ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ワノ国鈴後を治めていた大名。いつも相棒の狐と二人連れの剣の達人で知られていた。彼もまたカイドウ率いる百獣海賊団と戦い没したものと思われる。
霜月という姓を持つ大名は他にこの人物がいる。

本編

河松曰く相棒のオニ丸とは常に行動を共にしていたとのことで、実際に回想でも一緒にいた姿が映っている。
九里の大名にして光月家の当主であった光月おでんが死にワノ国の実権を握った黒炭オロチが各郷の大名に「黒炭に仕えるか戦うか」を問うたところ、残る四人の大名は全員オロチとカイドウに仇討ちをせんとする。しかし、カイドウとその軍勢はあまりに強く仇討ちは叶わず大名は一人を除き無念のまま死ぬこととなった。その死んだ三人の大名の一人に牛マルがいたものと思われる。

余談

霜月

霜月とはワノ国に古くから存在している屈強で名高き一族。あの伝説の剣豪も霜月という姓を持ち、鈴後で生まれていたことからすると牛マルはその子孫で正統後継者ということになるかもしれない。

関連タグ

ONEPIECE ワノ国

光月おでん

リューマ トの康

オニ丸

関連記事

親記事

ワノ国 わのくに

兄弟記事

コメント