ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ONEPIECEの登場キャラクターで、ワノ国のえびす町で住んでいるおトコの父親。

性格は太鼓持ちで、常に笑顔を見せて、剣士として腕の立つゾロに対して絶えずよいしょを行っていたが、その態度は強い者に媚びるいわゆる『虎の威を借る狐』としてのものではなく、自分の物を他の人に分けるなど優しさに溢れており、街の住民からは「仏様」とまで言われるほどに慕われている。
通称ヤスと呼ばれている。



真の正体は光月おでんと同じく白舞の大名である霜月康イエ。

回想によれば、活気がある性格で、現在のひょうきん者の姿からは想像できない程厳格であり、カン十郎やしのぶに親し気に接しながらも、余りの変わりように気付かれることが無かった。
若い頃からおでんの事を将軍として買っていた数少ない人物であり、当時、破天荒が過ぎるあまりに民衆からはおでんを差し置いて次期将軍と呼ばれながらも、おでんを真正面から叱り付けていた。
また、義理人情にも溢れており、後におでんの家臣となる赤鞘九人男こと錦えもん達がおでんの為に大金を盗もうとした綿えもん達にも盗んだ大金を与えた上で「身なりを整え、礼儀を学び、本を買い、学問を身につけろ」と諭した。

経歴

おでんが処刑された後は、オロチに仕える事を断り、カイドウに挑むも敗北した。その後、一命を取り留め、トの康と名前を変えてえびす町に隠れ住むようになる。
また、えびす町には黒炭オロチの手によって用無しになったSMILEが廃棄されており、その残りを食べたえびす町の住民たちは、笑顔以外の表情を浮かべることのできない中毒状態にされていても、自分自身でさえもその被害に遭いながらも、そのことを無理矢理前向きに受け取り、「笑っている顔はえびす顔、だからこの町もえびす町」と言って住民たちを励ましながら上記の様に自分の少ない財産でさえも住民たちに分け与えるなどの行動を見せ続けた。

偶然遭遇したゾロに寿司を奢り、その後に立ち寄った宿場の賭けで大勝ちし、それに怒った狂死郎一家に絡まれるもゾロに助けられる。その後、お礼としてゾロをえびす町に招き、住民たちと一緒にもてなす。

錦えもんの判じ絵が露見したために多くの同志が投獄されたことを知ると、ワノ国で手配されている大泥棒丑三つ小僧の名を借りて盗みを働き、捕まって羅刹町で磔にされるが、そこで大衆の面前で判じ絵はいたずらで自分が作ったと証言し、同志たちには密かに新たな集合場所を示す。

そして、オロチを「害虫」と強く非難しながら、モモの助や錦えもん達にカイドウとオロチの討伐を託し、最後はオロチとその部下の手によって処刑された。

遺体は、フランキーとカン十郎に回収され、供養のため九里に送られた。

関連タグ

ONEPIECE ワノ国 太鼓持ち おトコ

関連記事

親記事

ワノ国 わのくに

兄弟記事

コメント