ピクシブ百科事典

すごいとっくん

すごいとっくん

すごいとっくんとは、『ポケットモンスター』シリーズにおける要素のことである。
目次[非表示]

はじめに

ポケモンには「三値」というものがあり、その中の一つである「個体値」は生まれた時あるいは捕まえた時に既に決まっている生まれつきの数値である。
その個体値が高いポケモンを手に入れるために廃人達はこれまで孵化と厳選を繰り返していた。

しかし、対戦用の個体を育てるとなると廃人達がこの厳選にあたって大きな壁があるという……

それこそが「めざめるパワー」の存在であった。
特定のタイプを出したいがために厳選していた時、一部のタイプは「素早さの個体値を最高(31)に出来ない」など、多くの点で妥協せざるを得なかったのである。

また、ライトプレイヤーやそこまでバトルに力を入れていないトレーナーの場合、バトル参入のハードルは物凄く高い状態が続いていた。
所謂「旅パ」では対人戦はおろかバトル施設の攻略も覚束ない。
努力値基礎ポイント)は後から修正が利くが、個体値はどうしようもなく、かといって孵化厳選する環境にも乏しいので、攻略を諦めざるを得ない状況が続いていた。

第6世代までは。

概要

すごいとっくんとは、殿堂入り後に特定の施設にいる人物(作品によって常駐している施設や人物名は異なる)に「ぎんのおうかん」または「きんのおうかん」を渡すことにより「Lv100のポケモンを鍛えて、能力の個体値を最高(「31」、所謂「V」)の状態にする」というもの。
初出は『ポケットモンスター サン・ムーン』。以降の作品にも引き続き登場している。
「ぎんのおうかん」は1つの能力を、「きんのおうかん」は6か所全ての能力を対象とする。「ぎんのおうかん」の場合1匹の複数の能力をまとめて指定することもできる。
「Lv100まで上げる」のは大変だが、『USUM』や『剣盾』はレベルを上げやすくなっているので頑張ってみよう。

すごいとっくんで鍛えた箇所はジャッジ機能を使った際に「きたえた!」と表記され、数値も個体値31のときと全く同等ものになる。
ただし、あくまで個体値を擬似的に「最高の状態にする」だけであり、本当に個体値が最高に書き換えられる訳ではない
故に、預かり屋にポケモンを預けても遺伝されるのは鍛える前の「元の個体値」であり、すごいとっくんで「きたえた!」状態になった能力は遺伝されないので注意。
……厳選しようと低個体値のメタモンにうっかり「きんのおうかん」とか使ってしまった人は御愁傷様です。
同様に「めざめるパワー」も「元の個体値を参照してタイプが決定される」ことになる。そのため、たとえすごいとっくんを行ってもタイプは変化しない
なお、一度鍛えた能力は元に戻すことができない。別段注意する必要がないと思いきや、これが結構な落とし穴だったりする(後述)。

これにより、ほのお・かくとう等これまで最速を諦めなければいけなかった「めざめるパワー」のタイプであっても最速で放てるようになった。今まで諦めていた最速との両立が叶い、大きく強化されるようになった。
また、所謂「旅パ」のポケモンであっても個体値最大の状態で戦うことができるので、「旅パと対戦用のパーティは別」「旅パではバトルを極めることができない」という常識が覆り始めることになった。

また、孵化厳選が不可能な伝説のポケモン幻のポケモンも個体値最大の状態で戦わせることができるようになった。
伝説・幻組のほとんどが属する「タマゴ未発見グループ」は第6世代以降で入手する際に3V以上確定となるため、それ以前に比べれば格段に厳選しやすくなっているが、「すごいとっくん」の登場で遂に性格だけ粘ればよくなった。……所定のタイプの「めざめるパワー」が欲しい場合は多少厳選の必要がまだあるが。
ちなみに3V最低保証の関係上、第6世代以降で入手したこれらのポケモンの「めざめるパワー」かくとうが存在し得なくなっていることには注意(孵化できるフィオネのみ例外)。どうしても欲しければ第5世代以前で厳選する必要がある。

……が、実のところこの「すごいとっくん」は闇雲に使っていいものではないと言われている。
理由は簡単。個体値が低い場合が最良とされるケースが結構あるため。

  • 特殊技しか使わないポケモンの場合、「こうげき」の個体値が高いと「イカサマ」や「こんらん」の自傷で受けるダメージが増えてしまうため、「こうげき」の個体値は低い方がよい
  • 自分または味方が「トリックルーム」を使う場合、「すばやさ」の個体値が高いと先手を取れなくなる可能性が出るため、「すばやさ」の個体値は低い方がよい
残念ながら個体値を最低にするアイテムは第8世代現在見つかっていないため、この部分は厳選が必要で、しかもうっかり「すごいとっくん」など使ってしまったら取り返しがつかなくなる。
真のポケモン廃人にとって「最高個体値は最良個体値とは限らない」のである。
そしてこういった事情から、引き上げる個体値を選べる「ぎんのおうかん」の方が需要が高く、6Vにしかできない「きんのおうかん」は半ば要らない子扱いされている

『剣盾』では「めざめるパワー」が廃止されているため、いよいよもって性格だけ厳選すればよくなった……どころか性格すら後天的に変更できてしまう上に隠れ特性に変えることもできるため、最早該当する種の個体だけいればよくなった(アイテムの入手自体はかなり困難だが)。
なお、一時期ポケモンホームにおいて「すごいとっくん」できたえた箇所がリセットされる不具合が発生していたが、現在はアップデートで無事に修正された(ここからも「一時的に引き上げているだけの状態」であることが分かる)。

関連タグ

ポケモン ぎんのおうかん きんのおうかん めざめるパワー ポケモン廃人 預かり屋
ミント(ポケモン) とくせいカプセル とくせいパッチ

関連記事

親記事

ポケモン廃人 ぽけもんはいじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「すごいとっくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123721

コメント