ピクシブ百科事典

ビックフット

もふぃもふぃ

小さな絆のネタバレ注意。メイン画像はイケメンじゃないビックフット。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫】のショート動画に登場する【ビックフット】の事。
  2. 自動車の部品・用品で「アルミホイールとタイヤ」の中古品販売・買取を行う専門店【BIG FOOT(ビック・フット)】の事
  3. 現実にいるかもしれない雪男(ビッグフット)と似た名称の事

本項では1.について解説する。
































概要

2010年03月30日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:【ショートショート】ビックフット】内のショート動画に収録されている「僕」とビックフットの物語。





登場する一人と一匹


「僕」
雪山に一人でいた子どもオレンジ色の防寒着を着て、赤いマフラーを着けている。
初登場時は体が何かで汚れている姿だったが…。

ビックフット
雪山にいる雪男で、目撃した人がほとんどいない幻の生き物(UMA)。その足跡の大きさから"ビックフット"と呼ばれているらしい。
























































ビックフット


信じられないニュースニュースが入って参りました。
ロイター通信によりますと、昨日未明。カナダ ロッキー山脈…














「僕」がロッキー山脈雪山で出会ったのは、
あの…ビックフットだった。

あれは「僕」が日本からお父さんお母さんと一緒にカナダ旅行に行った時の事です。

偶然雪山で「僕」が見つけたのが………ビックフットでした。
白い毛皮に覆われて、体の大きさは「僕」よりも巨体も大きかったです。その顔はまん丸の並びの悪い大きながありました。始めて遭遇したこの白いUMAに「僕」は『んがぁ』って感じで威嚇してやりました。そうしたらビックフットは、自分よりも体が小さい「僕」に驚いていました。

その後ビックフットは遠くの方からこっちを見ていました。この時あいつは木の幹に大きな体が隠れきれてない格好で「僕」の様子を窺っているようでした。


その時「僕」が雪だるまを作ってみせると、ビックフットは「僕」の傍まで近寄ってきて、非常に気に入った様でした。


それで「僕」はこのビックフットと友達になり、しばらく生活を共にする事にしました。


ビックフットの話はおちゃんから聞いていました。雪山にいる雪男で、目撃した人がほとんどいない幻の生き物。その足跡の大きさから"ビックフット"と呼ばれているらしいのですが…
本物のビックフットのは以外に小(ちい)ちゃかったです。
実際に「僕」はあいつの足裏を見て確認しました。

あとビックフットのは非常に柔らかくて、その巨体の殆どをその暖かいで覆っていました。
実際に「僕」はビックフットのお尻辺りから頭を突っ込んで確認しました。毛の中を進んでいくと、あいつのに飛び出したので間違いありません。


そしてビックフットはダンスをします。
ピョンピョンと飛び始めたかと思うと、ゴロゴロと転がり始め、またピョンピョンジャンプを繰り返しました。
「僕」もビックフットの様にジャンプしちゃいました。
このダンスにより雪には大きな穴が空き、それがビックフットのベッドになっていました。あいつの体がこの穴にすっぽり収まって、その寝顔は安息の眠りにつくかのように穏やかでした。

の雪山で「僕」はビックフットと一緒にそのベッドで、あいつに抱かれる様に横になりました。
このベッドから見る夜空は、日本で見たどの夜空よりも綺麗なもので…

「僕」はその時一人でいる事がとても悲しかったけど、ビックフットのおかげで寂しくはありませんで。この時の「おかげ」というのは、丁度「僕」の顔の辺りにビックフットの手があって、思わずあいつの噛んでしまった事です。




他にもビックフットととの生活は、とても楽しい毎日でした。




雪山ではいろんな遊びをしました。

それはー

  • ビックフットと一緒にそり遊び。そりは近くに落ちてた大きなを使いました。雪山の斜面を滑る時はビックフットにその塊を支えてもらって、「僕」はあいつの頭の上に乗って滑りました。「僕」は落ちない様にビックフットのを掴んでいたから、きっとあいつの顔面が引っ張られて面白い顔になってたと思います。
  • ビックフットと一緒に木登りの天辺まで登っておもいっきり叫びました。
  • ビックフットと一緒に雪だるま作り。「僕」がビックフットに雪だるまの作り方を教えてあげました。だけどあいつが作る雪だるまは雪を山の様に積み上げたような形でした。


そうそう。ビックフットがあの雪山の中で何を食べているか知っているでしょうか?


それはこのビックフットのいる山に棲み、ビックフットが"モフィモフィ"と呼ぶ生き物です。
これを見つけるには、から突き出た長いウサギ耳のようなものを探します。色は生肉のようなピンク色をしています。ビックフットはそのを見つけると、むんずと掴んで引っ張りあげました。すると…妖怪の様な顔に、ビックフット並の巨大なミミズみたいな体を持った生き物"モフィモフィ"の姿を確認できるのです。

「僕」はビックフットと一緒にモヒィモヒィを食べたのですが…
味はとっても円(まろ)やかで、モチモチしてすごく美味しかった


そんな「僕」とビックフット。
一人と一匹の細やかな生活にも、突然に終わりがやって来ました。


お別れの日。
ビックフットとは言葉は通じなかったけど、その日が「僕」といられる最後の日なのだという事は、あいつにもハッキリと分かったようでした。


「僕」は異国の雪山の中、独りぼっちでとっても悲しかったけど、ビックフットととの生活だけは、とっても楽しい思い出になりました。

ビックフットがいなければ、きっと今の「僕」はなかったと思います。
「僕」はビックフットと別れる時、自分が持っていた赤いマフラーをあいつにあげました。



























































ビックフットは何て事のない、大きくて、毛むくじゃらで、足の小さな、
「僕」の友達です。

余談


関連タグ

雪男 UMA
イエティ ビッグフット サスカッチ ウェンディゴ 野人
ムック スモールフット ほむらん
雪だるま snowman
 
人間×人外
人外×少年






















































こうしてカナダ雪山にて大発見のニュースが生まれる事となった

pixivに投稿された作品 pixivで「ビックフット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21

コメント