ピクシブ百科事典

目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.807
ぶんるいじんらいポケモン
タイプでんき
たかさ1.5m
おもさ44.5kg
とくせいちくでん


概要

初登場はポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーン
第7世代における3匹目の幻のポケモンである。
2018年4月9日に公開され、同年公開の劇場版作品に登場することがアナウンスされた。

よろしくねぇ~!


稲妻の模様がある黄色い二足歩行の虎猫のような姿をしており、どことなくルカリオゾロアークの系譜を彷彿とさせる。
名前の由来は恐らく老虎(中:トラ)もしくはorage(仏:雷雨)と思われる。決してオラオラではない。
元ネタはストレートに雷獣であろう。

純粋なでんきタイプでありながら身体に発電器官を持たず、外部から取り込んだ電気エネルギーを身体にため込み自らの電気エネルギーとして使う事に長けている。
両手両足の肉球から大電流を放って強力な磁場を作り出し、リニアモーターカーの如く落雷に匹敵するスピードで空中移動する事が可能。

それらの放電を行う時は各部にある水色の部分が強い光を放ち、特にフルパワーで戦う際は額部分の鬣が逆立ってのように見える形となる。

余談だが色違いは白色である。正規での配信は今の所無い。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
881127510280143600


特筆すべきは幻のポケモンどころか全体でもかなり上位に位置する素早さ
専用技としてプラズマフィストを持つ。
一方、でんきタイプらしく耐久には不安が残るが、HPの種族値が割と高い為これでも並のでんきタイプよりは硬め。

専用技によって高威力のでんき物理技に恵まれているのもあるが、サブウェポンもなかなか優秀。
まずはインファイト。地味にでんきタイプでこれを覚えるのはゼラオラが唯一である。
他の電気タイプがばかぢからクロスチョップけたぐりに頼っていたことを考えると割と画期的な要素である。

また、ねこだましも持つ。虎=猫科ゆえか。
地味に最速のねこだまし使いである。
更に上からひるみを狙われる事が少ないので、相手の行動を安全に止めることができる。
他ははたきおとすほのおのパンチげきりん等も覚えたりする。

欠点は素早い分微妙に火力の数値が物足りない事。
数値としては十分なのだが、これに禁止伝説や幻のポケモンが絡むとどうしても低く見える。
また、何故かれいとうパンチだけピンポイントで覚えてくれない為でんきタイプらしくじめんタイプへの有効打に悩まされかねない。
ダグトリオ相手ですら確1を取れず、ガブリアスフライゴン相手だとげきりんが無いと話にならず(しかも乱数~確2)、ランドロスが来ると泣き寝入りするしかなくなる位地面に悩まされる。

ただ、明確に苦手分野が分かっているポケモンとも言えるので、上手く有利対面を作りながら立ち回る事を意識したいところである。

アニメでの活躍

劇場版21作品目『みんなの物語』に出演。声優は山寺宏一(オリバー市長と二役担当)。
本作ではある出来事で死んだポケモンとされ、住んでいた山に近づくと不幸が起きるという「ゼラオラの呪い」で人々から恐れられているが…

関連イラスト

ゼラオラ
-Zeraora-


プラズマ拳
ゼラオラ



関連タグ

幻のポケモン   でんきタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼラオラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 789088

コメント