ピクシブ百科事典

誕生の由来

ふうげつのかたな

ある刀のネタバレ注意。
目次[非表示]

概要

2010年03月30日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:【ショートショート】ビックフット】内のショート動画「誕生の由来」

一人の刀匠が望んだ強いとは。



























誕生の由来


伊勢の国。桑名の刀匠アカミガハラナオウエが子、アカミガハラフウゲツは当代きっての名匠であり、そして国随一の刀鍛冶であった。

フウゲツの打つ刀は、地鉄(ちてつ:刀身の表面・肌模様)は緻密で冷たく潤み、数珠刃(じゅずば:刀身にある数珠のような模様)の刃文(はもん:刀身にできる波模様)がなすその切れ味は、を使った生き胴(いきどう:生きた物の胴を使って試し斬り)を三度繰り返しても落ちることはなく、そこから"馬割り三つ"の異名を授けられたほどである。


しかし、その刀匠フウゲツの腕をもってしても、叶えられぬがあった。


それはを斬らずにだけを斬る。
護身護衛の守りの

どんなに平和を願い安寧太平の思いを込めて刀を打っても、使う者によってその刃はにもにも斬りかかる。


人を傷つけず、物だけを斬る刃を作りたい。


と、フウゲツは熱き思いを抱いていた。


関連タグ

刀匠 誕生

































そうしてー

コメント