ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

主に人物を対象としてその人がある時見せた一面と別の時見せた一面の間にかなりの差がある場合に用いられる言葉である。


創作物では意外と用いられる手段であり「ギャップ萌え」という言葉も存在する。例えばツンデレもギャップの一つといえる。普段は(または親しくなる前は)素っ気なく接してくるのに対して、二人きりになったり親しくなったりするとそれまでの接し方が嘘のように甘えてくる、という具合である。


他にも如何にも強面で近寄りがたい人物が動物を愛でていたり、地味色気の無い女の子が脱ぐと凄かったり、男勝り性格なのにお化けが苦手だったりというのがギャップになる。


多くの場合他人から見て近寄りがたい特徴を持っている人が親しみやすい特徴を見せるとギャップ萌えに発展しやすい。このギャップが少ないとギャップ萌え等は起きにくいがギャップが大きすぎるとキャラが定まらないという問題点も抱える。要は匙加減である。


ギャップ萌えというタグもあるが特化したギャップについては専用のタグも多く存在する。

よくあるギャップ編集

ギャップを持つキャラクターの一例編集


公式企画への利用編集

第17回らぶドロップス恋愛小説コンテスト』のサブテーマタグの一つ。詳細はらぶドロップス17を参照。


関連タグ編集

ギャップ萌え ギャップが魅力 違和感 ジェネレーションギャップ

関連記事

親記事

性格 せいかく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26241736

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました