ピクシブ百科事典

概要

cv:若本規夫/演:益岡徹
銀座和食料理屋岡星」の主人。初登場1巻「平凡の非凡」。山岡士郎とは、京極万太郎にご馳走する店として、銀座の料理界の裏事情に詳しいホームレスの辰さんが山岡に「岡星」を紹介したのをきっかけに知り合った。山岡の料理面での最大の協力者であり、料理研究は「岡星」で行うことが多い。また「究極のメニュー」対決における調理を担当している。山岡たちの良き理解者でもあり、大原社主と衝突して退社しようとした山岡達をたしなめたことがある(45巻「呪われた結婚!?」)。「究極のメニュー」作りへの協力を惜しまない一方、海原雄山を尊敬していて、良三を「美食倶楽部」に修行に行かせている。弟の良三絡みで山岡を頼る事が多いが、大原社主等と違って身勝手なお願いはせず、常に誠実な態度で山岡達に接しているので信頼は非常に厚い。

高校を中退して料理の道へ入り、主に関西で修業した。柔軟なセンスの持ち主で、伝統的な日本料理だけに留まらず中華料理西洋料理なども参考にした創作料理も多く生み出しており、周囲から「天才・岡星」と呼ばれている。海原雄山と直接話すことは多くないが、厳格な雄山も岡星の力量を高く買っている発言が見られる。
当初は弟子を取っていなかったが、作中で弟子として田山勇一と大里数夫を雇うようになる。また、料理学校でも講師をしている(岡星の生徒たちが山岡たちに料理を振舞うシーンがある)。

妻の冬美とは料亭「吉長」で修業中に知り合って結婚。その後、独立し、2人で「岡星」を始める。しかし、隣家からの延焼で一度店を失い、自分の運のせいと考えた冬美に一時期失踪されてしまった。だが、その後また一緒に暮らし始め、現在は冬美と一人娘の3人家族。

生真面目な性格で、料理の世界一筋に生きてきたためグルメブームなどの「流行感覚」「高級志向」な考えに苦悩する時があり(37巻「激突アボリジニー料理!!」)、その後「うつ病」になってしまった(96巻「究極の料理人…春編…」)。一時は休店まで追い詰められて自殺も考えたが、山岡の考案で西健一郎の「究極のメニュー…西音松・西健一郎の料理 春・夏・秋・冬…」を食べてからは閉店を一応思い止まり、完治はしていないものの店を再開し治療を続けている。

なお、名前(名字)の由来は劇中の美食倶楽部のモデルである「星ヶ岡茶寮(星岡茶寮)」と思われる。

関連タグ

美味しんぼ 料理人

関連記事

親記事

美味しんぼ おいしんぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「岡星精一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 903

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました