ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:大友龍三郎

概要

ワノ国編笠村跡地に住む刀鍛冶。
天狗の面を付けた大柄な老人だが、高下駄を履いた状態で竹藪の中を飛ぶように移動するなど高い身体能力を持ち、くノ一を目指すお玉の師匠でもある。

四皇海賊カイドウ一味により村が滅んだ後もお玉と共に村に残り、笠を売りながら細々とした暮らしていた。また、イヌイヌの実モデル“たぬきを食した茶釜・ぶんぶく君を所有している。

人物

先に登場した雷ぞうのように、異様に大きな頭と短い手足のずんぐりとした体型。白髪の総髪頭、顔には金色の髭や眉毛の生えた天狗の面をかぶっているが、その面の上から様々な表情をみせている。衣装も天狗や山伏を思わせるモノクロ調の衣をまとっており、背中には翼を、腰には鍔部分に天狗の羽団扇を思わせる葉っぱがあしらわれた刀を携えている。その異様に長い鼻から、ルフィからは初対面時に一瞬ウソップと勘違いされた。その後はやはり彼の独特のネーミングセンスで「鼻じじい」と通称される。

上述のカイドウ一味による蛮行もあり、海賊に対しては懐疑的な考えを抱いている。厳格な性格であるが、そうした態度とは裏腹に面倒見はよく、これまでお玉と生活していた経緯や、ルフィについても(海賊ではあるが)お玉を助けようという彼を信じて国内で不審を買わぬように和装一式を与えたり、第三幕ではを失い傷心のおトコを年に一度の「火祭り」に連れ出すなど、細かな気配りをみせている。

また、実は美少女こけしコレクターという俗っぽい趣味を持つ。

刀鍛冶として

実は飛徹は、モモの助の父で、“おでん二刀流”を号する大剣豪でもあった光月おでんの愛刀「天羽々斬」を作刀した人物である。また、ルフィの仲間ロロノア・ゾロが“東の海ローグタウンで手に入れ現在まで使い続けている妖刀「三代鬼徹」の鍛造者でもあり、先代は「二代鬼徹」を作刀した古徹(こてつ)という人物。因みにこの二代鬼徹は現在、飛徹やお玉が暮らす社の中に安置されている。

他の作刀については不明だが、判明した銘たちも片や「大業物」、片や「業物にして曰く付きの妖刀」として海外でも知られる程の名刀であり、現在の寂れた生活とは裏腹に、腕の立つ刀匠であることが伺える。なお、妖刀については同じく刀工の霜月コウ三郎の言から使い手によって決まるものとされ、決して鍛造者本人が意識して生み出す訳では無い。

作中の活躍

ある日家に帰ると、主人公モンキー・D・ルフィが貴重な米を平らげてしまった場面に居合わせ(ルフィはお玉から命を救った礼として、お玉の食べる分の食事を与えられていた)激昂し、彼に襲いかかったが、お玉が割って入ったことで刀を収める。

しかし直後、お玉が自身の空腹を誤魔化すために、工場廃水で汚染された川の水を口にし体調を崩して倒れ込んでしまい、ルフィと共に介抱する。ルフィから「なんでこんな(危険な)場所に住んでんだ!」と疑問を投げかけられ、彼女がかつて交友を育んだ「エースという名の海賊」との約束からこの地に残っていることを告げる。ルフィはその海賊が、かつて自身の眼前で息を引き取った義兄であることを悟ると、彼女に「エースは死んだ」という事実を突きつけ、心身共に大きなダメージを負ったお玉はそのまま気絶してしまう。

ルフィのデリカシーの無さを咎めつつも一応の信用をおいて互いに自己紹介をし、ワノ国の現状やお玉とエースの過去を語り聞かせ、自身も「とある人物」を待つという約束から、網笠村に残り暮らしている経緯を伝えた。

容態が芳しくないお玉を医者の元へ運ぼうとするルフィのためにワノ国の着物を貸す(本人はワケあって町へ行けないとのこと)が、このとき「刀を持っている方が侍っぽい」という理由で、飛徹の住居の中で安置されていた『二代鬼徹』を強引に持っていかれてしまった。

その後、ルフィや錦えもんら光月家復権のために行動する者たちにより、「火祭り」の夜のカイドウ一味襲撃のための準備が着々と進められていく。作戦決行を数日後に控えた頃、ルフィたち麦わらの一味とモモの助、光月家旧臣の侍衆が飛徹の下に集まった。実は飛徹は、生前おでんの愛刀であった「天羽々斬」「閻魔」の二振りを預かり、来たる日にそれぞれを彼の子供であるモモの助、日和に継承させる役目を担っていた。ただ、閻魔に関しては河松を介して伝えられた日和の意向により、ゾロに譲渡されることになる。ゾロに閻魔を渡してからは、その妖刀としての独特の性質や、これまで謎だった「黒刀」についての詳細を伝え聞かせた。

余談

ワノ国編では、過去の人物が現在まで別人になりすましているという例が多々あり、本項の飛徹についても、光月おでんの父でありワノ国の先代将軍でもあった光月スキヤキと同一人物ではないかという説も一部のファンの間で囁かれている。

理由付けとしては、光月家の関係者でありながらおでんの回想編には一切登場していないことや、人目を避けるように廃村で隠遁していること、将軍家の居城の奥にてブルックが“歴史の本文(ポーネグリフ)”の他に大量の「木彫りの人形(=こけし?)」を発見していること、おでんの回想の中でもスキヤキがこけしらしきものを手に持っている描写があることなど挙げられている。全く異なる体型については、しのぶトの康(霜月康イエ)、ヒョウじい(ヒョウ五郎)のように20年で大きく体格が変化した前例もある。

また、スキヤキは黒炭オロチにおでんが帰国するまでの代理として将軍職を譲り間もなく病没したと伝えられているが、実際は30~28年前の期間の内にマネマネの実の能力者だった黒炭ひぐらしと入れ替わっており、この間に本物のスキヤキは失脚したと思われるような描写はあるが明確にスキヤキが死んだと思われるシーンは描写されてない。TVアニメ版では両者のCVをどちらも大友龍三郎氏が担当している。更におでんの過去編にてopでのキャストクレジットにスキヤキの名前がない(傳ジローもおらず、恐らく狂死郎とCVが同じであるためCVバレを避ける措置だと思われる)ことなども裏付けとして挙げられている。

一方、光月家は数百年の歴史を持つワノ国のトップを代々務める将軍家であると共に石工の家系が代々継承されてきたとも伝えられてはいるが、「刀工」としての技量まで持ち合わせていたかは定かではなく、それこそ名刀(それも曰く付きの妖刀)として広く知られる鬼徹一派の作刀技術を継承するとは考えにくい。また、血縁上孫にあたるモモの助や日和についても何か特別な情を垣間見せるということもなく、刀の継承についても作業的な印象を受ける。という否定材料もあったが…。

関連タグ

ONEPIECE ワノ国
お玉













以下、ネタバレ注意!









先述の予想通り、彼こそが光月スキヤキ本人である。
おでん不在の頃にオロチ達に十数年に渡り地下室に幽閉されており、脱獄した時には既に息子おでんは死亡していた。自分がまんまとオロチに騙され、国土・国民・そして息子を奪われた事を恥じ、以降は正体を隠して生活していた(一時は自害も考えていた模様)。刀工技術については、本人曰く趣味であることを明かしている。

鬼ヶ島でのカイドウ・オロチ一派との大激戦を終え、新たに光月モモの助が将軍として国を治めることになり、「オロチ城」と改名されていた将軍家の居城も、再び将軍職に就いた光月一族に開城された。一週間後、ルフィやゾロが意識を取り戻し、決戦前に宣言された通り盛大な宴が催される中、ロビンは一足早く“歴史の本文”が収められた地下室を調べていたが、そこへ飛徹が現れてその正体と経緯を明かした。本来は孫であるモモの助については、国を傾けた後ろめたさから今後も正体を明かす気はないとのこと。
(ただ、おでんの愛刀を預かっていたことから一部の人間には正体を明かしていたとも予想される。)

そしてロビンから、古代兵器プルトンはワノ国に存在するという文章の真偽を問われる。飛徹もといスキヤキは、手に持っていた面を落として動揺するが、これを肯定した。

関連記事

親記事

ワノ国 わのくに

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天狗山飛徹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 548

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました