ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

捕鯨とは、クジラ捕獲することである。イルカ漁を含む。
また、それとは別に下記のことを指す場合もある。


捕鯨問題

アメリカ合衆国オーストラリアフランススペインブラジルなどでは反捕鯨運動が盛んである。これらの国は過去には鯨油目的で大規模な捕鯨を行っていた(油を採った後のクジラは捨てていた)が、先住民を除いてクジラを食用とする文化が存在しない。
東アジアの日本、北欧のノルウェーアイスランド、デンマーク領フェロー諸島及びグリーンランドではクジラ肉を食べる文化があるため現在でも捕鯨が行われるが、厳しい捕獲枠で規制されている。

日本とノルウェーとアイスランドは商業捕鯨再開を目指して足並みを揃えている。
とりわけ日本は2018年12月に長年加盟していたIWC(国際捕鯨委員会)を脱退して商業捕鯨を再開する決定を下し、国内外から注目や批判が集まっている。
一方アメリカ合衆国やカナダは先住民の捕鯨は認めているが商業流通は認めないという複雑な立場である。
韓国もクジラを食用とする文化があるが、日本の捕鯨に反対する立場から自国を非捕鯨国であるとしており、「網に偶然掛かってきてしまった鯨のみ」食用にしていると主張している(とは言うものの、韓国国内にはクジラの専門料理店が数多く存在し、「偶然掛かった」にしては不自然なぐらい多数の鯨が消費されている事実もあり、意図的に捕鯨を行っているものとみられる)。
また、ロシアは先住民捕獲枠が認められているほか、調査捕鯨も行っており、ウラジーミル・プーチン首相がクジラ撃ちに挑戦したこともある。

なお、反捕鯨運動は日本ばかりをターゲットにしているわけではない。アイスランドやノルウェーでもシーシェパードなどの反捕鯨団体の嫌がらせは盛んで、捕鯨船を体当たりで沈没させられた事件も起っている。アメリカ合衆国やカナダはインディアンエスキモーの沿岸捕鯨が許可されているが、反捕鯨団体はこれにも抗議行動を行っている。ロシアでは反捕鯨団体は容赦なく銃撃されるため、現在ではロシアでの抗議活動は行なわれていない。

日本と北米の捕鯨文化

日本では「クジラは捨てるところがない」と言われ、鯨ひげ、内蔵、鯨骨など余すところなく活用してきた。ただし、鯨食文化は日本でも地域により大きな差があり、「日本はクジラの隅から隅まで有効活用したが、西洋人は鯨油目的で油を搾った後は捨てていた」というのは誤り(というかかなり雑な把握)である。日本でも冷凍鯨肉の流通が始まったのは昭和以降であり、それまでは脂肪層を塩蔵した「皮鯨」が主に流通していた。軟骨から内臓まで食用にしていたのは房総半島などの一部の漁村だけだったようである。日本でも明治期に西洋式の捕鯨技術が入ってきた後、大正期までの捕鯨船には冷凍設備がなかったこともあり、油を絞った後の鯨肉は廃棄することも多かったという。一方、アメリカ合衆国などでは鯨肉が全国流通することはなかったが、クジラ自体の食用はタブーでも何でもなく、実際に漁師や漁村の関係者らは鯨肉を食べる場合もしばしばあった。

アメリカ合衆国の小説白鯨」は、作家ハーマン・メルヴィルが実際にアメリカ捕鯨船に乗って取材した後に執筆された小説で、聖書を大量に引用しながら、アメリカ捕鯨という職業の風習や、捕らえた鯨の処理方法、嗜好で鯨肉を食べちゃう漁師の事まで、詳しく記述されている。詳しく知りたい人には絶好の資料、おすすめ。

反捕鯨にまつわる思想

反捕鯨運動とキリスト教を結びつける俗説があるが、誤りである。
実際、捕鯨国にはキリスト教国も含まれる。キリスト教においてクジラやイルカは聖なる動物でも何でもない。
神に象って創造されたわけでも霊魂を持っているわけでもないという意味で他の動物と同じである。
聖なるものの象徴にされる動物も存在するが、イエス・キリストの象徴である子羊も聖霊の象徴であるも普通に食用である。
そもそもキリスト教にはユダヤ教イスラム教のような食料規定が存在しない。

反捕鯨の思想的背景は、アニマルライツ(動物の権利)思想やニューエイジである。

関連タグ

漁業
クジラ ダライアス シーシェパード Twitter 捕鯨トリオ
ノルウェー アイスランド
ハープーン:大型のを発射する捕鯨砲、又はアメリカの対艦ミサイル

pixivに投稿された作品 pixivで「捕鯨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2308336

コメント