ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

世代完全体
タイプ水棲獣人型(または邪神型)
属性ウィルス
必殺技フォービドゥントライデント
得意技サウザンドウィップ、無数の触手
所属ディープセイバーズ
異名海底の破壊僧

概要

初登場は『デジモンペンデュラム2.0ディープセイバーズ』。

舟の方向を狂わせるコンピュータウィルスから誕生した。

首から数珠のようなものをぶら下げており、戦いに勝利するとそれを持って倒した相手を弔うようなポーズを取る事から、「海底の破壊僧」の異名を得た。

その手足は触手の集合体であり、それを開放した真の姿を見た者は、帰ってこられなくなるとされている。


名前の由来は恐らくクトゥルフ神話に登場する「父なるダゴン」とタコ(「クトゥルフ」に類似している)をかけたもの。

「『蛸の触手で構成された異形の肉体』に『蝙蝠の翼』のデザイン」はクトゥルフそのものに見える。

渡辺けんじもアレをモチーフにしたと述べている。

また数珠や破戒僧の異名などから妖怪海坊主も意識していると思われる。


各媒体での活躍

デジモンアドベンチャー02

第13話「ダゴモンの呼び声」に登場。

現実世界ともデジタルワールドとも異なる世界、暗黒の海の主(その為、劇中ではダゴモンの海とも呼ばれている)。尚、この世界の影響が強くなっている間はデジタルゲートが開かない。

謎の完全体デジモンで、ハンギョモン(の姿をしたデジモンとは別の存在)達に崇拝されている。

セリフや戦闘シーン等はなく、シルエットのみの登場だが、この第13話自体の印象が強く知名度はそこそこある。


ダゴモンの元ネタがアレな為か、01の時点でクトゥルフ路線にするのは決まっており、当時クトゥルフ神話の要素を組む必要に駆られていた脚本家・小中千昭氏(後にテイマーズの脚本も担当している)に依頼されていたが、ダゴモン回を入れる隙間がなく02に回された。


ラストに向けた伏線も織り込まれながらも、内容は小学生向けのアニメでありながら、クトゥルフテイスト盛り沢山のホラー回となっており、他の回とは明らかに異なる、暗く不気味な雰囲気に包まれていた。


タイトルコールでは、デジモン文字で「フングルイ ムグルウナフ クトウルウ ルルイエ ウガフナグル フタグン」(「ルルイエの館にて死せるクトゥルフ夢見るままに待ちいたり」の意)と記されているが、これは地岡演出助手が仕込んだお遊び。

当時、既に存在していた他の和訳と被らない、独自翻案にする手の込みぶり。


デーモンを送りつけられても何もしなかった辺り、意外と寛大なのかもしれない(倒されたのかも知れないが)。


ちなみに、劇中に登場するイービルリングをつけられてハンギョモンの姿になっていた「あれら」はダゴモンの眷属(恐らく「深きものども」)であり、正確にはデジモンではない為、イービルリングを着けられても操られずにいた。な尚、クトゥルフネタは次回作でも登場しており、そちらで登場したのはウルトラマンティガの外伝小説でも登場した「内原戸哲夫」なる人物である。


デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~


CV:飯塚昭三

第19話「海底大冒険!夢の財宝デジモンを探せ!」に登場。前述の「02」以来、アニメデビューから約12年ぶりの登場で、ようやくシルエット無しでの登場を果たした。


海底を掃除しながら宝物を収集していたミズキが、海底で発見したデジクオーツに出現。デジクオーツには無数の沈没船が確認でき、ダゴモンが沈めた可能性も考えられる。タコよろしく風景に同化する能力を持つ。

シャウトモンによれば「海の邪神デジモン」と異名を持つ程かなり凶悪なデジモンらしく、相手の洗脳が可能で、人間だけが触れられる結界をミズキに開けさせ、プレシオモンの持つデジタマを狙った。

ギガブレイクドラモンとデジクロスしたアレスタードラモンと互角の強さを見せ、ハンター達を苦戦させたが、プレシオモンとデジクロスしたサブマリモンと、アレスタードラモンの連続攻撃を受けてタギルにハントされた。


12年前のクトゥルフテイスト盛り沢山のホラー回から一変しハントされた事情もあり、ある意味で視聴者にとってトラウマブレイカーなエピソードであろう。


デジモンゴーストゲーム


帰レ…我ガ元へ……。帰レ……帰レ……

与エン……与エン……


CV:松山鷹志

第64話「呼ビ声」にて登場。本作登場以前から元ネタのクトゥルフや「02」のアニメでの活躍から怪奇を扱う本作では登場を予想するファンが多く、遂に実現する事になった。


不気味な念仏を唱えながら海上で発生させる濃霧で多くの船や人々を飲み込み、連続失踪事件を引き起こした。本体は深い海中に身を潜め、濃霧に浮かびあがる「02」を彷彿とさせるシルエットでより巨大な姿に見せかけている。


濃霧には「空間を歪める効果」「電子機器の通信を阻害する効果」「中にいる人間を眷属に変え、デジモンなら幻覚を見せる効果」が備わっている。

飲み込まれた人々はダゴモンに洗脳されて目が黄色く爛々と輝く操り人形と化し、やがてクトゥルフ神話の深きものの如き眷属・エラ人間にされてしまう。

更に、デジヴァイスVVの擬似フィールド機能を使っても縮小して動きが大きく制限されてしまい、事態を解決するためには本物を引っ張り出す他ない。

なお、この一連の行動には大層な理由はないらしく、ただ無作為に己の眷属を増やすことだけを目的に活動していた。


各地でコタロウをはじめとする多くの人間を洗脳、やがて街にも覆い隠さんばかりの濃霧と共に眷属を送り込んで数を増やし、海へ呼び寄せた人々をエラ人間へと変え始め、命辛々洗脳から免れたや濃霧を追ってきた瑠璃達を排除しようと強襲。


カノーヴァイスモンらの攻撃を霧で回避・反射し『フォービドゥントライデント』で一方的にダメージを与え、逃げ場のない大空のフィールドで傷口から無数の触手が絡みつく幻覚で苦しめるが、ホバーエスピモンがたまたま持ってきた梅菓子の酸っぱさによりカノーヴァイスモンが復調(梅の酸とクトゥルフTRPGの俗語のSAN値を掛け合わせたネタであり、TRPGを意識してダイスのアニメーションが入る)し、『グランノヴァ』で霧を払われてしまう。


その直後、海中から姿を現すと突如体色が黒く変色して狂暴化

完全体でありながら究極体相応に匹敵するほどに力が増大し、究極進化したシリウスモンを『フォービドゥントライデント』で粉砕しようとするが『ブレイクエーサー』で相殺されてダウン。

最後の悪あがきと言わんばかりに大量の触手を展開して宙達を飲み込もうとするが、ハンギョモンが仕掛けた三角バリアで拘束され、ブラックテイルモンが発生させたゲートからデジタルワールドに強制送還された。


眷属にされた人々はダゴモンが消えた事で元に戻ったは良いが意識を失っており、そのままでは溺れてしまう危険性があったが、間一髪で以前和解したクティーラモンやハンギョモン達が救出してくれていた(何の因果かクティーラモンはダゴモンの進化先のひとつでもある)。

今までのデジモンでは前例のない変異の謎が残ったままの事件だったが、何はともあれ一件落着……と思いきや、人間界を支える多くのデジタル機器が急に使用できなくなり、世界規模で停電が芋づる式に発生。


