ピクシブ百科事典

灯台下暗し

とうだいもとくらし

ことわざの一つ。

灯台の直下は照らされている周りよりも灯台に近いのに暗い事から、身近な物事には却って気づかない事の例え。

ちなみにこの「灯台」は、(メイン画像に描かれているような)海岸にある物ではなく、室内で使う照明器具である。
燃料のの燃えカスを受ける皿が備わっていたため、火の真下はその皿に遮られて光が当たらなかった。

pixivに投稿された作品 pixivで「灯台下暗し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1288607

コメント