2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

属性データ
世代究極体
種族マシーン型
必殺技デストロイドクラッシュ
得意技リミテッドエキスプレスアタック
勢力メタルエンパイア、ネイチャースピリッツ、ナイトメアソルジャーズ


機関車の要素が強かった進化前に比べて、近代的な特急列車の要素が強くなった(というより成熟期であったトレイルモンより更に近代的となっている)デジモン。
ロコモンが速さを求めた末に進化した姿であるせいか、競争心が強く、猪突猛進な性格をしている。
究極体に進化したためか、パワーも進化前と比べて格段に上がっており、突撃を受けたデジモンは木っ端微塵に破壊されてしまう。
ロコモン時の弱点であったレールの上しか走れないという弱点も、レールの存在しない場所にレールを生み出す能力により見事にカバーされている。

必殺技は超スピードでスパイク車輪を敵に激突させる『デストロイドクラッシュ』。
デジモンストーリーサイバースルゥースでは突進系の通常技として『リミテッドエキスプレスアタック』も採用されており(プレイヤーが使うことはできない)、差別化のためか『デストロイドクラッシュ』は前輪から光を放つ魔法攻撃になっている。

『デジタルモンスターカードゲーム』ではなんと1枚で3つの勢力に属しているという珍しいデジモンとして扱われており、ほぼロコモン専用の究極体となっている。

各作品での登場

デジモンテイマーズ

本編とはパラレル関係にある映画第2作に登場。ロコモンがパラサイモンに寄生された末に進化した。どうみても進化というより変形では…。パラサイモンの寄生から解き放たれると、再び走り続ける為にデジタルワールドに帰還した。単純に「走り続けたい」という欲望が増幅されただけなので、根っこは変わっていなかったのである。
ちなみに声を担当したのはティラノでジャンボフォーメーションで有名なあの人

デジモンクロスウォーズ

声:佐々木望
デジタルワールドの吹き溜まり『ダストゾーン』の暴君として登場。運転士のハグルモンを侍らせており、クロスローダーを核にする事でゾーンの脱出を目論んでおり、住人たちを騙してタイキからクロスローダーを奪ったが、ピノッキモンのブリットハンマーで操縦席を破壊され、クロスローダーを奪還されてしまう。
最期はシャウトモンX4にデストロイドクラッシュを弾き返されて敗れた。

デジモンストーリー

ジャンクこうじょうのボスキャラとして登場し、プレイヤーキャラとしては登場しない。(ただし、『しんかディスク』で召喚して、必殺技でアシストしてもらう事は可能。)
第1作でボスキャラとして登場し、育成不可能だったデジモンが育成可能になった第2作以降の作品には登場していない。そのためか、後継シリーズであるサイバースルゥースシリーズでは育成が可能となっている。なお、いずれのシリーズでもロコモンの出番がハブられている。

デジモンストーリーサイバースルゥース

ハッカーのイチハラらに洗脳されてしまい、暴走した状態で主人公と対峙し、倒された。
デジモンを道具としか思わない彼らのやり方はテリアモンの激しい怒りを買った。


進化ルート

成長期成熟期完全体究極体
ハグルモントレイルモン/メカノリモンロコモングランドロコモン

その他の進化元


ジョグレス元



関連タグ

デジモン ロコモン トレイルモン パラサイモン

関連記事

親記事

ロコモン ろこもん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5196

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました