2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「…たとえ何者になろうと……君の剣道を大切にしていればそれでいいです…」

プロフィール

本名コウシロウ
肩書一心道場師範
出身地東の海
誕生日5月4日
年齢49歳→51歳
血液型S型
好物道場の縁側で食べるスイカ
CV石塚運昇乃村健次


概要

東の海”の外れに位置する、和風の文化が色濃い村落「シモツキ村」で暮らす男性。剣術道場「一心道場」師範で、麦わらの一味の剣士ロロノア・ゾロの師匠でもある。

かつてはゾロと年端の近い一人娘・くいながいたが、10年程前に自宅の階段での転落事故により他界しており、彼女の愛刀であった和道一文字を娘の好敵手であったゾロに譲った。

現在も変わらず村の道場で門下生たちに剣を教えており、海賊として億超えの賞金首となったゾロの活躍にも喜んでいるようで、くいなの墓前に彼の記事が載せられた新聞をお供えしたりしている。一方で、ゾロに影響された少年の弟子たちが彼の“三刀流”の真似ばかりしていることには頭を悩ませている様子。

人物

常に温和な笑顔を絶やさない優しげな風貌をしており、丸眼鏡と後ろ結びにした総髪が特徴の壮年男性。登場初期は尖った顎だったが、作画の変化からか次第に丸顔になっている。元々は黒髪だったが現在では髪が白髪交じりとなり、目尻や額、ほうれい線のシワが目立つようになった。

一人称は「私」、落ち着きのある丁寧な言葉を用いる。
外見に違わず性格も非常に穏やかであり、ゾロをはじめ弟子たちには剣の心得を丁寧に説いている。剣士としての実力は不明瞭だが、「触れるもの皆傷つけるような剣は私は最強の剣などとは思わない」という台詞が示す通り、“剣”やそれを扱う“剣士”というものの在り方について深い考えを持っている。ゾロが亡き娘のために「天国に名が届くほど有名な大剣豪になる」という夢にも理解を示し、彼がそのために海賊として悪名を上げることにも彼が望んだ道として決して非難しない。

一方で、女性が剣士になることについては厳しい考えを持っていたフシがあり、くいなが生まれた際には「この子には道場を継がせるつもりだったが、女の子ではねぇ…」と些か残念そうに言葉を漏らす場面もあった。成長したくいなは大人の門下生相手にも負けないほどの剣の実力を身につけ、道場で一番の実力者と呼ばれるまでに至るが、それでもコウシロウからは「女性が剣豪になることは難しい」という言葉を向けられていたらしく、剣豪を夢見ていた彼女は密かに心を傷めていた。

その他

アニメ版

ゾロの過去のエピソードが一部補完されており、それに準じてコウシロウの出番も大幅に追加された。ゾロは当時、各地で道場破りをして廻っていたらしく、コウシロウも一心道場を訪ねてくるまで全く面識がなかった様子を見せている。

くいなの死後、ゾロを呼び止めて彼と戦っていた頃の娘のことを話し、女流剣士として大きく成長しつつあった娘に期待していたことを明かし、くいなの死により心を乱していたゾロを戒めた。

また、劇場版第5作目『呪われた聖剣』では、ゾロと同門(=コウシロウの弟子)のサガというキャラクターが登場している。

革命軍との繋がり?

ルフィエースサボの過去の回想シーンにおいて、革命軍の船がシモツキ村らしき土地の船着き場に停泊している描写があり、少年時代のくいなやゾロと思しきシルエットも登場している。

組織のリーダーである“革命家ドラゴンの口から「食料を分けてもらった」という台詞があり、シモツキ村、もしくはコウシロウと革命軍に何かしらの接点を匂わせる描写があるが、今の所その詳細は不明。…単にお人好しなだけなのかもしれないが。

声優について

故・石塚運昇氏は、後に海軍大将黄猿”や世界政府全軍総帥コングなども演じていた。

2022年放送の『FILM RED』と連動した過去編から、クロマリーモやブラハムボビー・ファンクジャックなどを演じてきた乃村健次氏が引き継いだ。

関連項目

ONEPIECE 剣士 師範
東の海 シモツキ村 和道一文字
くいな ロロノア・ゾロ

関連記事

親記事

シモツキ村 しもつきむら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コウシロウ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コウシロウ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26337

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました