ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

沖田総司が使用していたことで知られる刀。

刀について詳しくは→大和守安定


他作品にも同名の人物が存在する関係上、刀剣乱舞はこちらのタグを使う事を推奨する。


プロフィール

大和守安定
刀帳87番
種類打刀
刀派なし
刀工大和守安定
身長165cm
一人称
市来光弘
演者(舞台/ミュージカル)植田圭輔/鳥越裕貴
汲田

「大和守安定。扱いにくいけど、いい剣のつもり。」

「僕を一番愛してくれる人は、誰だろう?」

「お帰りなさーい!」

「気分を切り替えないとな……出撃するぞ!オラァ!」


概要

原作・キャラクターデザインをニトロプラスが手掛ける、DMM.comサービスで配信中のブラウザゲーム『刀剣乱舞』に登場する刀剣男士

チュートリアルで選べる初期刀である加州清光とともに、新撰組沖田総司が使用していたとされる打刀。

また、加州清光同様に扱いが難しいことを自負し、自らを愛してくれる者を探している。


公式による事前紹介

新撰組 沖田総司が使用していたとされる打刀。

加州清光と同じく、扱いが難しく使い手を選ぶ。

そのため値は安かったとも言われている。

一見おとなしそうに見えるが、戦闘となると……。

公式特設サイトの紹介文


新撰組 沖田総司が使用していたとされ、扱いが難しいことから使い手を選ぶ。

そんな彼は自らを愛してくれる者を探す。

外見は大人しそうな大和守くんですが戦闘となると、独特な魅力も垣間見えます。

公式Twitterの紹介文


容姿

大和守安定


新撰組の浅葱色のだんだら羽織をした和装袴姿の刀剣男士。着物の下に着ている長手甲にはキャラクターの紋が入っている。白い襟巻を後ろに流している。

山なりのタレ目である青い瞳で、左目の下にほくろがある。

外ハネ気味の柔らかい黒髪を高く結い上げており、ポニテはポメラニアンの尻尾のイメージでモフモフとのこと。かつて主を同じくした加州清光とはキャラデザインが対になっている点が多い。


公式設定集の刀剣乱舞絢爛図録では表情について、『純朴無邪気な印象。ぽやっとした雰囲気』、『表情の変化が大きく、温和な笑みが多い』、『基本的には穏やかな印象』、『清光が見た目を綺麗に飾るのに対して、安定はナチュラルで仕草などが可愛らしいイメージ』などの記述がされている。


安定くん

内番での衣装は加州清光とは色違いの青を基調とした和装袴姿。市松模様の襷掛けは揃いで、ここでも白い襟巻をしている。

普段時は馬乗袴であるが、内番時は行燈袴となっている。


キャラクター像

『一見おとなしそうに見えるが、戦闘となると……。』


普段は見た目通りの大人しく落ち着いた性格や口調をしている。(~だね、~だよ、~かい?といった口調)


近侍に任命しているときの本丸でのクリックでは「僕がそんなに珍しい?」「飽きずに僕を撫でるね」といった審神者とのスキンシップがあり、「僕を…愛してくれるのかい?」とこちらを窺ってきたりもする。普段時から主に直球を投げてくる珍しい存在。ログインボイスでは「僕を一番愛してくれる人は、誰だろう?」と発する姿もあり、愛情を求めている素振りがある。

装備を与えた際には、似合ってるか聞いてきたり、目を掛けられてる分には頑張ると言ったりもする。


通常時の畑当番終了での独り言では「これで一緒の奴が好みの相手だったら……なんでもない!」と意味深な発言をする姿もあったり。


さらに、本丸で放置していると「何か別のゲーム、やってる?」メタ発言もする。

提督オヤカタ刀匠などを兼任している者は思わずギクリとするのではないだろうか。


普段は大変穏やかであり高めで柔らかい声質も相まって可愛らしいが、出陣の際には「気分を切り替えないとな……出撃するぞ! オラァ!」と一気に様相が変わる。

ひとたび戦闘や手合せとなると一転し、「首落ちて死ね!」だの「おお、殺してやるよ! 子猫ちゃん!」だの、戦闘狂かと思うような台詞が飛び出す。

しかし、戦闘が終わると途端に普段の穏やかな顔に戻り、誉(MVP)を取ると「ありがとう、嬉しいよ」と審神者に朗らかにお礼を述べてくれる。

オン・オフの差が著しいタイプの性格なようだ。



ボスマス到達ボイスでは、敵大将を見つけて狂戦士のような調子っぱずれの笑い声まで発したりする。

首落ちて死ね

「フッフ、ハハッッ……! お前が大将かぁ……!」


戦闘では激しい姿のイメージが強いが、一騎討ち台詞では落ち着いた凛々しい戦いの姿勢も見せる。



また、前の主(沖田総司)のことを「沖田くん」と呼び、慕って(想って?)いるようだ。

ランクアップで強くなれた際には「少しは、沖田くんに近づけたかな……」と言う姿もあり、精進している様子がある。その慕う心の深さはとある瞬間にも見られる。


6面ステージ『池田屋の記憶』での和泉守兼定との回想イベントでは、沖田が生きる歴史を前にした、使命に対する彼の毅然とした意志を窺うことも出来る。


6-3『池田屋の記憶:池田屋二階』では新撰組に縁ある刀剣男士を部隊長にして出陣すると1マス目で特殊台詞が聞ける。


2017年10月10日のメンテナンス後に「」が実装された。

レベル70以降、四日間の修行を経ることで極の姿になることが出来る。



大和守安定の様子がいつもと違うようだ。


「今日は、大事な話があるんだ」


大和守安定が修行に旅立ちたいようです。

修行に行かせますか?


はい(大和守安定極の頁に飛びます)

 いいえ


沖田の刀たち

かつて主を同じくした加州清光とは、彼のキャラ設定で「大和守安定とは正反対に見えて似た者同士の喧嘩仲間」と書かれており、同じ部隊に入れて1面ステージ『維新の記憶:鳥羽』に出陣すると回想イベント其の2を見ることが出来る。

また、2015年4月21日のアップデート以降、3種すべての内番でこの二人を組ませたときに特殊会話が見られるようになった。

喧嘩仲間といっても仲は良好で、作中では喧嘩らしい喧嘩はほぼなく、気を許し合う間柄なようである。



上記の同アップデートでは、新撰組及び幕末志士に縁ある他の刀剣男士とも手合せで一緒に組むと特殊台詞が発生するようになっている。


ちなみに、近侍をしているとき共に万屋に行くと「お店か…加州清光ならはしゃぐかもしれないけど」と言っており、ここではフルネームで呼んでいる。

余談だが、ミュージカル「阿津賀志山異聞」では清光に「大和守安定」とフルネームで呼ばれている。

※しかしこれらはどちらも審神者に対しての返答である故に、畏まった言い方をした可能性がある

幕末天狼傳や後述の花丸では「清光」「安定」と呼び合っている。


6面『池田屋の記憶』では新撰組に縁ある刀剣男士が活躍することになり、そこでも清光とのやり取りが見られる機会がある。


二次創作での扱い

ギャグ色の強い作品では「加州清光と喧嘩友達」「戦闘になると性格が豹変する」といった要素が強調されることが多く、加州清光に対して暴言を吐いたり(主に「ブス」と罵っている場合が多い)、いわゆる「腹黒キャラ」のような扱いを受けることがしばしばある。

また、前の主(沖田総司)に関する発言が多いことから、原作以上に沖田を慕っている、または沖田以外の主は認めないといったようなキャラ付けがされている作品も少なからず存在する。

これらはいずれも原作には存在しない、あるいは自己解釈が含まれる設定であるため、やり過ぎには注意が必要である。


アニメ『刀剣乱舞-花丸-

10月から放送開始のアニメ『刀剣乱舞-花丸-』の主人公を務めることとなっている。物語は、大和守安定が新しく17振りめの刀剣男士として“とある本丸”に顕現した翌朝から始まる。

元の主が同じ加州清光は先んじて顕現している初期刀であり、安定の成長を見守りサポートすることの多い相棒役。アニメでのお互いの呼び方は、「安定」「清光」である。

顕現した翌朝、安定は不思議な夢を見る。沖田総司が池田屋に帯刀していた刀が、自分の知る歴史では加州清光だったのに夢の中では大和守安定だったのだ。その後も安定は度々その夢を見ることになる。


1話では政府からの緊急連絡で池田屋へ行くことになり、安定は初出陣にして審神者から隊長に抜擢される。審神者からは「全員折れずに無事帰還すること」を願って、刀剣破壊を防ぐアイテムの「お守り」を渡され、主お世話係のへし切長谷部からは傷がついたらすぐ戻ってくるようにとの隊長の心得を審神者に代わって伝えられる。

しかし、沖田への憧れで気持ちがはやるあまり、安定は二階へ単身突っ込んでしまう。敵大太刀の攻撃を間一髪で避けるも、弾みで背中から階段落ちする。敵の追撃にやられそうになったところを清光に助けられ、池田屋は撤退となった。

本丸に帰還後は、敵に斬られてぱっつんになってしまった前髪を、清光が桜のヘアピンで留めてくれた。清光からの誉の代わりかもしれない。

花丸!


原作よりやや幼い印象があり、無邪気で明るい性格をしているため、良くも悪くも素直なのか、2話ではへし切長谷部や宗三左文字達の織田信長への複雑な思いを理解できない事もあった。

しかし、燃える本能寺をじっと眺めて偲ぶへし切長谷部・宗三左文字・薬研藤四郎を見て、彼らの思いが「言葉通りの意味とは限らない」ことを感じ、元主への姿勢にも様々あることを知った。

「もし今信長が生きていて会うことができたら何て言葉をかける?」という安定の問いに長谷部と宗三は「言いたいことなんて何もない」「あの男に何を言った所でねぇ」と晴れやかな笑みで答える。

2振りの際やかな返答に比べ、安定は『僕は沖田君に会いたい。今でも生きていたらと思う。会ったら何て言おうかな…』と思い悩む。


3話では、みんなが庭の大木の正体に桜を希望したことから、安定発案で裏紙がピンクの短冊に沢山書いてお願いをすることに。全て書き終わって大木に吊るすと、大量のピンクの短冊によって桜が出来たのであった。桜の願掛けの他に、普段口には出さない願いも書かれた短冊もあった。すると、みんなの願いの力を受けてか、大木に本当に桜の蕾が付き始め、大騒ぎに。安定も短冊にある決意を書き記して吊るした。


2話での織田所縁の刀達の姿勢を踏まえて、4話では歴史を守ることで元主の生きた運命を守りたいという答えを出す。沖田のように強くなることを目標とし、強さとは何かを見つめ直した。

和泉守兼定と手合わせも白熱し、少しずつ成長を見せてきた。


6話では発熱して床に臥せった審神者のために思い遣り動く刀剣男士達の姿と、主に使ってもらえることが自分たち刀の喜びだという清光の言葉に感じ入り、主のために自分も強くなりたいと決意した。沖田のことばかりだった安定が、今の主のためになりたいと変化した瞬間である。


劇場版である「幕間回想録」、および2期の「続刀剣乱舞-花丸-」では修行に旅立つ様子が描かれており、ゲームの設定とは違い「いつ帰るかはわからない」と言っていた


アニメ 続『刀剣乱舞-花丸-


全編を通じて修行の旅を続けている様子が描写される。

検非違使に目をつけられないよう、歴史改変にあたらないように慎重に時代を選び、現代にも立ち寄っていたらしき描写が入った。


11話、延享・江戸城に出陣した伊達・細川の刀が窮地に陥った際、清光と極の姿となった愛染国俊、厚藤四郎が応援に駆けつける。

彼らの力をもってしても強力な敵だったが、そこに時空の隙間が生じて安定が落っこちてくるという事態が発生。極の姿を披露して敵を撃破するが再び隙間に飲み込まれ、本丸への帰還が少し遅れるというトラブルが発生した。

その後ようやく桜の花が咲く季節に帰還。新たに増えた仲間たちと共に写真を撮る場面で、物語は終わりを迎える。


特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~

2022年5月公開「雪ノ巻」に登場。冒頭では鬼と化した加州を相手に壮絶な戦を繰り広げる。豆を使って

本丸に配属になったばかりの山姥切長義が山姥切国広を偽物呼ばわりした時は、国広をフォローして「それ以上言うと許さない」と牽制。その上で出陣を経て明らかとなった、本歌と写しがお互いに抱く複雑な感情については「似た者同士」とした上で、手合わせでもしてお互いの気持ちをぶつけあう事を提案した。

終盤になり、加州が修行の旅に出る事を決意。その旅立ちを見送り、「新刀剣男士お世話係」を代わって拝命する。


2022年7月公開「月ノ巻」は、本丸を挙げて3日間限定の夏休みが与えられる。

メインビジュアルでは軽装を披露しており、続で開催された水鉄砲のサバゲーに参加。

追い込まれると髪紐をほどいてバーサーカーモードに突入し、語気も表情もおおいに荒ぶりながら勝利に貢献した。終盤になって修行から帰還した清光を出迎え、共に花火を楽しむ。


掉尾を飾る「華ノ巻」では、遠征部隊が持ち帰ってしまった呪詛入りの玉鋼によって、審神者が人事不省の状態に陥ってしまう。審神者の魂を助けるため、清光と共に審神者の精神世界へと突入。魚めいた異形の化け物を多数相手取って戦うが、見る影もなく破壊された精神世界に言葉を失い心折れかけてしまう。しかし現実世界では刀剣男士らが主の為に祈りを捧げ、願いの万葉桜の下にそれぞれの思念が集結。呪いから解放された審神者は無事覚醒し、二振も自身の肉体への帰還を無事果たすのだった。


ミュージカル『刀剣乱舞』

初登場は「幕末天狼傳」。演じるのは鳥越裕貴。

花丸とはまた打って変わって、とても元気かつフリーダムなキャラクターとなっている。

あまりにもはしゃぎまわるため袴はしょっちゅうめくれ上がる

無邪気に舞台を動き回るが、宴会のシーンでは正座をするなど意外としっかりしている。また酔うと赤ちゃん言葉になり、フリーダムに拍車がかかる。そのため時折加州から「うるさい」「静かにしてくれる?」など冷ややかなツッコミもされる。


1部では沖田総司に対する想いの強さから、「奥沢栄助」(実在の新選組隊員。池田屋事件以後に死亡)を名乗って新選組に入隊。蜂須賀虎徹からは「決して口をきいてはならない」という厳しい制約を強いられるが、いずれ病に倒れるであろう沖田を歴史修正主義者から守ろうと奔走する。

その過程において沖田の病を治療できる薬を入手。黒猫の姿を借りた歴史修正主義者からの誘惑に苦しむが、最終的に「あるがままの歴史を守る」事を選択。沖田への切ない想い、自分に同じ思いをさせまいとした清光への理解を吐露した。


2部(ライブパート)では多くの審神者に驚いているのか、はたまた緊張からか隅でしゃがみこんでいたが、加州に前に引っ張りだされる。手を振ると歓声があがり「なにこれ気持ちいい」と感想を述べた。

また禊はすべて彼がお題を出す(何故か動物ネタが多い)。千秋楽の「安定デンジャラス」はなかなかの迷言で、以後彼の代名詞となった。


5作目「結びの響、始まりの音」にも登場。

こちらでは仲間を見守る立ち位置となり、箱館戦争へと向かう土方歳三を追う。

自分がかつて人間のふりをしたのを敵も模倣し、新選組隊士として土方に付き従っている事を理解した時には驚愕を隠せなかった。捕らわれの身となった堀川を救う為にあえて出頭した時には、土方に「お前兄弟いるか?」と尋ねられ、図らずもかつての主との縁を再認識させられる場面もあった。

終盤では土方の「銃に撃たれて死ぬ」最期を見届け、新選組の仲間と共に声を放って泣く。本丸帰還後には変わらぬ日々を送りつつ、新たな力を求める事を決意。全員がそれぞれの修行へと旅立つのであった。


2部ではMCを堀川と共に担当。堀川の強引な仕切りに「度肝を抜かれる」とコメントしつつ、おおいにステージを盛り上げる。大千秋楽では「アクロばびゅーん」(側宙)を披露、恒例となるカオスワールドを展開した。


「真剣乱舞祭」は2016、2018に出陣。

2018のMCでは「僕が『法被を着たら』って言うから、皆は『ハッピー!』って言ってね!何が何でもね!」と主たちにコール&レスポンスを要求。

ちなみに元ネタはでじたろう氏の駄洒落だったが、見事に拾われた事に本人も喜んでいたそうな。


「歌合乱舞狂乱2019」にも出陣。

劇パートでもフリーダムは健在で、主達の笑いを大いに誘った。

特に「根平糖合戦」ではボケもツッコミもこなしており、ゲシュタルトと腹筋を崩壊させる必見の内容となっている。


2020年、「幕末天狼傳」再演。

演出や楽曲が変わっており、ことに病床の沖田総司に対してとんでもないものが干渉。結果として清光と共に、瀕死の沖田を助けて板橋刑場へ向かう。

最終的に正史通りに近藤勇が首を討たれ、沖田も程なく病で死ぬ事となり、歴史改変には至らなかった……が、割とヒヤヒヤものであった。

一方、追加された清光とのデュオ「のら猫二匹」ではお互いを猫にたとえてじゃれあうなど、新たなかわいさを見せる。


2021年1月、五周年を記念した「壽 乱舞音曲祭」に出陣。

第二部では新たな礼服に身を包んで登場した。


「真剣乱舞祭2022」にも通しで出陣。宮城公演のみ参加の清光による前説にも登場した。

幕末組+蜻蛉切のMCでは「根兵糖合戦」を継承した日替わりコントを展開、拍車のかかったフリーダムさを見せている。


関連イラスト

冬殺してやるよ

安定ふ~


関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士 打刀男士


幕末刀剣組 新撰組男士 沖田組


関連リンク

原作ツイッター

刀剣乱舞ONLINE(とうらぶ) Wiki

関連記事

親記事

打刀男士 うちがたなだんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2510756

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました