ピクシブ百科事典

リューマ

りゅーま

尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』及び『MONSTERS』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

戦いってのはよ… 手柄をたてて手に入れたものの大きさより
何を守ったかで価値が決まるんだ

何やら 記憶にない感情が湧き上がってきますよ
何か巨大な生物とでも対峙したかの様な… ゾクゾクする不思議な感覚…!!!
体が踊り出しそうだ」

概要

ONEPIECE』の作者尾田栄一郎が、本作の連載開始前に描いた短編漫画『MONSTERS』の登場人物。後に『ONEPIECE』本編でも彼について触れられており、尾田氏によると、両作品は同じ世界線を舞台とした物語であるとのこと。

元々は数百年前に生きていた伝説的剣豪で、出身は偉大なる航路新世界”のワノ国
海外を放浪中に空飛ぶ竜(ドラゴン)を斬り落としたという逸話を持ち、さらにワノ国を狙う外敵をことごとく退けて世界に「ワノ国の“侍”」という存在を知らしめたという。現在のワノ国でもその伝説は語り継がれており、“刀神様”として祀られている。

『ONEPIECE』スリラーバーク編においては、ゲッコー・モリアの能力でゾンビ化した上で登場。ブルックの影を媒体にしているため精神は異なるものの、その剣の凄まじさはゾンビになって尚も健在で、麦わらの一味の剣士ロロノア・ゾロと激戦を繰り広げた。

プロフィール

本名霜月リューマ
異名伝説の侍刀神様
年齢享年47歳
身長179cm
所属元ワノ国の侍、スリラーバーク将軍ゾンビ
出身地偉大なる航路 新世界 ワノ国 鈴後
誕生日11月6日
血液型XF型
好物カレー
武器大業物「秋水」
笑い方ヨホホホホ(ゾンビ後) わっはっはっはっはっ(生前)
CV粗忽屋雑司ヶ谷店


人物

生前(『MONSTERS』より)

剣豪リューマ・ド・キング[ワンピ]


黒髪総髪の茶筅髷に無地の薄灰色の着流しをまとった青年剣士。
額が広く目付きの鋭いその容貌は、どことなく現在のゾロに似ている。

普段はどこか間の抜けた振る舞いが目立つ一方で、不義を許さず、「兵の魂(つわもののこころ)」を重んじる生粋の武人。剣士としての礼節にうるさく好戦的な部分もあり、酒場で不意に剣士シラノと互いの剣の鞘が当たった際には「鞘当て」という無礼な行為として激怒し真剣勝負を挑んだこともある。
また、他者から受けた恩には全力を持って返すことをモットーとしており、それこそ命を救われたのであればその相手を“主”と呼び(恩を返せるまで)絶対的な忠義を尽くすほど。

剣の腕前も当時からかなりのもので、相手がどんなに強大でも果敢に挑む勇敢さを持つ。世界各地で噂される大剣豪“キング”と戦うことを夢見ており、故郷を離れて海外を放浪していた。
…が、実はその大剣豪の本来の呼称は“リューマ・ド・キング”といい、リューマ本人を意味する言葉であった。しかし本人はそんな事実などつゆ知らず、尚もキングの行方を求めて世界を旅することになる。

数百年前(47歳の頃)に病没し、死後は故郷であるワノ国の郷「鈴後(りんご)」にある墓地にて生前の愛刀「秋水」と共に埋葬された。民衆からは、生前の数々の伝説が讃えられ“刀神様”として死後も慕われ続けていたという。

死後(『ONEPIECE』より)

メイン画像のゾンビ剣士がこちら。 
23年前にゲッコー・モリア率いるゲッコー海賊団によって遺体が盗み出され、後に一味の船医として加入したドクトル・ホグバックの医療技術とモリアのカゲカゲの実の能力を駆使して“将軍(ジェネラル)ゾンビ”としてよみがえった。

死没した47歳からさらに数百年の年月が過ぎているため、髪は白髪に、肉体はミイラ化しており、顔面はほぼ骨格がむき出しになった禍々しい風貌に。
衣装は凡そ生前の装いと変わりないが、顔の一部(額と左目の上辺り)や体の各所に包帯を巻き、首には藍色の長い襟巻きを巻いている。着流しも白生地を基調とし、裾には濃紫色でススキのような柄が、袖には井桁に龍の字の紋所があしらわれている派手柄なものになっている。

性格は影の主であるブルックそのもので、常に敬語を用いたり陽気に振る舞ったりして見せるが、肉体の影響なのか本人よりも剣における自信の強さや好戦的な側面をみせ、同時にその力に対する驕りからなのか残忍性も併せ持つ。
本人の発言からして肉体の記憶が多少なり反映されている部分があるようで、自身に匹敵する実力者であるゾロを目の前にして、記憶にはない「何か巨大な生物と戦っている」ような高揚感を顕にしていた。

また、ゾンビでいた時間が長かったせいなのか影自身の過去の記憶も消えている(ブルックに「あなたに従っていた時の事などすべて忘れてしまいました」と言いきっている)ため、技を磨いたり名付けた経緯などには無頓着。ブルックの前で自身も得意技とする“矢筈斬り”の名を口にした際には、王国騎士時代の修行で会得し、ルンバー海賊団の仲間たちが名付けてくれた経緯を語り聞かされ「何も知らないくせに…その名を使うな!!!」「私の性格と技を持っていても、思い出も人情も忘れてしまったお前なんかにその名を使われたくはない!!!」と強く咎められた。

能力

MONSTERS

ワノ国の侍として、一振りの刀を用いた剣術を心得ている。
元来の性格が災いしてか、平静さを失っていると簡単に隙を作ってしまうところがあり、シラノとの初戦では簡単に一本を奪われてしまっている。

しかし、その一太刀の威力は既に超人の域に達しており、シラノとの再戦時はその仲間たちをたった一人で瞬く間に斬り伏せ、町を襲う凶暴で巨大な竜の首を空中で切り落としてみせた。『ONEPIECE』で語られた逸話では、あらゆる相手との手合いも一閃の内に勝利し続け、後世では「生涯無敗だった」とも伝えられている。

ONEPIECE

『MONSTERS』の物語以降に手に入れたとおもわれる“大業物21工”秋水を得物としている。将軍ゾンビの中でも群を抜いた身体能力を持っており、影の主であるブルックでもまったく太刀打ちできなかった。ダズ・ボーネスとの闘いで鉄を斬る術を身につけたゾロさえ「長引くと刀が折られちまいそうだ… “伝説の剣士”の強さを支えた肉体と気迫は、まさに本物……!!」と戦慄するほど。

戦闘スタイルはフェンシングや居合術などを主体とするブルックに帰属し、強靭な力を持つリューマの肉体と、瞬速の剣を得意とするブルックの技が相まって、それぞれの長所の相乗効果によって放たれる一太刀は恐ろしい威力を誇る。
一方で元々剣の属性が異なる影が媒体とされているため、生前その豪剣により“生涯無敗”と謳われたリューマ本来の力は発揮されていないともとれる節がある。ゾロもこのことに気付いていたのか、勝利した際には神妙な面持ちで
心身共にあってこその剣士だ お前が生きた時代に会いたかったよ
と語っており、“本当のリューマ”に勝てたとは思っていなかった様子。そのため秋水を受け取った後「刀はもらうが、勝負はなかったことにしようぜ」とも続けているが、その表情はどこか晴れやかであった。

ONEPIECEにおいては多彩な剣技を披露しているが、元々これらの技は全て影の持ち主であるブルックの技であり、リューマ本人が生前に使っていた技ではない
しかしブルック以上に強靭な筋力を持つため、基本的にその威力はブルックを遥かに凌ぐ。
 
もっともブルックは元から痩身で、更に死んでだけ、つまり普通に考えれば生前の5分の1以下の体重になっている。
そういう意味では、朽ちたとはいえ屈強な肉体を持つリューマが勝っていたのも道理なのである。
 
余談だが未だ原作内にてブルックが使用したことが無く、リューマが使用していることから存在だけは知られているという技が幾つかある(前奏曲オフエル、酒樽舞曲・ルミーズがそれ)。

鼻唄三丁矢筈斬り
影の主であるブルックの代名詞的な技であり、リューマも得意技として頻繁に使用している。
刀を抜いてゆっくりと相手に接近し、すれ違いざまに超高速の斬撃を放つ。驚異的な速度で振り抜かれた刃に相手は斬られたことに気付かず、リューマが納刀するのを合図とするかのように切り口が開き倒れる。なお、峰打ちでも同じような芸当が可能。

夜明曲(オーバード)・クー・ドロア
高速の突きを繰り出す。
ブルックの高速の剣技とリューマの強靭な筋力が融合した結果、ピストルの如く突きを飛ばすことが可能で、その威力は離れた壁に風穴を開けるほど。
ブルック自身も新世界編で披露し突きを飛ばせるようになった。

前奏曲(プレリュード)オフエル
相手の武器に対して剣を連続で叩き付ける。
武器そのものにダメージを与えて破壊し、実質的な敵の戦闘力を削ぎ落とす技。
本編では致命的な破損こそしなかったものの、受けた持ち主が無視できるような軽い技でもなかった。

革命舞曲(ガボット)ボンナバン
地面を強く蹴り込んで急加速、その勢いのままに突きを繰り出す。
列車を真っ二つにするゾロの”羅生門”に匹敵するほどの威力。
本体であるブルックが使えば剣によるただの刺突だが、改造された強靭な肉体を持つリューマが放つこの技は”飛ぶ斬撃”を発生させる。
2年後では本体であるブルックも飛ぶ斬撃の革命舞曲ボンナバンを放てるようになった。

酒樽舞曲(ポルカ)・ルミーズ
目にも留まらぬ超高速の連続突きを放つ。
革命舞曲ボンナバン同様に飛ぶ斬撃が発生するが、こちらは連続で繰り出す技であるため、マシンガンの如く絶え間ない斬撃が放たれる。

活躍

MONSTERS

本作の主人公。
「世界一の兵(つわもの)の魂」を持つ最強の剣豪「キング」を探す旅の途中、空腹によりのたれ死ぬ寸前まで追い込まれるが、とある町に住んでいるフレアというウェイトレスに食事を与えられ一命を取り留める。命を救われたリューマは深く感謝し、その恩を返すまで彼女の側に居続けることを(勝手に)決めた。

フレアは7年前に起こった巨大な竜による襲撃事件の唯一の生き残りであり、その際に竜から救い出してくれた一流剣士シラノに憧れを抱いていた。そんな過去をリューマが聞いていると、7年前と全く同じように町にドラゴンが現れ大騒ぎとなり、町民たちは急いで避難することになる。

この騒ぎの中で、実はシラノこそ7年前の事件の黒幕の一人であり、10年前に騎士団を皆殺しにして奪った「竜の角笛」を利用し、今回と同じく仲間と共謀して町に竜を呼び寄せていた事が判明。
町民が大騒ぎする中で仲間に金品を盗ませ、自身はフレアを救うことで名声を得るという卑劣な手段の真相を聞いてしまったフレアは絶望し、リューマもまた、口封じしようとするシラノ一味を逆に斬り捨てる。そして町に飛来した竜を一刀のもとに両断し、結果的に町に巣食う脅威のすべてを完全に消し去った。
これが元で、後世(ONEPIECE)では“竜を斬った伝説の侍”として名が知られる事になった。

ともあれ、騒動が解決したことでリューマは再びキングを求めて去っていったが、町民の一人の青年がキングの正式な呼称である“リューマ・ド・キング”という名を思い出し、実はリューマこそがキング本人であることが明らかに。しかし、既に町を旅立った彼にその事実が伝わることはなく、リューマはキングと戦える日に胸を膨らませながら旅路を進んでいった。

ONEPIECE

本編の時代から約400年前に生きていた人物とされる。
童話『うそつきノーランド』のモデルとなった冒険家モンブラン・ノーランドがジャヤ島にて原住民のカルガラと交流していた頃とほぼ同時期。
 
錦えもん曰く「ワノ国の偉大なる英雄」として名を遺したとのことで、当時「黄金の国」として狙われていたワノ国を外敵たちから守り抜き、世界に「ワノ国に侍あり」との評判を広めたという。47歳の頃に病死し、故郷でもある「鈴後(りんご)」の墓地に丁重に埋葬された。鈴後において人を葬る際には、共に生きた生前の愛刀を墓標とする風習があり、リューマの墓もこれに倣って墓標に生前得物としていた名刀“秋水”が立てられ、同じく“国宝”として祀られた。

しかし、23年前にカイドウ率いる百獣海賊団ゲッコー・モリア率いるスリラーバーク海賊団による戦争が起こった際、モリアたちはリューマの遺体と秋水を奪い去っていく。鈴後は常に雪が降り積もるほど寒冷な気候ゆえ、リューマの遺体は数百年もの年月が過ぎていたにも関わらず肉体がほぼ原型をとどめていた。

その後、一味の幹部である天才外科医ドクトル・ホグバックによってゾンビ化のための改造を施される。そして7年前に偉大なる航路“魔の三角地帯”にて、偶然スリラーバークに上陸したブルックの影を奪い、それを長らく保管していたリューマの遺体に与え、将軍ゾンビとして復活させた。

共に(上述通り属性は違えど)達人級の剣の使い手同士ということもあり、復活してからはその実力が認められ、ホグバックの研究所の用心棒を務める。本人もその肉体を非常に気に入っており、影を取り戻そうとやってきたブルックを拒絶し、返り討ちにした。
 
2年前、スリラーバークに誘導されてやって来た麦わらの一味の前に現れ、ホグバックの正体を知ったナミウソップチョッパーを瞬く間に斬り伏せる。そして一味の船に招かれていたブルックも再びスリラーバークに上陸しており、今度こそ影を取り戻そうとする彼と再戦することになる。
対峙した際には肉体的なスペックの差に加えて、船の上で一人で修行せざるを得ないブルックとは違いスリラーバークにやってくる侵入者やモリアから森の負け犬と呼ばれる島の住民など対戦相手に恵まれていたこと、ブルックにとって大切なアフロを弱点として執拗に狙い続けることなどもあってか戦いを優位に進め、最後は同時に仕掛けた“矢筈斬り”で、リューマが本家の技を超えるという形で勝利を収めた。

ブルックの存在を目障りに思い斬って捨てようとする(ただ、カゲカゲの実のゾンビは影の元々の持ち主である人物が死亡してしまうと、同時に影の命も尽き、効力を失ってしまう欠点があり、知らなかったとは言え自殺行為である)が、加勢に現れたロロノア・ゾロの二刀によって遮られる。丁度、先の戦いで得物を一つ喪失していたゾロは、リューマの秋水を奪おうと、そのまま対決することになる。同じく豪剣の使い手であるゾロと熾烈な接戦を繰り広げたが、最後はゾロの一刀流奥儀“飛竜 火焔”により惜敗する。

切り口の摩擦熱で発生した火が肉体に燃え移り、とうとう消滅のときを迎えたリューマ…もといブルックの影は、生涯無敗の剣豪の体に敗北を味わわせてしまったことを後悔しつつ、全霊を持って戦うことが出来たことに満足し、ゾロのことを秋水を持つに値する剣士と認め譲渡すると、間もなく消滅。そして影は本来の宿主であるブルックの下に戻った。
 

余談

敗北の描写について

ゾロと最後の一撃で争った場面は、生前のリューマが空飛ぶ竜を退治した場面の構図と合致しており、今回はリューマのほうが、竜を象った擬獣剣によって敗れる結果となっている。

カイドウ

リューマは『MONSTERS』において「空飛ぶ竜を一刀両断」するという離れ業を披露しているが、かつてゲッコー・モリアを倒したカイドウもまた空を飛ぶ巨大な龍に変身する能力を持つ。
モリアがリューマの墓を暴いたのがリューマの竜殺し伝説を踏まえたモリアなりのゲン担ぎなのだとしたらなかなか皮肉が効いている。それとも、もしかしたらモリアはゾンビとして黄泉がえらせた伝説の剣豪リューマに自身の希望を託していたのかもしれない。

ブルックの影との相性

ブルックの影とリューマの死体はマッチしていたわけではなかった。
しかし、ゾンビとなったリューマはホグバックによる修繕や補強などが施されていたとはいえ速度を重要視するブルックのスタイルにある程度合わせられるだけの健脚なども持ち合わせており、3mを優に超える高度なうえ急斜面のような状態の場所でも、ゾロの連撃に短時間とはいえ対抗してみせていた。
並大抵の剣士の影ではこのような芸当は成しえないと思われるので、モリア(ホグバック?)がブルックを選んだのは間違いだったわけではない。だが、それから数年間もマッチしていないブルックの影をリューマの死体に入れ続けていたのはなぜだろう?その理由はいくつか考えられる。
①ブルック以上の剣士の影が手に入らなかった。
②スピードタイプと剛剣タイプの良いとこ合わせどりになると思った。
③そもそもモリア達は剣士の仲間はいないためゾンビ兵の剣士のタイプまで把握することは出来なかった。

秋水について

リューマの愛刀“秋水”は、大業物21工の一つに数えられる名刀で、現在“世界最強の剣豪”と呼ばれているジュラキュール・ミホークの愛刀“”と同様、刀身が黒く、非常に頑強な「黒刀」に分類される。

ワノ国編に登場した牛鬼丸天狗山飛徹の発言によると、黒刀とは刀身の素材や製法によって元から黒いわけではなく、長い戦歴によって“成る”ものであるらしく、すべての刀は黒刀になり得るという。また、鈴後では古来より、かの地で生まれた子供は皆そのときから刀を与えられ、生涯得物とし続けた末、最後は墓標として共に埋葬されるという文化が存在していたとされる。

これらの事柄から、リューマは『MONSTERS』の頃から秋水を得物としていた可能性があり、竜退治で使用していた当初の得物が長い戦いの中で得物を黒刀に進化し、鍔や茎、鞘といった拵(刀装)を変えたのが現在の秋水であるとも考えられる。

関連項目

ONEPIECE スリラーバーク
ワノ国  ゾンビ 秋水
ブルック ロロノア・ゾロ

関連記事

親記事

スリラーバーク すりらーばーく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リューマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 268397

コメント