ピクシブ百科事典

木梨猛

きなしたけし

かいわれまきまき、ネギトロまきまき、巻いて巻いて、手巻き寿司~ ノリダーカーニバル&フェスティバール!!
目次[非表示]

仮面ノリダー・木梨猛は改造人間である。彼を改造したジョッカーは、世界征服をたくらむ悪の秘密結社である!!
「やめろぉ、ジョッカー!!ぶっとばすぞぉ~!!」

概要

本作の主人公で、仮面ノリダーに変身する男性。主題歌によると年齢は28歳。
元はごく普通の青年であったが、悪の秘密結社:ジョッカーに拉致されて手術を受け、改造人間:仮面ノリダーとして生まれ変わった(このあたりの経緯はオープニングで断片的に描写されているのみ。お馴染みの「ぶっとばすぞぉ~!」という台詞もこの時にジョッカーに対して言い放ったものである)。

かくして、木梨猛は二度と元の肉体に戻れない悲しみを抱えながらも、ジョッカーとの戦いに身を投じていくことになり、ジョッカーから差し向けられる怪人たちを相手に奮闘していくこととなる。

終盤では自分自身の体の中の機械に故障が起きてしまい(このことから、木梨猛は生体改造された改造人間ではなく、機械を埋め込まれた、一種のバイオサイボーグであったということになる)、最終話で遂に限界まで追い詰められてしまうが、この事を予知した猛はジョッカーに襲われ重傷を負った一文字マモルを救助し、仮面ノリダーV2に改造している。

キングジョッカー男を道連れに宇宙に散ったかと思われていたが、V2最終回で地球に帰還し、立花のおやっさんの跡を継いでアミーゴを経営する。そしてラッコ男とファンファン大佐によって復活したジョッカーを壊滅させ、最終的にヒロインのマリナと結ばれた。

ノリダーに変身したのちは、光線技「ノリダーカーニバル&フェスティバル」、ライダーキック「ノリダーキック」や、「ノリダーヘッドバッド」、ジョッカーのみなさんや怪人を突き落す「ノリダー海」「ノリダーあれを取ってきなさい」、2段変身「スーパーNORIだー」などの技を使う。

カーニバル


他に、フォーゼより先に磁力技を使ったり(「恐怖レンタルビデオ男」)、仮面ライダーJより先に巨大化したり(「恐怖ヒゲゴジラ男」)、ディケイドより先に分身したり(ノリダー最終回)、など、平成ライダーの魁とも言える要素が満載である。

余談

元ネタは本郷猛。本家を忠実にパロディしている。
ただし、本郷はとにかくストイックだが、木梨猛はマリナさんに猛烈に惚れている(マリナさんも猛のことが好き)ことが最大の違い。
しかし、時折改造されてしまったことに対する悲しみをふと漏らすこともあり、苦悩するシーンがある。このあたりは本郷と同じだと言えるだろう。

変身する前に、ラッコ男をはじめとした「恐怖○○男」に殴られる(ちなみに、本郷もヒルカメレオンに、変身ポーズを取る際にベルトを凍結され、最大のピンチに陥ったことがある)のと、「向こうで勝負だ!!」と言って跳ぶ際にお互いに蹴りを入れあうのがお約束
立花藤兵衛に、アミーゴに駆けこむたびに水を要求し、「植物よ、でっかくなーれ!!」もお約束(次第に、「いや、水はいらん。みろ、お前のせいでこんなに大きくなっちまって……。」と立花が返し、「植物も生きているんだなぁ……」というのもお約束になった。

関連タグ

仮面ノリダー 木梨憲武
仮面ライダーzx:こちらは逆に仮面ライダーSPIRITSではダブルライダーの戦友スーパー1から仮面ライダーと認められながら当初仮面ライダーであることを否定した










































以下、重大なネタバレを含むので、注意!!






















劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』にまさかのゲスト出演

ぶっとばすぞぅ!


クォーツァーの首魁の罠に嵌められ、牢獄に閉じ込められた常磐ソウゴの隣室に「ぶっとばすぞぉ~」というお馴染みの台詞と共に突然現れる(そのためソフトのチャプターでも「ぶっとばすぞぉ…!」表記)。
ソウゴに素性を問われた際には、「平成の時代、悪と戦った改造人間さ」と言い、仮面ライダーなのかと聞かれると「いや、俺はライダーに認められなかった」とだけ回答した。本名は明かさず、「仮面ノリダー」の姿への変身も一切しなかった。
「木梨猛」という名前はエンディングクレジットでのみ表記され、その後に“in memory of a legendary Kamen hero”というフレーズが付加されている。

クォーツァーの策略によって王として祭り上げられ、平成ライダーたちの力を奪うためにまんまと利用されていたことを知り、気落ちしていたソウゴを目にすると、「ライダーに選ばれなかった奴なんてごちゃまんといる」「ライダーとして選ばれたおまえには、ライダーとして戦う責任がある」と述べてソウゴを叱咤激励する。しかし、これを聞いたソウゴが顔を上げた際には姿を消してしまっていた。

当初はソウゴが見た幻ではないかと思われたが、実は牢獄からジオウをはじめとする平成ライダーたちの戦いを見守っており、ライダーたちが激闘の末にクォーツァーの首魁が変身した仮面ライダーバールクスを撃破するのを目にした際には、大喜びしていた。

ちなみに作中ではなぜ仮面ライダーですら無い彼が牢屋に捕らわれていたのかは最後まで言及されなかったのだが、
仮面ライダーバールクスのモチーフである、歴代ライダーの中でも最強候補と名高い仮面ライダーBLACKRXにとっては下記の通りある意味最も戦いたくない天敵に近い存在という事で万が一を考え封印せざるを得なかったとファンからは考察されている。



なお、『平成ジェネレーションズFOREVER』における野上良太郎(演:佐藤健)と同様、木梨猛が登場することは劇場公開されるまでトップシークレット扱いになっており(試写会でも木梨の登場シーンはカットされて放映され、エンディングクレジットも別バージョンに差し替え)、パンフレットにも木梨に関する記述や写真はおろか、本作のキャスト・スタッフのクレジットすらも一切掲載されていない。そして、劇場公開初日の第1回目の放映終了後に初めて情報が公開された。

ただし、木梨のインスタグラムにおいて2019年4月18日に頭だけヘルメットをかぶりメイクしたノリダーに扮した彼の画像が投稿されており、実はこれ自体が今回のゲスト出演の暗喩だったのではないかともされている。それ以前にもよみうりランドのジオウのヒーローショー限定で登場したアナザーライダーの「ノーライダー(NO RIDER)」がノリダーに酷似したデザインだった話題もあった。

元々『仮面ノリダー』は東映側に無断で製作されたパロディ作品であり、それも一因となって過去に東映側と揉めたという経緯があった(詳細は『仮面ノリダー』の記事の「公式か否か?」の項を参照)ことから、ファンの間でもノリダーが登場することが発表された際にはすさまじい衝撃が広がることとなった結果、TwitterトレンドYahoo!の検索ランキングの上位に「仮面ノリダー」や「ノリダー」がランクインするという珍事が起こっている。
登場できたのはこの劇場版作品が平成ライダー最終回と銘打たれたこと、さらに2013年に東映が仮面ノリダーの商標権を取得したことが大きかったのではないかと言われている。
また、ノリダー自体が「昭和ライダーを終わらせた原因ではないか」と言われることもあり、その一方で昭和時代末期~平成時代初期に人気と知名度を誇り、ひいては仮面ライダーを当時世間に浸透させた影の功労者でもあると言えるため、今の平成ライダーへの道を繋ぐ存在だったのではないかとされることもある(実際、木梨氏も自身のラジオ番組の中で「オファーがあったのは、仮面ノリダーが昭和から平成を跨いで放送されたのもあったのではないか」とコメントしている)。
それを考えると平成時代の仮面ライダーシリーズの締めくくりである本作で登場したことは大いに意味があったと言えるのではないだろうか。

ともあれ、何の前情報もなしに第1回目の放映を観ることになったファンが度肝を抜かれたことは言うまでもなく、都内のとある劇場では、木梨が登場した瞬間驚きの喚声や笑い声が上がったという。
その一方で、展開から30年もの年数が経ってしまったことや、上記の無断制作が原因で当時の東映から映像ソフト化禁止を言い渡されてしまった作品であるため、他のレジェンドと違いビデオや配信などで気軽に知れる作品でもないために、最後まで誰かわからずポカーンとしていた劇場もあるなど、場所や客層によってかなりの温度差があったこともSNS上等で報告されている。
児童層や10代のファンは元より、『ノリダー』をお茶の間で観る機会がなかった20代~30代前半の視聴者の中にも木梨がどういったキャラクターなのかわからず困惑する者が多かったとのこと。
直近の特撮作品では、ジオウ序盤の後番組である快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーにおいてノリダーのパロディが登場する回があり、そこからノリダーを知った者は何とかネタについていけたという。

情報解禁後に放送されたラジオ番組「木梨の会」ではさらなる裏話が披露され、

  • オファーがあったのは映画の撮影が開始される1か月前だった(オファーが撮影の1か月前というのには一応前例がある)
  • 出演オファーは、当時『とんねるずのみなさんのおかげです』を放送していたフジテレビを通してではなく木梨本人に直接来た(上記の通り、ノリダーの商標権を現在東映が所持しているためと思われる)
  • これを知った港浩一が大喜びしていた(元フジテレビ常務で現共同テレビジョン社長でもあり、ノリダー放送時における「みなさん」の演出・プロデューサー・ディレクター)。
といったことが明かされた。

また、木梨はソウゴ役の奥野壮に「奥野くん、仮面ノリダーって知ってる?」と尋ねたところ、「すいません、知らないっす」と言われてしまったとのこと(奥野は2000年生まれで、『ノリダー』の放送が終わってかなり経ってから生まれた世代なので、知らなくても無理はないのだが…)。

関連記事

親記事

仮面ノリダー かめんのりだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「木梨猛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65178

コメント