ピクシブ百科事典

反日

はんにち

反日とは日本国およびその国民を侮辱、誹謗中傷する行為や思想である。
目次[非表示]

概要

反日とは親日対義語であり、一般的日本国日本政府日本国民などに対して反抗憎悪する行為、およびそのような思想を持つ個人および団体達を差すという認識であり、日本政府に直接関与しない特定政治家などの有名人大日本帝国やそれ以前に成立した日本国に含まれる国や政権などは含まれないとされる。

思想をまとめると

この反日による行為や思想は様々であるが、共通した認識としては「日本に関連した歴史や建物、政治家、国民などに対して侮蔑する行為」に対して反日と捉えられるのが一般的であるとされ、またこの言葉をレッテル貼りの一種としても用いている事例も存在する。

分類等

こちら( この記事のログより )……、このようにいろいろ面倒くさい内容であるため、本来ならば非常に記述したくないため、外部リンクに投げたいが、それをやると自治厨不要記事扱いされるため簡単に記述を行うが、この感情に至る思想はいくつか存在するといわれ、それらが入り混じっている可能性が存在する。

黄禍論

黄禍論と呼ばれる思想は、19世紀終わりごろヨーロッパにて広まったものであり、本来は白人による黄色人種脅威とし排除すべきとする思想であるが、特に目立った黄色人種に使われ中国人日本人が対象となり、彼らが世界で活躍するようになってから強くなったといわれ、戦前における中国人および日本人の排斥などはこの思想から来ている、といわれる。

ジャパンバッシング

ジャパンバッシングは、欧米、特にアメリカ合衆国の貿易の不均衡( 原因には日本の貿易保護以外にもアメリカに魅力的な商品等がなかった、という面もある )や国内の不景気へのはけ口という面もあり、それが先に述べた黄禍論的な思想と相まって発生した、と思われる筋もある。

アジアにおける反日

反日感情の広まりは白人だけではなく、アジアにおける戦争植民地支配、さらには日中戦争および太平洋戦争において、黄色人種にも広まっており、具体的には日本軍は戦争遂行のためかなり無茶をした、あるいはその種のプロパガンダにより相当悪いイメージがついている。

自らの正当化

また、自らの地域体制を正当化する、あるいは現状に目をそらさせるため、必要以上に日本を悪者にする、ということが行われる場合があるともいわれ、ある一面においてはその行為は自らに不利となる場合でも行われる場合がある。

日本国内による「反日」

この内容はいくつか存在し、例えば日本国に組み込まれた先住民や各種差別を受けた人々に対する処理、売国左翼的な思想などがあげられ、また「自らの意見主張補強」のため日本の政府および首脳バッシングするという場合も存在し、またマスコミにおいては基本的に体制を批判する必要性があることや大人の事情により、必要以上に政権批判などを行い、そのように扱われる場合が存在する。

思想の布教

またこれらの思想を他者に布教する、という行為も行われる場合も存在し、国外においてはVANKなどがその活動で有名であり、国内では日教組が特に行っていたとされるその種の教育、例えば「自衛官の子息の吊るし上げ」や「君が代のページにプリント貼付」などが有名であるとされる。

pixivにおける扱い

pixivでは昼夜問わず、日本を中心に世界中からユーザー作品イラストうごイラ漫画小説などが投稿され、描かれる内容も表現方法や題材の切り取り方など多義に渡り、これらは一般的には「表現の自由」に守られて投稿されている。

政治と反日

その中で、政治思想を題材にした作品群も一ジャンルとして存在しており、過去および現在の政治や思想等を参照した時事ネタ風刺画など様々であり、その中で「反日」という単語は上記にも記したように「日本を侮辱する行為」を連想させる単語であり、ネタにする際にはそれなりの扱い方に注意する必要がある。

タグの登録

作品内容が反日的思想を持つ、あるいはそのようなレッテルを貼り付けたい人物を描いた際に「反日」という単語を検索ワードとして登録される場合もあるが、作品内容が反日的であるとされると「反日的な作家」として検索ワードを登録される場合があり、それにより作品を発表したユーザーが炎上したり、場合によっては作者が退会に追い込まれたり煽った側がアカウント停止となるケースも珍しくなく一騒動に繋がる恐れがある。

問題点

作品の発表に関しては、日本国においてはどのような思想を持ち、それを表現するかは憲法で守られた「思想の自由」および「表現の自由」であるとみなされ、発表した個人および団体を誹謗中傷する理由にはならないものも、作品の内容によって閲覧した人達がどのような捉え方をして感想指摘を述べるかも「表現の自由」および「思想の自由」である以上、発表したユーザー自身も起きた事象についての道徳的な責任は存在し、「反日」に限らず、政治や思想を題材にした作品の扱い方は非常に難しく慎重にならざるを得ないのは誰の目にも明らかであり、作品を発表する際は例え表現の自由で守られているとは言えど、その自由の裏には「表現に対する責任」が発生する事を留意し自覚した上での行動が望まれる。

関連項目

ジャパンバッシング 黄禍論
日本狗 日本鬼子
テコンダー朴
特定アジア パヨク
レッテル貼り ネトウヨ

含む

この種の項目に関しては、大多数が無能なユーザーにより白紙化されている
反日レイシスト 反日ヘイト 反日企業
東アジア反日武装戦線

参照

wikipedia:同項目反日感情黄禍論ジャパンバッシングディスカウントジャパン運動
ニコニコ大百科:同項目
twitter:hashtag
ピクシブ百科事典:反日左翼の編集履歴売国左翼の編集履歴

pixivに投稿された作品 pixivで「反日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54096

コメント