ピクシブ百科事典

リヴァイアモン

りゔぁいあもん

デジタルモンスターに登場する七大魔王と呼ばれるデジモン。
目次[非表示]

概要

七大魔王の一体で嫉妬を司る。
長い顎と二つの尾を持つ巨大なワニの様な姿をしたデジモン

余りにも強大な力を持つことへの恐怖から“悪魔獣”と呼ばれ、頂点に位置する如何なるデジモンをも見下し、一度目覚めれば天使型デジモンはおろか、他の魔王型デジモンすら恐れ逃げ出すという、デジタルワールドに巣食う根源的な悪の存在だと言われている。

デジモンとして解読できる限界の存在で、姿を現すことは皆無に等しく、ダークエリア付近のネットの海底に眠っていると伝えられる。

レベル究極体
タイプ魔王型
属性ウィルス
必殺技カウダ(ラテン語で尾)、ロストルム(嘴)、アニマ(息。TCG初出)

リヴァイアモンX

翼腕が背中から生え、有り余るエネルギーを噴き出す事で飛行能力を得た。顎は三つに分割、尾は触手状の二つの尾とエネルギーを吹き出す尾の三つに変化し、陸海空の全てが自身の餌場となった。

自身が内包するエネルギーが頂点に達し、“嫉妬の冠”が輝いた時、三本の角から超強力な雷を放ち、大陸を海に沈めると言われる。

レベル究極体
タイプ魔王型
属性ウィルス
必殺技カウダ・モルティフェラ(スペイン語で凶器)、ロストルム・トリアデンス(ラテン語で三つの歯)、セブンス・ライトニング

余談
七大魔王で唯一の四足歩行デジモンである。

活躍

デジモンクロスウォーズ

デジメモリで実体化することで登場したが、悪の大魔王ではなく、伝説の勇者ということになっていた。最終決戦でも登場する。

余談ながら、デッカードラモンとは様々な意味で相対的な設定を持つ。

・共にワニ型の巨大なデジモン
・共に尻尾が少し異質
・共に究極体以上の伝説の存在
・クロスウォーズでは一応だが同陣営
・本来の設定では、悪・破壊のリヴァイアモンと愛・協調のデッカードラモン
・技を含めて、あくまで生物的なリヴァイアモンに対して徹底的な機械型であるデッカードラモン

関連タグ

七大魔王 嫉妬

レヴィアタンリヴァイアサン-元ネタ。日本語聖書などでワニと訳されることもある。

サルコスクス-白亜紀前期に生きていた巨大なワニ

関連記事

親記事

七大魔王 ななだいまおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リヴァイアモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52343

コメント