ピクシブ百科事典

史上最大の侵略

しじょうさいだいのしんりゃく

特撮番組『ウルトラセブン』におけるエピソードの一つ。
目次[非表示]

概要

今なお名作として語り継がれる『ウルトラセブン』の最終話のタイトル。後年の平成ウルトラシリーズで見られる2話続編のエピソードとなっている。

あらすじ

度重なる侵略者との戦いにより疲弊したウルトラセブンことモロボシ・ダンは、セブン上司からM78星雲へと帰還するよう命じられる。

そんな中ダンは、定時制の宇宙パトロールにて失態を犯し、謎の飛行物体の侵入を許してしまう。

地球上にて降り立った飛行物体の所へ出動したウルトラ警備隊。分散して攻め入るも、突如現れたゴース星人によりアマギが拉致され、さらに飛行物体から怪獣パンドンが出現。ダンは命令を無視してセブンに変身し、衰弱によるパワー半減に苦戦しながらもパンドンを撃破。しかし、その直後意識を失ってしまう。

それから数時間後、全世界ではゴース星人による地球侵略の序曲が始まっていた。正体を悟られまいと感じたダンは基地から脱走し、再びセブンに変身しようとするも、セブン上司の呼びかけに一瞬留まる。そこへ彼を探しにウルトラ警備隊の紅一点・アンヌが駆けつける。そして・・・

『アンヌ,僕はね…』@ウルトラセブン最終


アンヌ「・・・ダン?」
ダン「アンヌ!僕は、僕はね・・・人間じゃないんだよ・・・!M78星雲から来た、ウルトラセブンなんだ!」
ダン「びっくりしただろう・・・?」
アンヌ「ううん。人間であろうと宇宙人であろうと、ダンはダンに変わりないじゃないの。たとえ、ウルトラセブンでも・・・。」
ダン「ありがとう!アンヌ!」

意を決したダンはアンヌに自らの正体を明かした。そして、アマギの救出と最後の戦いへ挑むためにセブンに変身し、ゴース星人のアジトへと乗り込む。アジトはウルトラ警備隊の活躍により見事崩壊する。

立て続けにセブンはパワーアップした改造パンドンと対決。ウルトラ警備隊の手助けもあり、パンドンに止めを刺す。戦いを終えたセブンは最後の力を振り絞り、地球を旅立って行った。

隊員達が明けの明星を見つめるその先には、まるで微笑んでるかのごとくダンの顔が浮かび上がっていたのだった。

関連イラスト

アンヌ、僕は・・・僕はね、
ウルトラセブン 第49話「史上最大の侵略 後編」



関連タグ

ウルトラセブン ウルトラシリーズ最終回(昭和編) ゴース星人 パンドン

pixivに投稿された作品 pixivで「史上最大の侵略」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8030

コメント