ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ブリザーモンとは、デジタルモンスターに登場するハイブリッド体のデジモン。

概要

概要

レベルハイブリッド体
タイプ獣型
属性ヴァリアブル
必殺技アヴァランチステップ、グレッチャートルペイド(氷河魚雷)

氷のビーストスピリットによって進化した、ハイブリッド体デジモン。ヴァリアブル種。


まさかの熊じゃない

牛(特にヤクジャコウウシバイソン等)ともレイヨウターキンとも犬とも取れる不思議な顔立ちをしていて、ゴリラか雪男のような身体つき(アニメ版では猿のような素振りだった)。ドレッドロックのようで銛のようなフックが付いた髪(毛)は、鬼太郎とらの如く自由に動かせて武器にもなる。



チャックモンから一転、身体は熊にも劣らないゴツさを得た。

見た目とは裏腹に身軽で素早く、更には巨大化したペタルドラモンの足を掴んで投げ飛ばす怪力を持つ等ポテンシャルはかなり高い。

ハイブリッド体なので能力に変動があり、場合によっては究極体に匹敵する力を発揮することも。また、なぜか信心深く、祈りを欠かさない。


必殺技は「アヴァランチステップ」と「グレッチャートルペイド」。

雪や氷や冷気を直接発射する技はない(一応、アニメで吐息をシューツモンの回転で増幅させてアイスデビモンの動きを止めた事はあった)。


二刀流」、「角のある毛深い重量級の獣人」、「氷属性」、「主人公陣営の一角」、という点でヴァイクモンと似ている。


氷属性のハイブリッド体の中でも特に祖先のエンシェントメガテリウモンに似た姿をしている。


公式設定

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士の力を宿した、氷の能力を持つデジモン。勇猛果敢というより猪突猛進に近いが、とにかく意欲と功名心に溢れていて野性的。

好奇心が強く、目立ちたがりで、けっこうお調子者。

戦闘の際も信奉する氷雪の神に祈りを捧げるポーズを決めたり、必殺技の名前を叫んだりと何かとユーモラス。しかし、実際には、しっかり敵や地形を観察し、戦闘を有利に進めている抜け目の無さもある。

必殺技は二本のトマホーク、“エジ”と“オジ”を使って舞うようにして敵を切り刻む『アヴァランチステップ』と、伸縮自在の髪の毛で相手の動きを封じ、先端の刃で止めを刺す『グレッチャートルペイド(氷河魚雷)』。


作品での活躍

作品での活躍

デジモンフロンティア

氷見友樹がビースト進化した姿。この作品では1度だけながら口から冷気を吐く能力も持つ。

最初はビーストスピリットの野生の本能に振り回されて制御できず、その際に戦闘中に神への祈りを捧げたり、普段の友樹の性格からは想像できないようなやんちゃぶりを見せる。

ただし、味方にもなりふり構わず攻撃していた他のビースト形態の暴走っぷりを思うとこれでもまだマシな方である。


デジモンクロスウォーズ(漫画)

チーム・ブルーフレアの一員として登場。


関連項目

関連項目

デジタルモンスター 十闘士

エンシェントメガテリウモンチャックモン(ヒューマン形態) ⇔ ブリザーモン

ダイペンモン(融合形態) カイゼルグレイモン(超越形態) スサノオモン



野獣(ディズニー)…角の生えた毛深い大柄な獣人繋がり。なおかつ、「牛、ゴリラ、熊、オオカミをかけ合わせたような姿」という点で共通している。

概要

概要

レベルハイブリッド体
タイプ獣型
属性ヴァリアブル
必殺技アヴァランチステップ、グレッチャートルペイド(氷河魚雷)

氷のビーストスピリットによって進化した、ハイブリッド体デジモン。ヴァリアブル種。


まさかの熊じゃない

牛(特にヤクジャコウウシバイソン等)ともレイヨウターキンとも犬とも取れる不思議な顔立ちをしていて、ゴリラか雪男のような身体つき(アニメ版では猿のような素振りだった)。ドレッドロックのようで銛のようなフックが付いた髪(毛)は、鬼太郎とらの如く自由に動かせて武器にもなる。



チャックモンから一転、身体は熊にも劣らないゴツさを得た。

見た目とは裏腹に身軽で素早く、更には巨大化したペタルドラモンの足を掴んで投げ飛ばす怪力を持つ等ポテンシャルはかなり高い。

ハイブリッド体なので能力に変動があり、場合によっては究極体に匹敵する力を発揮することも。また、なぜか信心深く、祈りを欠かさない。


必殺技は「アヴァランチステップ」と「グレッチャートルペイド」。

雪や氷や冷気を直接発射する技はない(一応、アニメで吐息をシューツモンの回転で増幅させてアイスデビモンの動きを止めた事はあった)。


二刀流」、「角のある毛深い重量級の獣人」、「氷属性」、「主人公陣営の一角」、という点でヴァイクモンと似ている。


氷属性のハイブリッド体の中でも特に祖先のエンシェントメガテリウモンに似た姿をしている。


公式設定

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士の力を宿した、氷の能力を持つデジモン。勇猛果敢というより猪突猛進に近いが、とにかく意欲と功名心に溢れていて野性的。

好奇心が強く、目立ちたがりで、けっこうお調子者。

戦闘の際も信奉する氷雪の神に祈りを捧げるポーズを決めたり、必殺技の名前を叫んだりと何かとユーモラス。しかし、実際には、しっかり敵や地形を観察し、戦闘を有利に進めている抜け目の無さもある。

必殺技は二本のトマホーク、“エジ”と“オジ”を使って舞うようにして敵を切り刻む『アヴァランチステップ』と、伸縮自在の髪の毛で相手の動きを封じ、先端の刃で止めを刺す『グレッチャートルペイド(氷河魚雷)』。


作品での活躍

作品での活躍

デジモンフロンティア

氷見友樹がビースト進化した姿。この作品では1度だけながら口から冷気を吐く能力も持つ。

最初はビーストスピリットの野生の本能に振り回されて制御できず、その際に戦闘中に神への祈りを捧げたり、普段の友樹の性格からは想像できないようなやんちゃぶりを見せる。

ただし、味方にもなりふり構わず攻撃していた他のビースト形態の暴走っぷりを思うとこれでもまだマシな方である。


デジモンクロスウォーズ(漫画)

チーム・ブルーフレアの一員として登場。


関連項目

関連項目

デジタルモンスター 十闘士

エンシェントメガテリウモンチャックモン(ヒューマン形態) ⇔ ブリザーモン

ダイペンモン(融合形態) カイゼルグレイモン(超越形態) スサノオモン



野獣(ディズニー)…角の生えた毛深い大柄な獣人繋がり。なおかつ、「牛、ゴリラ、熊、オオカミをかけ合わせたような姿」という点で共通している。

関連記事

親記事

子記事

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ブリザーモン
1
ブリザーモン
1
ブリザーモンとは、デジタルモンスターに登場するハイブリッド体のデジモン。

概要

概要

レベルハイブリッド体
タイプ獣型
属性ヴァリアブル
必殺技アヴァランチステップ、グレッチャートルペイド(氷河魚雷)

氷のビーストスピリットによって進化した、ハイブリッド体デジモン。ヴァリアブル種。


まさかの熊じゃない

牛(特にヤクジャコウウシバイソン等)ともレイヨウターキンとも犬とも取れる不思議な顔立ちをしていて、ゴリラか雪男のような身体つき(アニメ版では猿のような素振りだった)。ドレッドロックのようで銛のようなフックが付いた髪(毛)は、鬼太郎とらの如く自由に動かせて武器にもなる。



チャックモンから一転、身体は熊にも劣らないゴツさを得た。

見た目とは裏腹に身軽で素早く、更には巨大化したペタルドラモンの足を掴んで投げ飛ばす怪力を持つ等ポテンシャルはかなり高い。

ハイブリッド体なので能力に変動があり、場合によっては究極体に匹敵する力を発揮することも。また、なぜか信心深く、祈りを欠かさない。


必殺技は「アヴァランチステップ」と「グレッチャートルペイド」。

雪や氷や冷気を直接発射する技はない(一応、アニメで吐息をシューツモンの回転で増幅させてアイスデビモンの動きを止めた事はあった)。


二刀流」、「角のある毛深い重量級の獣人」、「氷属性」、「主人公陣営の一角」、という点でヴァイクモンと似ている。


氷属性のハイブリッド体の中でも特に祖先のエンシェントメガテリウモンに似た姿をしている。


公式設定

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士の力を宿した、氷の能力を持つデジモン。勇猛果敢というより猪突猛進に近いが、とにかく意欲と功名心に溢れていて野性的。

好奇心が強く、目立ちたがりで、けっこうお調子者。

戦闘の際も信奉する氷雪の神に祈りを捧げるポーズを決めたり、必殺技の名前を叫んだりと何かとユーモラス。しかし、実際には、しっかり敵や地形を観察し、戦闘を有利に進めている抜け目の無さもある。

必殺技は二本のトマホーク、“エジ”と“オジ”を使って舞うようにして敵を切り刻む『アヴァランチステップ』と、伸縮自在の髪の毛で相手の動きを封じ、先端の刃で止めを刺す『グレッチャートルペイド(氷河魚雷)』。


作品での活躍

作品での活躍

デジモンフロンティア

氷見友樹がビースト進化した姿。この作品では1度だけながら口から冷気を吐く能力も持つ。

最初はビーストスピリットの野生の本能に振り回されて制御できず、その際に戦闘中に神への祈りを捧げたり、普段の友樹の性格からは想像できないようなやんちゃぶりを見せる。

ただし、味方にもなりふり構わず攻撃していた他のビースト形態の暴走っぷりを思うとこれでもまだマシな方である。


デジモンクロスウォーズ(漫画)

チーム・ブルーフレアの一員として登場。


関連項目

関連項目

デジタルモンスター 十闘士

エンシェントメガテリウモンチャックモン(ヒューマン形態) ⇔ ブリザーモン

ダイペンモン(融合形態) カイゼルグレイモン(超越形態) スサノオモン



野獣(ディズニー)…角の生えた毛深い大柄な獣人繋がり。なおかつ、「牛、ゴリラ、熊、オオカミをかけ合わせたような姿」という点で共通している。

概要

概要

レベルハイブリッド体
タイプ獣型
属性ヴァリアブル
必殺技アヴァランチステップ、グレッチャートルペイド(氷河魚雷)

氷のビーストスピリットによって進化した、ハイブリッド体デジモン。ヴァリアブル種。


まさかの熊じゃない

牛(特にヤクジャコウウシバイソン等)ともレイヨウターキンとも犬とも取れる不思議な顔立ちをしていて、ゴリラか雪男のような身体つき(アニメ版では猿のような素振りだった)。ドレッドロックのようで銛のようなフックが付いた髪(毛)は、鬼太郎とらの如く自由に動かせて武器にもなる。



チャックモンから一転、身体は熊にも劣らないゴツさを得た。

見た目とは裏腹に身軽で素早く、更には巨大化したペタルドラモンの足を掴んで投げ飛ばす怪力を持つ等ポテンシャルはかなり高い。

ハイブリッド体なので能力に変動があり、場合によっては究極体に匹敵する力を発揮することも。また、なぜか信心深く、祈りを欠かさない。


必殺技は「アヴァランチステップ」と「グレッチャートルペイド」。

雪や氷や冷気を直接発射する技はない(一応、アニメで吐息をシューツモンの回転で増幅させてアイスデビモンの動きを止めた事はあった)。


二刀流」、「角のある毛深い重量級の獣人」、「氷属性」、「主人公陣営の一角」、という点でヴァイクモンと似ている。


氷属性のハイブリッド体の中でも特に祖先のエンシェントメガテリウモンに似た姿をしている。


公式設定

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士の力を宿した、氷の能力を持つデジモン。勇猛果敢というより猪突猛進に近いが、とにかく意欲と功名心に溢れていて野性的。

好奇心が強く、目立ちたがりで、けっこうお調子者。

戦闘の際も信奉する氷雪の神に祈りを捧げるポーズを決めたり、必殺技の名前を叫んだりと何かとユーモラス。しかし、実際には、しっかり敵や地形を観察し、戦闘を有利に進めている抜け目の無さもある。

必殺技は二本のトマホーク、“エジ”と“オジ”を使って舞うようにして敵を切り刻む『アヴァランチステップ』と、伸縮自在の髪の毛で相手の動きを封じ、先端の刃で止めを刺す『グレッチャートルペイド(氷河魚雷)』。


作品での活躍

作品での活躍

デジモンフロンティア

氷見友樹がビースト進化した姿。この作品では1度だけながら口から冷気を吐く能力も持つ。

最初はビーストスピリットの野生の本能に振り回されて制御できず、その際に戦闘中に神への祈りを捧げたり、普段の友樹の性格からは想像できないようなやんちゃぶりを見せる。

ただし、味方にもなりふり構わず攻撃していた他のビースト形態の暴走っぷりを思うとこれでもまだマシな方である。


デジモンクロスウォーズ(漫画)

チーム・ブルーフレアの一員として登場。


関連項目

関連項目

デジタルモンスター 十闘士

エンシェントメガテリウモンチャックモン(ヒューマン形態) ⇔ ブリザーモン

ダイペンモン(融合形態) カイゼルグレイモン(超越形態) スサノオモン



野獣(ディズニー)…角の生えた毛深い大柄な獣人繋がり。なおかつ、「牛、ゴリラ、熊、オオカミをかけ合わせたような姿」という点で共通している。

関連記事

親記事

子記事

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 死神騎士は運命の婚約者を離さない

    読む▶︎
  3. その婚約者、いらないのでしたらわたしがもらいます! ずたぼろ令息が天下無双の旦那様になりました

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー