と挑発し超巨大化対決に持ち込む。格闘戦ではやや押され気味だったが、瞬間移動や自己再生能力で必殺技をことごとく回避・無効化し、エネルギー切れに追い込み自滅させる形で圧勝した。

2回目の戦いでも大量の分身を出現させ、対抗して同じく大量の分身を生み出したマックスとの大乱戦においてもギャラクシーカノンを跳ね返すなど終始優位に立ったが、タイニーバルタン達が古代バルタン星の銅鐸が奏でる「和みの音」を聞かせたため元の優しい心が戻り戦意を喪失。
ダテ博士の開発したDASHの新兵器「メタモルフォーザー」で本来の姿に戻り、タイニーバルタンと共に地球を去った。

様々な能力を使用してマックスを敗北させ、ブーストがかかった二度目の戦闘でも圧倒していた(恐らくタイニーバルタンの援護がなければ敗北していた)ことから「歴代最強のバルタン星人」とも言われている。

この後、バルタン星人が敵として描かれたエピソードは、現在の時点では制作されておらず、(再編集番組を除く)平成のテレビシリーズに敵として登場した唯一のバルタン星人となった。

アーケードゲーム

大怪獣バトル

NEOより参戦。『マックス』初出の怪獣では唯一の参戦である。
必殺技は「グラビティフォール」「ギガンティックプレス」「ヒートブラスター」の3つ。

ウルトラマンフュージョンファイト!

こちらも『マックス』初出の怪獣では唯一の参戦。
初代と異なりオーブクリスタルつきのカードはなく育成は不可能。
しかしカプセルユーゴー2弾にて再登場。こちらのカードはウルトラカプセルの育成効果を受けられる(ちなみに初代にもカプセルユーゴー弾対応のカードはあるが、こちらはカプセルユーゴー3弾になるまではカプセルユーゴーウエハースの付録でしか手に入らない)。
本作での属性は「風」。

まさかの再登場?

ウルトラマンネオスが登場したことで話題になった台湾のロックバンド『Mayday』のMVだが、円谷公式ホームページによれば今回登場したバルタン星人はダークバルタンだったとのこと。

今回のMVに登場したバルタンは声が初代とは違い、スペルゲン反射鏡を装備していたため一部の視聴者からは「これってダークバルタンじゃない?」とは言われてはいたものの、公式ホームページでの明言には驚きの声も多かった様子。

今回のMVに登場したダークバルタンはネオスに倒されているもののかなり苦戦させており、公式ホームページに記載されている通りの強敵には間違いないと言える。

余談

頭部の電飾は初代のスーツのものを再現したもの。電源の位置のみ頭部から背中に変更している。

分身したバルタン星人が空を埋め尽くす様は、飯島敏宏が40年間温めていたイメージだった。また、当初制作されたCGではバルタン星人は10体程度だったが、飯島の指示により大幅に増やされた。

2021年にYouTube公式チャンネルにて登場エピソードが配信された際は、奇しくも前週に『ウルトラマン80』第45話「バルタン星人の限りなきチャレンジ魂」が配信されており、3週連続でバルタン星人がYouTubeに登場する事になった。

関連項目

バルタン星人 ウルトラマンマックス ウルトラ怪獣 タイニーバルタン
ケムール人:ラジオドラマ版での設定に共通点が見られる。

関連記事

親記事

バルタン星人 ばるたんせいじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20041

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました