2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ナノモン

なのもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種で所謂マメモン枠。
目次[非表示]

概要

公式設定

世代完全体
タイプマシーン型
属性ウィルス
必殺技プラグボム
得意技ナノクラッシュ

超小型のマシーンデジモン(アニメだと子供達と同サイズ)でもともとはクラッシュしたコンピュータを修復するための修復用マシーン的なデジモンだったが、強力なウィルス型デジモンに攻撃を受けたときに思考回路が破壊され暴走。
正常に作動しているコンピュータでも、勝手にデータを良くない方に再構築しては狂わしてしまうようになってしまった。

あらゆるデータの破壊を得意とし、どんなに強いデジモンでもナノモンの前では体を構成するデータをいとも簡単に破壊されてしまうと言われている。とはいえ、他メディアでは敵や味方様々な立ち位置で登場する。

必殺技は指先から発射される『プラグボム』

活躍

デジモンアドベンチャー

CV:宇垣秀成
第19、20話に登場。
エテモンに敗れ暴走したデジモンとして登場。思考回路が破損しており、一部が復帰したものの、以前の記憶は全く失われている。ピラミッド型のアジトにあるダークネットワークのホストコンピュータとして組み込まれていたが、選ばれし子供たちを利用する事を思い付き、彼らに希望の紋章の在処を教えて信用を得ると封印から解放させる。

彼に復讐すべく、予め入手しておいた愛情の紋章を運用する為ののコピーを作ってピヨモンを進化させようとしたが、失敗し、拡大し続けるダークネットワーク中枢を逆に収縮するよう書き換えるコンピュータウイルスを組み込んだ「プラグボム」で攻撃してエテモンごと心中した。

小説版では紋章の事は何も知らず、紋章の事を知っている振りをして太一達に自身を修理させている(対価を支払っただけ、まだアニメ版の方が誠実である)。
その目的は火の壁にアクセスしてアポカリモンをこの世界に呼び込んで秩序を乱す事で、最期はアポカリモンの触手にモニターの中に引き摺り込まれて死亡。スパイラルマウンテンの作成に携わるなどアニメ以上に本編に関わっている重要なデジモンとして扱われている。

デジモンフロンティア

CV:チョー(当時は長島雄一)
17話に登場。秋葉マーケットの雑貨屋の老人という設定。趣味はゲームだが、実力は友樹より少々劣る。
彼が使用するゲームの中に何故かブリザーモンのスピリットが入っていた。

デジモンアドベンチャー:

CV:金元寿子
59話に登場。
どちらが真の知識の使い手かを決めるべく、ホエーモンを人質に光子郎達に謎解きゲームを仕掛けた。実はサウンドバードモンに操られており、本来はガーべモンの仲間で光子郎のファンで人懐っこい性格。
本来は善良だが外部の影響で悪玉化していたというのは、上記の公式設定によく似た展開でもあったりする(こっちは最後に善良なデジモンに戻っているが)。
ちなみに1999年版では敵(悪役)だったが:では(一応)良いデジモンになったキャラの一人。(ほかはエテモンやガーベモン)

デジモンゴーストゲーム


「キキキ…忘れないぎゃ!その記憶、残してやるぎゃ」

「この実験が完成すれば、そのデータを元に私は記憶を持ったまま何度も生まれ変わる。神をも超える私の超頭脳を、存在を、永遠に残す事ができるぎゃ!」

CV:島田敏
第47話に登場。
今作では名前の通り、人間の耳の穴に忍び込める程に小さく、歴代最小のナノモンとなる。語尾に「ぎゃ」とつけて話すのが口癖

人間の霊体に着目した「記憶を保持したままデジモンを生まれ変わらせる実験」を行っており、実験の一環として死にかけていたシェイドラモンを「記憶の種」なるデータの塊に変換、人間の青年・"井原保"の霊体を一時的にデジタル化させた上で身体に植え付けた。
ただ彼はこの2人を「単なる実験道具」としてしか見ておらず、2人が歪に混ざり合った姿を見て「失敗も有益なデータ」と意に返さずにそのまま廃棄しようとする残忍さを持つマッドサイエンティスト。実験が成功すれば自身がそれを活用し、永遠に生き続ける腹づもりでいた。

正体を見破られた後は保の耳からシェイドラモンの身体を操って攻撃・逃亡を図るが、金属のボディを持つために磁石にくっつくという特性を利用され、エスピモンの体にテスラジェリーモンが触手を巻きつけ『パニッシューネ』を流し込むことで擬似的なコイル磁石を作る奇策で捕らえられ、シャーレに入れられ拘束された。

しかし、テティスモンがシェイドラモンを保の身体から取り除くのを見て、その原理を教えてもらおうとしたりと全く反省の色は無く、解放してもまた非人道的な実験を行うかもしれないと宙達が処遇を考えていたところ、久々に現れたブラックテイルモンが回収、デジタルワールドへ強制送還となった。

デジモンネクスト

削除部隊の参謀。配下にハグルモンを従えており、こちらはテイルモンに化けた。
メカスーツを使ってパラダイス温泉の女将であるエンジェウーモンに化けてピチモンから「ミズ」のデジメモリを奪おうとしたが、突発的にピチモンマリンエンジェモンに進化し、オーシャンラブで戦意を喪失した。なお、料理はバグ、温泉は機械油で偽装していたものの、アグモンはバグを美味そうに食べていた。
最終決戦ではツルギ達に力を貸すべく参戦した。

デジモンリアライズ

図書館でたびたび目撃されていた黒い影の正体。
リアルワールドのネットワークに関する知識を蓄えていた。知識の探求を旨とする紳士的な性格であり、敵意はない。また、勘も鋭く、エリスモンがスパイラルを感知する様子に早くから着目していた。
空間の異常によってリアルワールドやデジタルワールドとも繋がらない状態になってしまい、主人公に助けを求めた。スパイラルを隔離するために力を使っている状態であり、スパイラルの討伐は主人公らが行った。
スパイラルの討伐で拡散を誘発してしまった際には敵の解析を担当し、勝利に貢献した。

シーズン1終盤では家賃代わりと称して図書館にスパイラルと戦っている。

その他

デジモンクロスウォーズ 超デジカ大戦」では上記のナノモンとは別に、兵隊として戦う軍団のデジモンの事を指す言葉とて登場している。この影響で「デジモンストーリー超クロスウォーズ」では初代ナノモンを「ナノモンL(レジェンド)」と呼称していた。

そのためクロスウォーズアニメ第一話のスタッフクレジットに載っていたナノモンはチビックモンの事だと思われる。(担当声優もチビックモンと同じ菊池こころであるため)

進化ルート

ガジモンベース(デジタルモンスターVer.5)

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体
ズルモンパグモンガジモンサイクロモンorタスクモンナノモン

初登場作品での進化ルート。驚くべきことにここまで一切機械要素がない。これ以外にもデルタモンからも進化できた。これを反映して旧デジカ・Bo-67ではこれら三体の成熟期デジモンが進化元に据えられた。

ギザモンベース(デジモンストーリーサンバースト・ムーンライト)

成長期成熟期完全体究極体
ギザモンレアモンナノモンパラサイモン

パラサイモンを除き、「Ver.5」のデジモンで構成された進化ルート。実はこのギザモンこそ先述のデルタモンに進化するデジモンであった。
なお、この作品ではボンバーナニモンサンダーボールモンとのジョグレスでも生成できた。

ハグルモンベース(デジモンリアライズ)

成長期成熟期完全体
ハグルモンクロックモンナノモン


その他の進化元


その他の進化後



関連タグ

デジモン 完全体(デジモン) マシーン 

小型完全体デジモン仲間
マメモン メタルマメモン ギロモン ピッコロモン 

超デジカ大戦のナノモン
ピックモン(チビックモン)モニモンボムモン(クロスウォーズ版)、チクリモン

関連記事

親記事

メカノリモン めかのりもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12727

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました