ピクシブ百科事典

世界大戦争

せかいだいせんそう

『世界大戦争』とは、東宝製作の特撮パニック映画。
目次[非表示]

概要

1961年公開。
第三次世界大戦の勃発した世界を舞台に、市井に生きる人々の姿を通して描く反戦映画。

当時はベルリンの壁構築、翌年のキューバ危機等に代表されるように、東西冷戦の世界的に緊張していた時期であり、映画の中でも反映されている。無駄な刺激を与えないよう資本主義陣営を「連合国」、社会主義陣営を「同盟国」と表記しているが、脚本段階ではアメリカ等実際の国名が表記されていた。

監督は戦争映画、サラリーマン映画で実績を得ており僧侶でもある松林宗恵。プロデューサーに田中友幸。特技監督に円谷英二、音楽に団伊玖麿と戦記物の黄金スタッフで構成されている。また映画『私は貝になりたい』のドラマ版と映画版双方で主演を担当していたフランキー堺が主演を務める。

昭和36年芸術賞受賞作。

あらすじ

第二次世界大戦の敗戦から16年。復興していく東京で田村茂吉は記者クラブの運転手をしながら生活の糧を稼ぐ日々を過ごしていた。そんな中、茂吉の娘の冴子が田村家に下宿している高野という青年と結婚する事を告げる。茂吉はどうするべきか思い悩んでいた。

一方、世界は「同盟国」と「連合国」の二つの勢力に分かれて武力衝突の危機が迫っていた。北太平洋で行われていた同盟国ジネ位の軍事演習エリアに連邦国の潜水艦が侵入したのを皮切りに、朝鮮半島では小型核兵器を使った紛争が勃発し、各国で核ミサイルの誤射や爆発事故が多発する。
日本では総理が病の実を押して公務し、各国の良識のある人々の努力によって何とか戦闘の危機だけは回避されていた。韓国と北朝鮮で休戦協定が結ばれ、緊張が瓦解されようとしていた矢先、北極海上で発生した戦闘機同士の戦闘によってついに第三次世界大戦が勃発する。

日本にも核ミサイルが発射される警戒が始まり各地で大パニックが起こる中、田村家では冴子と高野結婚を祝って最後の晩餐が開かれていた。
そしてついに東京に核ミサイルが発射される。

関連タグ

東宝特撮

pixivに投稿された作品 pixivで「世界大戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント