ピクシブ百科事典

ジャパンバッシング

じゃぱんばっしんぐ

欧米諸国(特にアメリカ合衆国)における日本への反発や攻撃の姿勢(反日)のこと
目次[非表示]

概要

日本政府・日本企業・日本人などへのバッシング。

主に、80年代日本企業欧米諸国で台頭し、企業・不動産等にたいし買収攻勢をかけた際に起こった日本叩きを指す。

この時期のアメリカ合衆国の製造業は日本企業に押されて業績悪化に苦しんでおり、対日貿易赤字は大きな国際問題となっていた。アメリカ政府は日本政府への政治的圧力を強め、アメリカ製品の購入拡大、民営化、規制緩和の実施などを迫った。当時の中曽根康弘政権はこれを受け入れ、のちのバブル景気発生につながるプラザ合意(円高容認政策)・金融緩和などが実施される。

その後の日本(自民党政権)は1989年には日米構造協議、1994年には年次改革要望書、2005年には郵政民営化方針可決と、アメリカの要望を丸呑みする従属姿勢を強めていった。

非関連タグ

ヘイトクライム:こちらは民族そのものに対する恨みで、貿易摩擦が原因のジャパンバッシングのような正当性を持った報復ではない。

外部リンク

ジャパンバッシング - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャパンバッシング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134

コメント