ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シールズドラモン

しーるずどらもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次 [非表示]

データ編集

公式設定

世代成熟期
タイプサイボーグ型
属性ウィルス
必殺技デスビハインド・スカウターモノアイ

概要編集

コマンドラモン100体をふるいに掛ける特殊選抜試験「セレクション-D」を合格した1体のみ進化することが出来るといわれているサイボーグ型デジモン。

目視で捕らえることが不可能に近い速度での移動が可能であり、迷彩機能や銃などを装備していた進化前とは打って変わって、装備品はナイフ一本だけで後は体術のみで「目標」を仕留める能力を持ち、主に暗殺を任務としている。

必殺技は『スカウターモノアイ』で一瞬のうちに相手の急所を計測し、その急所に極限まで研いだナイフを突き刺す強烈な一撃『デスビハインド』


アニメでの活躍編集

デジモンクロスウォーズ&悪のデスジェネラルと七つの王国編集

デジモンアニメシリーズでは、今作が初登場となる。第一話のタイキが見た夢の中でタンクモンライノモンミサイモンマンモンミノタルモンバルブモントループモンらと共にバグラ軍の雑兵として登場。シャウトモンX4「スリービクトライズ」で他の雑兵諸共消し飛ばされた。その後も第38~39話にてスプラッシュモンが作り出したドリッピンが動かしている作り物や第54話にて本物が最終決戦の人間界にも登場している。


デジモンゴーストゲーム編集


「neun・neun・zwei(992)」

「まだ…たかが…1000……。数を増やす……誰でも良い…数を……。数だけが大事だ……」


CV:神奈延年

第13話に登場。

暗殺者養成試験「セレクション-D」で合格・進化を果たした暗殺デジモン。

額へのナイフ投擲でどんなターゲットも一撃で仕留める暗殺技術を持ち、その危険性からデジタルワールドでも『デア・シャルフリヒター(ドイツ語で「処刑人」)』という都市伝説として恐れられていた。


その目的はキルスコアを増やすこと。誰かの指令を受けた訳でなく個人で無差別に暗殺を行い、ただ殺害数を増やせれば誰でも良いという危険思想の持ち主で、人間の世界における「無差別大量殺人鬼」そのもの。くぐもった声でドイツ語で殺害数を淡々と呟く様は、まるで感情無き殺戮マシンである。


物語のスタート時点で既に991体のデジモンを殺害済みであり、そこからゴリモンサラマンダモンフライモンモノドラモン2体と成長期アーマー体を問わず順調にキルスコアを稼いでいく。

そして1000体目のターゲットとして着物を物色しに来たジェリーモンを襲撃するが、囮としてジェリーモンを尾行していた一行に包囲され戦闘になる。

それでも自身の暗殺技術を活かせるフィールドで物陰に隠れつつ動き回りながらナイフを次々と投擲し宙達を逆に圧倒。更には新たなターゲットにされたガンマモンを庇ったボコモン先生を死に至らしめデジタマに戻らせてしまう。


ところが、その慟哭で暴走したガンマモンがグルスガンマモン暗黒進化

結果そのまま手も足も出ず捕らえられ、自分の目的を自白させられた後に『デッドエンドスキュアー』で頭部を貫かれ死亡。

無意味な殺意のまま他者に強いてきた「殺戮と死」を自身も受けると言う因果応報な最期を迎えた。


今まで『ゴーストゲーム』では被害者も生存していたり、原因となっていたデジモン達も『和解する』『懲らしめる』などといった方法で殺害せずに解決していたのだが、この回によって初の死者が出ることになった。


漫画での活躍編集

削除部隊の一体。コマンドラモン100体の中から選抜されたエリートらしい。

ピッコロモンの住むパタモンの村を襲撃し、トコモンを人質に取っただけでなく、ナイフをピッコロモンに突き立てて「妖聖様の骨つき肉」と罵る卑怯なデジモンだが、ツルギの怒りのデジソウルに呼応したアグモンのベビーバーナーを受けて自分がトカゲの丸焼きになって敗れるという自業自得の末路を迎えた。


進化ルート編集


関連タグ編集

デジモン 成熟期(デジモン) ドラゴン サイボーグ ナイフ 軍隊 暗殺


D-ブリガードのデジモン

ボムモン ミサイモン コマンドラモン タンクドラモン ダークドラモン ハイコマンドラモン カーゴドラモン ブリガードラモン

関連記事

親記事

コマンドラモン こまんどらもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4028

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました