ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ワノ国・鈴後を治めていた大名。相棒である狐といつも二人連れの剣の達人で知られていた。カイドウ率いる百獣海賊団との戦いに敗れ、作中ではすでに故人。

プロフィール

本名霜月牛マル
年齢不明
身長不明
肩書き鈴後大名
出身地偉大なる航路 新世界 ワノ国 鈴後
誕生日不明
星座不明
血液型不明
好物不明
CV竹内良太


本編

河松曰く相棒のオニ丸とは常に行動を共にしていたとのことで、実際に回想でも一緒にいた姿が映っている。

九里の大名にして光月家の当主であった光月おでんが死に、ワノ国の実権を握った黒炭オロチが各郷の大名に「黒炭に仕えるか戦うか」を問うたところ、残る四人の大名は全員オロチとカイドウに仇討ちをせんとする。しかし、カイドウとその軍勢はあまりに強く仇討ちは叶わず、大名の一人は敗走し、牛マルを含む残りの三人は拘束される。

その後、鬼ヶ島内の「天の岩戸」と呼ばれる岩屋に絶食状態で幽閉されていたところに、当時8才のヤマトが新たに収監される。カイドウの実子であり侍からの復讐に怯える彼女を、大名らは一切責めることなく、さらに「侍は腹など空かぬものだ」と差し入れられたひとり分の食事を迷わず差し出し、拘束していた鎖も断ち切った。

その後、彼らはヤマトが持っていたおでんの航海日誌を読み(難しい字が読めなかった彼女も内容を理解したことから、読み方を教えながら解読したと思われる)、20年後にワノ国の未来をかけた戦いが起きると知る。そして、10日以上の絶食で再び餓死寸前に追い詰められたヤマトの命を救うことが、自身らがその戦いに参戦する方法であるという決意のもと、「天の岩戸」を破って彼女を逃がし、そのまま戦死した

共に戦ったワノ国の大名

霜月康イエ
ワノ国・白舞を治め、同じく霜月の姓を持った大名。
詳細はリンク先を参照。

風月おむすび
ワノ国・希美を治めた大名。
名前通り、三角おむすびのような輪郭に、歌舞伎の隈取を施した風貌。

雨月天ぷら
ワノ国・兎丼を治めた大名。
吊り上った目つきと眉毛を持つ細身の男。強面だが、ひとり分の食事をヤマトに勧めた、心優しい人物。

余談

  • 霜月一族

霜月とはワノ国に古くから存在している屈強で名高き一族。あの伝説の剣豪リューマも霜月という姓を持ち、牛マルはその子孫にあたる。
またヒョウ五郎河松によると牛マルの若き日の顔立ちや剣の所作はゾロと瓜二つだったという。河松が日和の提案(秋水の代わりに閻魔をゾロに譲る)を止めきれなかった理由にはこのことも関係しており、河松はゾロが秋水をワノ国に返した事にすら運命を感じるほど。

101巻SBS曰く牛マルがゾロの父親というわけではないらしいが、その血筋には何らかの秘密が隠されてるとのこと。

関連タグ

ONEPIECE ワノ国

光月おでん

リューマ トの康 ロロノア・ゾロ

オニ丸


ゼフ:餓死寸前の偶然居合わせた子供を生かすために食料をすべて与え、自らの夢を託したという共通点を持つ。ただし、こちらは現在も存命。

関連記事

親記事

ワノ国 わのくに

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「霜月牛マル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「霜月牛マル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4228

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました