ピクシブ百科事典

ダゴモン

だごもん

ダゴモンとは、デジタルモンスターに登場する完全体デジモン。
目次[非表示]

概要

世代:完全体
タイプ:水棲獣人型(または邪神型)
属性:ウィルス
所属:ディープセイバーズ
異名:海底の破壊僧
必殺技:フォービドゥントライデント
得意技:サウザンドウィップ

初登場はデジモンペンデュラム2.0ディープセイバーズ。
舟の方向を狂わせるコンピュータウィルスから誕生した。
首から数珠のようなものをぶら下げており、戦いに勝利するとそれを持って倒した相手を弔うようなポーズを取ることから「海底の破壊僧」の異名を得た。
その手足は触手の集合体であり、それを開放した真の姿を見たものは帰ってこられなくなると言われている。

名前の由来は恐らくクトゥルフ神話に登場する「父なるダゴン」とタコ(「クトゥルフ」に類似している)をかけたもの。
蛸の触手で構成された異形の肉体に蝙蝠の翼というデザインはクトゥルフそのものに見える。

作品での活躍


デジモンアドベンチャー02

第13話「ダゴモンの呼び声」に登場。

現実世界ともデジタルワールドとも異なる世界、暗黒の海の主として登場(そのため、劇中では「ダゴモンの海」とも呼ばれている)。
謎の完全体デジモンで、ハンギョモン(の姿をしたデジモンとは別の存在)達に崇拝されている。
セリフや戦闘描写などはなくシルエットのみの登場だが、この第13話自体の印象が強いため知名度はそこそこある。

この回を執筆したのは何かと話にクトゥルフ神話の要素を組み込みたがる事で有名な脚本家・小中千昭氏(後にテイマーズの脚本も担当している)。
そのため内容は小学生向けのアニメでありながら、クトゥルフテイスト盛り沢山のホラー回となっており、他の回とは明らかに異なる、暗く不気味な雰囲気に包まれていた。
タイトルコールではデジモン文字で「フングルイ ムグルウナフ クトウルウ ルルイエ ウガフナグル フタグン」(「ルルイエの館にて死せるクトゥルフ夢見るままに待ちいたり」の意)と記される気合の入りよう。

デーモンを送りつけられても何もしなかったあたり、意外と寛大なのかもしれない(倒されたのかもしれないが)。

ちなみに、劇中に登場するイービルリングをつけられてハンギョモンの姿になっていた「あれら」はダゴモンの眷属(おそらく「深きものども」)であり、正確にはデジモンではない。そのためか、イービルリングをつけられても操られずにいた。

デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~

cv:飯塚昭三

海底のデジクォーツに出現。プレシオモンの持つデジタマを狙った。
シャウトモンによれば「海の邪神デジモン」という異名を持つほどかなり凶悪なデジモンらしく、相手を洗脳することが出来る。
ギガブレイクドラモンとデジクロスしたアレスタードラモンと押しあうほどの強さを見せ、ハンター達を苦戦させたがプレシオモンとデジクロスしたサブマリモンアレスタードラモンの連続攻撃をくらいタギルにハントされた。

関連タグ

デジタルモンスター デジモン
デジモンアドベンチャー デジモンアドベンチャー02
八神ヒカリ
クトゥルフ神話
邪神

pixivに投稿された作品 pixivで「ダゴモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8777

コメント