ピクシブ百科事典

カチコール

かちこーる

カチコールとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.712
ぶんるいひょうかいポケモン
タイプこおり
たかさ1.0m
おもさ99.5kg
とくせい


他言語版の名称

英語Bergmite
イタリア語Bergmite
スペイン語Bergmite
フランス語Grelaçon
ドイツ語 Arktip


進化

カチコールクレベース(Lv.37)

概要

 第六世代から登場したこおり枠の一匹。小さな氷山のような容姿をしている。名前の由来は恐らく「カチカチに凍る」。
 フロストケイブに生息。出会えるのはシナリオも終盤に差し掛かった頃となる。
 体の氷は、割られてもマイナス100度の冷気で修復することができるという。その生態からか、じこさいせいを習得できる。
 進化後であるクレベースの背中に乗って移動するようで、クレベースが航空母艦ならカチコールは艦載機といったところか。
 群れを作って生活しているポケモンで、公式サイトの説明では雪山のみならず、海上の流氷にも生息していると述べられていたが、第八世代にて遂に海辺付近の草むらに出現するようになった。


 タマゴ技はしろいきりじこさいせいバリアーミラーコートの4つのみ。
 しかししろいきり以外の遺伝難度がどれも高いので、少ないからと高を括ると痛い目を見る。

  • じこさいせいはレベル上げしたカチコール自身を親にする必要が有る(カチコールでもレベル47)。ハピナス道場を使うのも手か
  • ミラーコートはサニーゴ→1・3世代の水御三家のみ。しかし遺伝の際に必須となるサニーゴは♂率が低く、水御三家は♀率が低い。
  • バリアーに至ってはメノクラゲサニーゴミズゴロウのみ。
 後者二つに関しては水御三家が必須になってくるので『ORAS』の図鑑ナビによる手抜きすら許されない。ミラクル交換で孵化余りでも流れてきたならラッキーだが、実際に全部遺伝しようとなると非常に手を焼くことになるので注意しておこう。

関連イラスト

ポケモンX手に入れたーっ!!



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧
ポケモンXY こおりタイプ

関連記事

親記事

こおりタイプ こおりたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カチコール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177865

コメント