クロックモン「何が…何が起こってやがる!?震えが止まらねぇ……!」


アンゴラモン「今まで、ずっと近くにあった温もりが……」


マミーモン「デジタルワールドが……“消えた”……?」


更にデジタルワールドでも発生した謎の黒いシミに浸食されるという異常が発生。

各地のデジモン達は故郷を感じることができなくなり、恐怖に震え、動揺し、涙を流し始める。

どうやらダゴモン自身もその影響を受けたことで狂暴化、暴走した模様。


そして、今回の事件は世界を巻き込む更なる異変の序章でしか無かった……。


デジモンストーリーサイバースルゥースハッカーズメモリー

 追加デジモンとして登場。

 Lv1のステータスでは『魔法アタッカー』なのだが、最終的に『物理寄りの両刀使い』となる、変則的な伸びが特徴。

 しかし、この作品の水属性デジモンは、魔法メインにした方が安定性が高く、逆に物理アタッカーの需要が皆無に等しい為、攻撃力の高さが余り嬉しくないのが実情。

 主な理由としては、弱点を突ける火属性は基本的にHP・物理防御がそろって高いデジモンが多く、数少なく刺さる完全体以上は、同じウィルス種のブルーメラモン、残るは天敵のワクチン種の完全体のガルダモン及び、究極体のホウオウモン(ウィルスはワクチンにはダメージが半減される為、弱点属性を突いても0.75倍にしかならない)の3種とみと、水属性の物理アタッカーの必要性の薄さが分かる筈。

 その上、固有技のフォービドゥントライデントは、追加効果のない単体物理技の為、強さの実感し難さに拍車を掛ける(ディレイが低めな為、次のターンが回り易いぐらいのメリットしかない)。

 サポートスキルの『深海の眠り』も、「通常攻撃に10%で睡眠を付与」するものの、低確率過ぎて信頼性がないのもマイナスとなっている。


 数少ない強みとして、種族相性で強いデータ種で、オンライン対戦での採用頻度の高いサクヤモンロゼモンドゥフトモンの何れも物理防御に難がある為、それらに対して継承物理技をぶつけ易い上、知力の数値は『魔法攻撃力=魔法防御力』である為、物理アタッカーとしては魔法攻撃への耐性が高い(但し、前者に関しては他のウィルス種でも出来る芸当であり、ダゴモンだけの強みではない)。



 シナリオではメインクエスト『YHS★428』のボスとして2回バトルする。

 上記の固有技に加え、ボス専用スキルとして呪術(単体対象の攻撃、知力のデバフ)テケリ・リ(全体対象に混乱付加)と、明らかに上記のデジモンアドベンチャー02のオマージュとして、クトゥルフ神話テイストが強いエピソードになっている。


 そもそも、このクエストに登場するダゴモンは、劇中で噂される都市伝説・渋谷ヒラサカを検証中に死亡してしまった少女の魂が、成仏出来ずに化生した妖魔(実際は怨霊幽鬼の類)・『憐れな女子校生』が変異した存在であり、本当の意味でデジモンではない


 無事にクエストを終えた〆は、暗転した画面で憐れな女子校生が現れ「怪異は以外に近くにある……そう、貴方の後ろにも」と口にし終えるや、憐れな女子校生が消えると、暗転した画面に赤字でひたすら狂気の笑いが木霊すると、『クロスウォーズ』で払拭されたトラウマを、上書きせんとする新たなトラウマと化している。


進化

主に悪魔系や水棲系から進化し、悪魔系や強力な水棲系デジモンに進化する傾向にある。

クトゥルフをモチーフにしているだけあって、進化系には非常に恵まれている部類だろう。

一方、このデジモンがあくまでも完全体で、名称の元ネタが「ダゴン」である点からも、今後のデジモンシリーズにて、クトゥルフ(クトゥルー)の名を冠した究極体(正統進化形)が搭乗する可能性を、ファンからは大いに期待されている。


通常ルート

幼年期1幼年期2成長期成熟期完全体究極体
ピチモンプカモンシャコモンオクタモンダゴモンクティーラモン

進化元


進化元(ジョグレス)


進化後


関連タグ

デジタルモンスター デジモン

完全体(デジモン)

デジモンアドベンチャー デジモンアドベンチャー02

八神ヒカリ

クトゥルフ神話/クトゥルフ/ダゴン(クトゥルフ神話)

暗黒の海

邪神


デイヴィ・ジョーンズ:ダゴモンのように全身がタコの集合体になったような姿

関連記事

親記事

オクタモン おくたもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80871

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました