ピクシブ百科事典

高見山大五郎

たかみやまだいごろう

元大相撲の力士・高見山の事。引退後は東関親方。
目次[非表示]

概要

1944年6月16日生まれ。
アメリカ合衆国ハワイのマウイ島出身。

本名はジェシー・ジェームス・ワイラニ・クハウルアで愛称はジェシー。
日本に帰化した後は渡辺大五郎と名乗っている。

現役時代

1964年に高砂部屋に入門し3月場所にて初土俵を踏んだ。
外国出身かつ外国籍を持ついわゆる外国人力士の草分け的存在でちゃんこ鍋になかなか馴染めなかったりと苦労も多かったが、1967年に外国人力士初の関取となり翌年には幕内力士となった。

1972年7月場所にて13勝2敗で幕内初優勝を飾り外国出身の力士としては初めての優勝力士となった。
以後は三役・幕内上位の常連として長く現役を続け高い人気を博したが40歳を目前に1984年5月場所にて引退となった。

最高位は関脇。幕内在位97場所は魁皇旭天鵬に抜かれるまでは最長の記録で、挙げた金星も安芸乃島に抜かれるまでは最多の12個となっている。また幕内連続出場1231回は現在も抜かれていない歴代1位の記録となっている。

引退後

現役引退後は年寄・東関(第12代)を襲名して1986年に独立し東関部屋を開いた。
2009年に定年退職するまで同じハワイ出身の元横綱や元小結高見盛を育てた。

その他

  • 当初馴染めなかったちゃんこ鍋等の日本の食事に対してはケチャップをかけて対処した。
  • 当時の角界では勝負勘を養うという名目もあって花札等を用いたギャンブルが流行っていたが、高見山は現役時代から現在までギャンブル嫌いを公言している。
  • 高い人気から数多くのCMに出演して「CM横綱」と呼ばれた。


関連人物

高砂部屋

  • 高砂親方(第4代):元横綱前田山。入門時の師匠にあたる。
  • 高砂親方(第5代):元横綱朝潮(第3代)。高砂部屋出身の力士としては兄弟子にあたるが入門時には既に引退しており1971年に第4代が亡くなった際に第5代高砂親方として現役引退まで師匠となる。
  • 富士錦:兄弟子。最高位は小結。第5代高砂親方が1988年に死去した際に第6代高砂親方となる。2003年死去。
  • 前田山:兄弟子。元大関。元々は脱走の常習犯であったが高見山の入門で奮起して稽古に励み大関となった。
  • 朝潮(第4代):弟弟子。元大関。2003年に第6代高砂親方の死去により第7代高砂親方となる。
  • 水戸泉:弟弟子。最高位は関脇。1977年に自身のサイン会の時に出会いそれが入門のきっかけとなった。
  • 小錦八十吉(第6代):弟弟子。元大関。同じハワイ出身で現役晩年の高見山にスカウトされ、高見山は兄弟子として稽古をつけたり相談相手になっていた。

東関部屋

  • 曙太郎:弟子。同じハワイ出身で横綱にまで育てる。引退後は東関部屋で後進を指導していたが高見山との関係もあまり関係が良くなく廃業となった。
  • 高見盛:弟子。高見山と同じく現役時代は人気力士であった。。
  • 潮丸:弟子。高見山の定年退職後に第13代東関親方として部屋を引き継いだ。


関連タグ

相撲 大相撲
ハワイ 外国人

関連記事

親記事

力士 りきし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高見山大五郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント