ピクシブ百科事典

秋水(ONEPIECE)

しゅうすい

秋水とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する刀である。
目次[非表示]

概要

スリラーバークにてロロノア・ゾロが入手した
拵は「黒刀・乱刃・大逆丁字」、大業物21工の一振りに数えられる名刀であり、それと同時に恐竜に踏まれようとも1ミリも曲がらないという圧倒的な硬度を誇る黒刀

元々はワノ国の英雄として名の知られる剣豪リューマの愛刀。彼が病死した後、同じ墓に収められていたが、強者の死体を狙う海賊ゲッコー・モリア及びその一味にリューマの死体と共に盗み出されてしまった。その後、ゾンビとして復活したリューマの武器として利用された。

リューマのゾンビが動き始めてから5年後、ゾロを含む麦わらの一味スリラーバークに誘い込まれた。当時のゾロはエニエス・ロビーでの戦闘で雪走が破損してしまい、資金不足から刀を新調することもできず、新しい刀を探している最中だった。そして、あっさり捕まって影を取られてしまうなど、三本刀が揃っていない状態での戦力としての質の低下も否めなかった。そんなゾロの前に現れたのが「良さそうな刀」を帯びた「伝説の侍」のゾンビである。嬉々としてゾロはリューマに挑みかかり、激しい戦闘の末に勝利、行動不能となる寸前のリューマから秋水を受け取り、自分の刀とした。

軽くて扱いやすい雪走と比べるとかなり重く、その分攻撃力や防御力は非常に高い。しかし、威力が高すぎて扱いは難しく、力加減を間違えると斬るつもりが無かった範囲まで余計に切り崩し、破壊してしまう

後述する牛鬼丸によれば、初めから黒刀だったわけではなく、「リューマの歴戦により『成った』刀」とのこと。

ワノ国における扱い

ワノ国では「英雄の愛刀」「刀神様」として国宝級の扱いを受けており、何者かに盗まれた(ワノ国の人々はモリア達が犯人だとまでは知らない)ことが発覚した時には国中が涙を流したという(この事件をワノ国英雄の「墓荒らし騒動」と呼ばれている)。錦えもんも麦わらの一味には感謝しているが、この件に関してゾロと少々こじれており、いずれは決闘を申込んだうえでゾロに勝利し、ワノ国に秋水を持ち帰ろうと考えている。
そしてゾロが「浪人ゾロ十郎」に扮し潜入したワノ国においては、追いはぎ僧兵牛鬼丸(どう見ても弁慶)に盗まれ、リューマの墓に戻された。ゾロは秋水を自身の刀として取り返そうとしていたが、秋水をワノ国に返して欲しいと日和から懇願され秋水の代わりに自身が父の光月おでんから受け継ぎ父の形見とも言える閻魔をゾロに譲る提案をし、ゾロも代わりをくれるならと納得してその提案を了承した。

関連イラスト

リューマ



関連タグ

ONEPIECE ワノ国 リューマ ロロノア・ゾロ
武器  日本刀 黒刀
和道一文字 雪走 三代鬼徹 閻魔

関連記事

親記事

ロロノア・ゾロ ろろのあぞろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「秋水(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8435

コメント